今すぐデキる美肌の法則

目の下のたるみを隠すメイク術

この記事は8分で読めます

【通常使用】アヤナストライアルセット

見た目の第一印象を決めるものは?

というアンケートで2位以下を大きく離して

1位なのが「目」なんです。

 

アンケートした人の91%が

「目」と 答えたそうです。

 

そのくらい「目」の印象って大事なもの。

 

しかし、目元ってたるんだりシワになったり

トラブルも多いんです。

 

 

特に目の下のたるみは、老けて見えます。

女性としては、一番気にかけてケアして

いかないといけない場所なんですよ。

 

ですから、今回は目の下のたるみ対策 第3弾として、

目の下のたるみを隠すメイク術 を紹介していきますね。

 

ちなみに第一弾は

目の周りのシワを取る!若さを保つ秘訣は目元にあり

 

第2弾は

目の下のたるみを改善する化粧品の選び方&ランキング

 

 

 

ハイライトで目の下のたるみを隠す

メイクでたるみを隠す技術というのは、

ハイライトを利用して顔を立体的に

見せることだけなんですよ。

 

簡単に説明すると 肌に塗った

ファンデーションよりも 明るめの

ハイライトをたるみにつける。

 

ハイライトをつけることにより

たるみ部分をふっくらと見せる事ができます。

 

 

さらにTゾーンにもハイライトをつけて

顔全体に立体感を持たせます。

 

この目の下とTゾーンにハイライト

つけることがこのメイクの基本になります。

 

 

よく年配の女優さんがマイライトを持参して

肌映りをよくしていますよね。

 

少しでも多く光を浴びて

顔を立体的に 見せることによって、

たるみやくすみを隠し

若く見せているのです。

 

明るめのハイライトをつけるのは

ライトを浴びるようなイメージです。

 

 

ハイライトには

ファンデーションやパウダー

コンシーラー チーク

などを使います。

 

 

ハイライトのつけ方は

いろいろとやり方があるので

後半部分のメイク術のところで

詳しく説明します。

 

 

 

目の下のたるみを隠すメイクに必要な5つのアイテム

目の下のたるみを隠すメイク術には

必要なアイテムが5つあります。

 

・保湿化粧品

・ファンデーションブラシ

・スポンジ ・コンシーラー

・ビューラー

 

目の下のたるみを隠すためには

まずスキンケアの段階で保湿を しっかりしましょう。

 

目元が渇くとシワになって しまいますからね。

 

そしてファンデーションブラシが 必要になります。

たるみを隠すために、ファンデーションの

厚塗りは禁物です。

 

ブラシだと、自然な仕上がりになります。

 

 

ここで必要なスポンジは

ファンデーションの余分な油分を

吸い取るためのものです。

 

白く三角柱になってるようなものです。

 

その角を利用して、小鼻や細かいところの

油分を吸い取っていきます。

 

 

コンシーラーは、目の下のたるみを隠す

メイク術になくてはならないものです。

 

ビューラーもたるみを隠す必須アイテムです。

 

 

 

目の下のたるみを隠すメイク術(ベース編)

それでは、目の下のたるみを隠す

メイク術を紹介していきます。

 

このメイク法は、カバーするというよりも

隠して、たるみをなかったことにしてしまう

プロが使っている方法です。

 

ベース編(ファンデーション)と

ポイントメイク編に分けて紹介します。

 

では、ベース編の手順です。

 

1、最初に保湿

目元のシワができやすいところに

アイクリームをつけて保湿します。

 

できれば、今後のシミ対策として

日焼けしやすい目の下(シミのできやすい部分) に

日焼け止めもつけておきましょう。

 

 

2、ファンデーションをつける

スティックタイプのファンデーション

リキットタイプのファンデーションが おすすめです。

 

スティックファンデーションというのは

コンシーラーを太くしたようなものが

ファンデーションになったもの。

 

リキットタイプのファンデーションは

BBクリームCCクリームでも大丈夫です。

 

色は自分の肌色よりも一段濃いめを使いましょう。

 

一段濃いファンデーションを使用するのは

後に使用するハイライトを引き立たすためと

化粧崩れしても白浮きさせないためです。

 

ここでスポンジの登場です。

ファンデーションをつけた後に

出てきた余分な油を吸い取ります。

 

※上級者はファンデーションの

2色使いをして、ハイライトを つけちゃいましょう。

 

