ニキビを治すには、自律神経との連携プレーが必要です

a91b3e2bbb2e9d6b0ed4e5980a1efb95_s

 ◆自律神経とは?

 

ニキビでお悩みの方は、

自律神経のバランスが

乱れているかもしれません。

 

なぜなら、

自律神経には

大切な役割があるからです。

 

自律神経は、

体内の機能調整をしている

2つの神経になります。

 

交感神経

 

まず、

交感神経とは、

身体活発に活動している時に

働く神経のことです。

主に運動している時など、

身体が興奮している時に

活動しています。

 

副交感神経

 

次に、

副交感神経とは、

身体を休めている時

働く神経のことです。

食事や睡眠中など、

身体がゆったりと

落ち着いている時活動します。

 

このように、

「交感神経」と「副交感神経」は

正反対役割のです。

 

◆自律神経の乱れがニキビの原因となる

 

・ ホルモンバランスの乱れ

 

男性ホルモンが

過剰に分泌されて

皮脂過剰となります。

 

 ・ 皮脂の分泌が増える

 

角質の柔軟性が失われ、

角栓の詰まりを誘発する

作用もあるのです。

 

・ 過剰な皮脂が

  毛穴を詰まりやすくする

 

そもそもニキビは、

毛穴の角栓皮脂が溜まって

詰まるために起こります。

 

・ ニキビの原因になる

 

ストレスで、

交感神経が刺激されて

男性ホルモンの

分泌が増えるからです。

 

92c97286237b8b078561a9e2e8404f57_s

 

◆ストレスを解消するには?

 

※ 日常生活習慣を見直す

 

ストレスで、

ホルモンバランスや

自律神経は

乱れてしまいます。

日常生活の中で、

改善解消策が無いか

見直してみましょう。

ちなみに、

「呼吸法」は

自律神経を整えるため

効果があると言われています。

 

1. 睡眠

 

※ 睡眠の質を向上させる

 

規則正しい睡眠が大切です。

「何時間寝たか」

ではなく、

就寝時間と起床時間を

同じにします。

 

すると、

睡眠中のホルモン分泌などが

スムーズになるのです。

さらに、

修復促進されます。

 

・ 間接照明などの活用

  ⇒眠りやすい環境を作る

 

・ 足元を温める

  ⇒寝つきを良くする

 

・ 寝る前に軽いストレッチ

  ⇒疲れをほぐす

 

・ 過度の空腹や

  満腹状態を避ける

 

2. 食事

 

身体の内側から

効果が期待される食材を

摂取しましょう。

 

※ 皮脂分泌を抑える食材

 

◆ ビタミンB群

  ⇒ レバー・鰯・納豆

    豚肉・キノコ類 など

 

◆ 新陳代謝を促すビタミンB6

  ⇒ 牛レバー・バナナ

    マグロ・大豆・卵

 

※ 女性ホルモンの分泌を整える

 

◆ エストロゲンと似た働きをする

  ⇒ 大豆イソフラボン

 

◆ ビタミンE

  ⇒ ナッツ類

 

糖質を摂り過ぎている方は、

減らすようにします。

過度なダイエットは、

ホルモンバランスを崩すため

避けましょう。

ただし、

糖質制限ダイエットは、

ニキビ効果があるようです。

 

3. 入浴
 

・ 自律神経が乱れている時

  ⇒湯船にゆっくり浸かる

 

・ 肩まで浸かる

  ⇒温熱作用による末梢神経の拡張

  ⇒血行促進に繋がる

 

・ 疲労回復美肌効果があり、

  ニキビ治療にも良いとされている

 

・ 副交感神経の働きが良くなる

  ⇒ストレス軽減される

 

a0b39cd7a6b25bded195e16b408a273f_s

 

4. 運動

 

※ 普段デスクワークや

  長時間パソコンを

  使用する方にオススメ

 

・ 散歩などで身体を動かす

 

・ 部屋を片付けるだけでも

  ストレスの軽減になる

 

現代でストレスフリーの生活は、

なかなか難しいかもしれません。

それなら、

出来る事から

チャレンジしてみませんか?

 

特に

大人ニキビと自律神経は

関係があるとされています。

 

日常生活から

少しずつ改善し

治していきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です