ニキビの原因は15年間の便秘…食事制限ダイエットが原因!

食事制限ダイエットのせいで便秘。ニキビと乾燥肌で酷い状態

 

二十歳の頃から食事制限のダイエットを繰り返していたせいで、
私のお腹はそれはもうひどい便秘でした。
体に入る食べ物の量が少なすぎるせいで腸がキチンと働かず、常に便秘。

市販の便秘薬を飲まないと1週間お通じが無いことも当たり前!
たいてい三日ほどお通じがなければ便秘薬を飲むんですが、
頑固すぎる便秘は腸の活動を鈍らせるらしく、通常の量を飲んでも効果なし!!

そのため、薬を飲んで効果がなかったことを確認した翌日、
さらに量を増やして飲まなければならないこともザラでした。
通常の1.5倍くらいの漢方の便秘薬を常用していました。

そんなひどすぎる便秘だった私のお肌は、
独身時代は仕事のストレスも手伝ってひどいニキビと乾燥肌に、
寿退社して専業主婦になっても育児の疲れなどでなかなかニキビは治りませんでした。

ただし、専業主婦になると赤ちゃんと一緒に小刻みな睡眠をとったため、
睡眠不足から来ていた分のニキビが少し減りました。

便秘由来のニキビは残りました。

 

便秘解消方法を試しても効果が出ない。原因は少食だから

 

一般的に言われている食物繊維の摂取にまずは取り組みました。

しかし、そもそも食事制限のダイエットのせいで腸が動いていないところに
食物繊維だけを大量に摂っても効果がなく、
むしろその大量摂取した食物繊維のせいで便秘が悪化!!

次に腸を刺激するべくストレッチや軽めの運動(散歩やその場足踏みなど)をしてみましたが、
これもすっかり鈍った私の腸には効果なし。

テレビなどで耳にした便秘解消の方法を聞くたび、
水分を多めに摂ってみたり、良いと言われる食べ物を摂ってみたり、
とにかく聞きかじったり本などで目にした方法をなんでもかんでも試しました。

その結果はというと、、、効果なし!!!

便秘の渦中にいた私は少食過ぎることで便秘になっていることを理解しておらず、
そのため太るに決まっている食事を摂るという選択肢がなかったのでした。

 

酸化マグネシウムの薬と食事制限をやめて便秘改善!肌まで影響が

 

15年以上続いていた私の便秘はあっけない幕切れで解決となりました。

それは、次男妊娠中のこと。
長男妊娠中も便秘だった私は当時から妊娠中もいつもの便秘薬を飲んでいたので、
いつものように三日間来ないお通じのために便秘薬を飲んだところ、
今までにない腹痛、そこから冷や汗、
そしてめまいが起こり、失神寸前のあわやの事態に!!

しばらく横になって落ち着くのをまち、
そして下痢のようなひどい腹痛のあとにお通じがきて
トイレに駆け込むのを二~三度繰り返して、
数時間後になんとか症状は治まったものの、
妊娠中だったこともあり、胃腸内科を緊急受診。

診断結果は、ひどい便秘の時に便秘薬を飲んだせいで
体が便秘と下痢の板挟みになったことによって起きたもの、ということで、
便秘を解消させることを提案されました。

先生から処方されたのは、
当時はまだ認知度が低かった酸化マグネシウムの便秘薬。
非刺激性の便秘薬で、毎食後に酸化マグネシウムを飲むことで
腹痛を伴わない自然に近いお通じがほぼ毎日来るようになったのです!

最初は1日三回毎食後に、だんだん体がお通じを思い出していくと、
朝夕食後の二回に、さらにお通じが整うと1日一回に。
薬を処方されて約半年ごとに薬を飲む回数が一回ずつ減りました。

それと同時に長年成果のないまま続けていた食事制限のダイエットもやめました。
すると、お通じはますますよくなりました。

15年ぶりに来た便秘のない生活は、もちろんお肌にも大きな変化をもたらしました。
顔や体の肌という肌がしっとりと潤うようになり、ニキビはほとんど消えました。

食事の力も手伝って、あっという間にお肌の調子が改善されたのです。

 

元同僚に肌が綺麗と言われやっと気づいた。肌も髪もトラブルなし

 

肌がよくなっているという自覚は、当初私にはありませんでした。
赤ちゃんの育児や家事に追われており、
基礎化粧品で最低限のスキンケアしかしていなかったからです。

しかし、たまたま独身時代の元同僚に会う機会があり、
顔を会わせたところ、彼女がすごく驚いたのです。
「肌がすっごくキレイになったね!!ニキビもない!どうしたの?」
それを聞いて初めて、自分の肌がものすごく改善されていたことに気がつきました。

そうだった、私はともとも肌がボロボロで、顔中いつもニキビだらけで、
腕や脚は乾燥して角質がポロポロ落ちて、それはもうひどい状態だった!

そういえば、治ってきたのは便秘薬をもらって飲み始めてからだった。
長男の産後はもっと肌がボロボロで抜け毛などもひどかったのに、
次男出産後の今は肌も髪も全くトラブルがない!

知らない間に肌がキレイになっていたなんて、うれしい!
素直にそう思いました。

 

少食や偏食のような便秘を引き起こす生活は肌にもダメージ

 

深いと思います。
もちろん、便秘そのものだけも肌の状態に少なからずダメージを与えると思いますが、
そもそも「便秘を引き起こしてしまうような生活」 自体に大きな原因があるように感じました。

私の場合、慢性的な便秘が15年以上続いていましたが、
もとをたどれば便秘になった原因は食事制限のダイエットによる少食や偏食。
きちんと体が満たされるだけの栄養と、
食欲が満足するだけの十分な量の食事が私の体には必要でした。

それによってお肌もお通じもよくなったのです。

 

食事は量と栄養バランス重視。深刻な便秘は胃腸内科を受診して

 

深刻な便秘に悩んでいる方は、
是非とも胃腸内科を受診して医師から便秘薬を処方してもらうことをお勧めします。

病院にもよりますが、便秘薬の処方だけなら初回以外は問診だけで終わる所もあります。
効果も確かだし、クセにもなりにくく
体への刺激が少ない便秘薬が年々新たに開発されています。

まずは体に毎日のお通じを思い出させて習慣化し、
それと並行して食事をバランスよく
適度な量をしっかり摂るなど取り入れると良いと思います。

それだけで、高い化粧品に支払うよりも
ずっと確実で効果の高い対価が得られることは間違いなしです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です