目の下とTゾーンが明るめの色

その他は濃いめの色です。

 

 

3、コンシーラーをつける

ここで、目の下とTゾーンにコンシーラーを つけていきます。

 

目の下に逆三角形を作るように

コンシーラーをのせていきます。

 

コンシーラーの色は、

ファンデーション よりも明るめになります。

 

コンシーラーの方さは

あまり硬めではないものを 選びましょう。

 

コンシーラーが硬めだと

よれてうまくつけられないからです。

 

このコンシーラーの部分は

スティックファンデーションリキットファンデーション

2度つけでも代用できます。

 

 

4、パウダーファンデーションをつける

パウダーファンデーションはブラシで つけていきましょう。

 

brush-259183_640

 

スポンジだと厚化粧になってしまうので

ブラシで、顔全体に均一につけましょう。

 

パウダー(お粉)だと薄付きになって

目の下のたるみがカバーできないので

パウダーファンデーションがいいです。

 

 

 

目の下のたるみを隠すメイク術(ポイントメイク編)

ここからは、ポイントメイクでたるみを隠す

方法を紹介していきます。

 

メイクはファンデーションのベースが

仕上がりの8割を占めます。

 

ベースがきれいに仕上がれば

メイクはキレイに仕上がります。

 

ですので、アイメイクが苦手な方は

チークやリップだけでも 目の下のたるみは

解消できます。

 

では、ポイントメイクの手順です。

 

1、アイシャドウをつける

目元はシャープに見せる ことが

たるみを隠すポイントです。

 

まぶた全体にはゴールドや 明かるめのブラウンの

アイシャドウを つけていきます。

 

パール系やピンク系は目が 腫れぼったくなり、た

るみを 目だたせてしまうので避けましょう。

 

次にまぶたの際に黒かダークブラウンの

アイシャドウをラインのように描き 目元を引き締めます。

 

仕上げに、目頭にノーズシャドウを入れます。

 

アイシャドウチップやブラシで目頭に

ちょこっとアイシャドウをのせて

丁寧にぼかしていきます。

 

くれぐれも、演歌歌手の○林幸子さんのように

鼻筋全体までノーズシャドウを 入れてはいけませんよ。

 

 

2、アイラインを引く

アイラインはあげて書くと 不自然になるので

水平にひきます。

 

色は目元を引き締めるために

黒がダークブラウンにします。

 

まぶたは目頭から目じりまで

目の下は瞳の中央から目じりまで

ひいていきます。

 

 

目じりが下がっている場合は、 下がる直前で止めます。

 

目の下のラインを、目の上のラインまで 持っていきま

ぶたのラインと繋げます。

 

ここで目の下のラインと、まぶたラインに 隙間ができたら

その部分はアイライナーで 埋めていきましょう。

 

アイライナーはリキットタイプが 書きやすいですよ。

 

 

3、ビューラーでまつ毛を上げる

まつ毛が上を向いていると

目の下のたるみをカバーすることが できますよ。

 

見た目の印象が、ビューラーを 使う使わないで全く違います。

 

ビューラーを使用していない方は 試してみてくださいね。

 

MS251_kosumeviewr500

 

 

マスカラをつける場合は、ビューラで まつ毛を上げた後に

目じりりよりが 濃くなるようにつけていきます。

 

つけまつげをつけたい方は、 ビューラーでまつ毛を上げた後に

目じりだけにつけていきましょう。

 

その場合は気持ちアイラインを長めに

引いておくのがポイントですよ。

 

 

4、リップをひく

リップをひくコツは、口角が 下がらないようにすること。

 

口角が下がっていると 顔全体がたるんで見えるからです。

 

口角が下がり気味なら コンシーラーやファンデーションで

下がった部分を塗りつぶします。

 

リップペンシルを使い 唇の輪郭を

口角を上がり気味に書いていきます。

 

これでキュートな口元に。

 

色はお好みでどうぞ。

 

 

5、チークとハイライト

チークは小鼻より下にならないように

やや上げ気味につけましょう。

 

瞳の中央部分からこめかみに向かって

つけていきましょう。

 

 

最後に仕上げで ハイライトカラーをつけます。

 

チークをつけたの上の部分と

目のクマをカバーした部分 間に入れていきます。

 

そして、Tゾーンもハイライトを つけていきます。

 

ハイライトは、白めのパウダー(お粉) でも代用できます。

 

 

 

目元メイクに相性の良い化粧品は?

