フランスの水と二種類の防腐剤が肌に刺激、アベンヌウォーターは乾燥肌には効果なし

103

アベンヌウォーターで肌は潤わない!その理由は?

 

アベンヌウォーターの主成分は、南フランスにある温泉水です。
温泉、というと「肌に良いイメージ」がありますが、
単純に「温泉水=肌に良い」というわけではありません。

もちろん日本中にある温泉は「硫黄」や「アルカリ」など、その温泉に含まれる成分による効果があるのも事実。
しかし1番大きな理由は「血行促進」、つまり体が温まることによる効果が大きいのです。

入浴により体が温まり、毛穴が開き、汗とともに汚れや古い皮脂が流されることで
きれいな肌に導いてくれるのですね。

 

アベンヌウォーターは、ミスト状の水ですが、
肌の表面の水は、肌の中にある水分と一緒に蒸発してしまいます。
そのため、ただでさえ乾燥している肌がより一層乾燥してしまうのです。

アベンヌウォーターが乾燥に効かない理由は、もうお分かりいただけましたか?

 

乾燥肌を本気で治したいのなら、

 

  • きちんと「乾燥肌用」の製品であること
  • セラミド配合、肌のヒアルロン酸を作りだす効果のある製品であること
  • 肌バリア機能をアップしてくれる製品であること

 

この3点に注意して製品を選ぶようにしてくださいね。
とはいっても、なかなかこの条件を満たすスキンケア用品を探すのは困難なもの。

 

そこでオススメなのが、POLA・ORBISグループの製品であるアヤナスです!

ayanasu

アヤナスは、乾燥肌・敏感肌用のスキンケア用品であることはもちろん、
通常のセラミドの4倍の浸透力を持つセラミドナノスフェアが配合されている他、
コラーゲンやヒアルロン酸を作りだす線維芽細胞増加させる成分が含まれています。

 

更に、「CVアルギネート」というコラーゲン生産量を170%までアップしてくれる成分も配合。
20歳を境にどんどんと減っていくコラーゲンにヒアルロン酸。
乾燥肌対策だけでなく、エイジングケアもできるなんてお得ですよね。

 

「でも、肌に合わなかったら?」
「急にフルライン揃えるのは抵抗がある….」

 

そんな方のために、アヤナスにはアヤナストライアルセットというものがあります。
トライアルセットならきちんと肌に合うか判別ができるので、気軽にチャレンジすることができますよね。

また、このトライアルセットは肌に合わなかった人のために30日間返金保証がついています。
乾燥肌に悩んでいる方は、ぜひこの機会に「アヤナス」をチェックしてみてくださいね。

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e3%81%a8%e7%a7%814

⇒ アヤナス公式サイトを見る

それでは、体験談をみていきましょう!

 

「お風呂にちゃんと入ってる?」と言われる乾燥肌

 

乾燥肌を見た時に人から言われて最も嫌だった一言は、
「お風呂にちゃんと入ってる?」という一言でした。

乾燥している肌のため、スキンケアをちゃんとしていても
翌日にはまた同じように乾燥したりして肌がカサカサになったり、痒くなる時もあります。

そういう時や、冬には大体「お風呂入ってない?」「肌の調子悪いけど大丈夫?」「顔色悪い。」などという、人が傷つくようなことを言われました。

行き交う人の目線が肌に向けられてるのも感じたりと、
人から乾燥肌が理由で言われる言葉に傷つく毎日でした。

乾燥がひどいときなどは、外の刺激等で肌自体が痒くなってしまうため

時々かいていたりしていると、大体の人が私の肌をアトピーと勘違して

「アトピーなの?」とか、「肌ボロボロだけど大丈夫?」という
嫌味に近い言葉をかけられる事が多かったです。

 

美容部員さんオススメのアベンヌ、低刺激で乾燥肌に良さそうと購入

 

アベンヌの商品が乾燥肌に効果的だと
薬局や百貨店の専門の美容部員さんに教えていただきました。

仰実際に商品を購入する前にサンプル等をもらったりして試してみて、
「自分でも使えそう」「私の合いそうだな」と思い、仕事帰り等に立ち寄れる薬局で購入しました。

アベンヌを購入しようと思ったキッカケはやはり、冬の時期に引き起こされる乾燥肌対策のためです。

乾燥肌への効果や乾燥防ぐという期待は勿論、
刺激になるエタノールといった成分等は一切入っておらず
全体的に肌に刺激になりにくく、低価格という事もあり購入しました。

単品で買うと高かったりするので、
2本のまとめ買いをし、割引をしてもらったりという方法で買ったりしていました。

 

フランスの水が日本人には合わない?二種類の防腐剤が日本人の肌には刺激に

 

アベンヌを実際に購入し、試してみた所あまり効果がよくなかったです。

商品自体も、水だけでケアをしているようなものという感じがしました。
使用していく度に、痒くなったりヒリヒリしたりしました。
乾燥肌の自分には効果がなかったです。

また、アベンヌの製造元がフランスということもあり、
化粧水となるベースの水はフランスの水を利用し作られています。

日本の水と違い、海外の水は綺麗に濾過されていても
どうしても環境などの違いで肌に刺激を与えたりしてしまうものです。
アベンヌの成分をよく見ると、本来防腐剤など一つでいいのに二種類も入っていました。

生産国の都合上、船などで輸送するため
そういった温度差などに絶えさせるために防腐剤が二種類も配合され、
その防腐剤が肌に刺激を与えているんだと商品の性質性を感じました。

また、アベンヌは化粧水がスプレー式で、
普通化粧水は自分の手やコットン等でつけたりしますが、アベンヌはスプレー式なので
床や時に壁などについたりしてその後、ちゃんと拭くために床拭きをしたり面倒でした。
顔以外のところにもかかってしまうので、そういう意味ではコスパも良くないのかもしれません。

 

アベンヌよりも国産の化粧水が良い、グリセリンやBGなどの成分入りがおすすめ

 

特にアベンヌみたいな外資系の化粧水より、国産の化粧水などが乾燥肌には良いと感じ思いました。

その理由は、外国の化粧水は日本の水との違い
きちんと濾過されていても環境の違いが肌に刺激になってしまい、
肌荒れを起こしたりする事が原因にあげられます。

その点、国産はもちろん日本の水を使用していますし
乾燥肌、敏感肌にはできるだけエタノールや防腐剤などといった刺激になる成分は避けています。
その中でも、特に手が出しやすい医薬部外品がいいと感じます。

アベンヌよりも、断然国産系、化粧水で保湿成分がちゃんと入っている商品がいいといえるでしょう。
成分的にはできるだけ、水ベースでグリセリンやBGなどといった保湿成分が最入っている商品を選ぶと、乾燥肌も改善されると思います。

 

乾燥肌の改善は肌に刺激になる成分を理解すること

 

乾燥肌をできるだけ改善させたいのなら、
まずは日々のスキンケアの見直しが最もな近道といえると思います。

無理に、アベンヌ等を使用するより、まず自分にとってなにが肌に刺激になる成分であるのか
また、何が肌と相性が合わないのかをしっかりと理解した上で選ぶと自分に合った化粧水選びができます。

また、不規則な生活をしていれば当然、不規則な肌にもなるので
睡眠はしっかりとり栄養ある食事を日々取るよう心がけることです。

規則正しい生活をしていればある程度は自力で改善されるので、
できるだけ、規則正しい生活と栄養ある食事を摂るように心がけると改善に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です