メイク術は単体でももちろん効果を発揮しますが、

今回のメイク術をより活かすためには、より良い化粧品を使うことも必要です。

 

そこで最後に、相性の良いおすすめ化粧品をご紹介します。

 

お値段もお手軽ですので、ぜひ今回のメイク術と一緒に試してみてください。

 

 

1位:アヤナス(ayanasu)

アヤナスは、POLAオルビスグループのディセンシアが出している化粧品ブランドです。

敏感肌や乾燥肌などの肌の弱い女性でも使えるブランドとして、高い評価を受けています。

 

アヤナスには、化粧水,美容液,クリームなどが単品でも売られていますが、

今回おすすめしたいのは「アヤナスのトライアルセット」です。

 

アヤナストライアルセット 公式サイトはこちら

 

ayanasu

 

 

目元のたるみを隠すメイク術をお伝えしてきましたが、

どんな化粧品を使うかによって、メイク術が活きてくるかどうかが決まってしまいます。

 

アヤナスは多くの雑誌にも掲載されるなどの実績あり、

アヤナス独自で研究された安全性&効果が高い成分のみが配合された化粧品です。

 

今回お伝えしたメイク術だけでも効果は発揮しますが、

アヤナスと合わせてメイクをして頂くとより若々しい肌に生まれ変わること間違いなしです!

 

アヤナストライアルセット 公式サイトはこちら

 

 

 

アヤナスを今回おすすめするのは単なる質の高い化粧品という理由だけではなく、

しっかり「エイジングケアができる化粧品」だからです。

 

30代以降になると、目元のたるみの他にも、

ほうれい線,シミ,しわなどに悩まされますよね。

 

そうした悩みの際に、一番気を使わないといけないのが「日々肌に直接付ける化粧品」です。

 

世の中には様々なエイジングケアが存在していますが、

肌に直接付ける化粧品が粗悪であれば、ベストなエイジングケアはできるはずがありません。

 

目の下のたるみとも縁のない10代20代の子であれば、

アヤナスよりもっと良い化粧品があるかもしれません。

 

ですが30代以降からは、しっかりエイジングケアも考えて化粧品を選ぶ必要がありますので、

そうした面でも、アヤナスはトライアルセットで安価に試せるのでおすすめしています。

 

アヤナストライアルセット 公式サイトはこちら

 

 

メイク術だけでなく化粧品についても考えて頂き、

まずはアヤナスのトライアルセットと普段お使いの化粧品を比較してみてください。

 

きっと肌の違いを実感できると思いますよ。

 

 

2位:グラシュープラス

グラシュープラスは目元の悩み専用のクリームで、

目元のしわ,たるみ,くすみ,シミ,美白まで1本でできます。

 

グラシュープラス 公式サイトはこちら

 

gracieux(グラシュー)

 

  • 目元のたるみなど、目元以外の悩みは特にない
  • アイクリームが欲しい
  • エイジングケアを考えた上で既に化粧品を使っている

という方は、グラシュープラスがおすすめです。

 

先ほど挙げたアヤナスのトライアルセットにはアイクリームが少ししか付属していないので、

目元の悩み解消化粧品ランキング1位、アイケア部門1位という実績もあるグラシュープラスを試してみてください。

 

グラシュープラス 公式サイトはこちら

 

 

まとめ

目の下のたるみを隠すメイク術は

思ったよりもお手軽にできます。

 

最近のBBクリームCCクリームは機能が高いので、

これ1本だけでも、たるみをカバーすることができます。

 

しかし、ハイライトは必ず入れてないとダメですよ。

 

 

眼輪筋のトレーニング

スキンケアでの土台作り

目の下のたるみを隠すメイク術

 

これらをうまく取り入れれば

目の下のたるみなんか怖くありません。



肌荒れの方必見記事

肌荒れを治すは早くが基本!10の原因から導く即効性の高い治し方

あわせて読みたい

  1. 2069853405b8114d9681c402315865c1_s
  2. drop-of-water-545377_640
  3. pretty-woman-635258_640
  4. 4fedbefa0fd3ae759889d74c5f8b63e5_s
  5. f954fb4d8f0454e0d08aa21f05261af3_s
  6. c3

肌荒れ対策のNo.1化粧品

【肌荒れ訴求】アヤナストライアルセット
★体験レビューもしてます⇒こちら
RETURN TOP