馬油とファンケルの落とすスキンケアを合わせて敏感肌を改善!

子供の頃の乾燥肌が悪化して敏感肌に!化粧品を探す日々

 

子供の頃からの乾燥肌が大人になるにつれ悪化してしまい
仕事の疲れやストレス、寝不足などが重なったことで
急に敏感肌になってしまったようで顔が部分的にまだらに赤みを帯びている、
頬やおでこも部分的にかさつき薄皮がむけ粉を吹いてしまっている部分が出てきてしまい
美容が大好きなのにこんな肌の状態になってしまった事はかなり悲しく思い
当時は落ち込みました。

何も対処しないでそのままの肌の状態でいることだけは絶対に嫌だったので
当時はネットがなかったので
雑誌や店頭で敏感肌用の化粧品を探したり
肌荒れがおきてしまっている肌に効果がある化粧品や薬を探し
その中から自分の肌に合いそうな化粧品や薬を使って
何とかして綺麗な肌に戻そうと努力しました。

 

ファンケルのクレンジングと洗顔料で肌に刺激がないように

 

自分の肌が敏感肌になり肌の状態も悪く化粧品をつけると
浸透しなかったり肌にしみたりするのはなぜ起きてしまったのかを考え
とにかく肌に刺激を与えないようにすることを一番先に考えて
無添加で肌に優しいファンケルのクレンジングと洗顔料を購入して
まず落とすスキンケアから肌に刺激がないようにしました。

クレンジングや洗顔は肌に摩擦を与えたり肌の刺激になることが多いので
必要な成分まで洗い落としてしまわぬように落とすスキンケアから変えていきました。

 

自分の肌に合う敏感肌用スキンケアで効果は必ず表れる!

 

カサつき、固くなり粉が吹いたり赤くなってしまっている部分がある肌も
丁寧にスキンケアを行って少しずつ肌の状態が回復していくと
ずっと余計に肌が汚く見えてしまっていたファンデーションを塗っても
綺麗に塗れて肌も綺麗に見えるようになり
自分の肌に合うスキンケアや敏感肌の対処法を行えば必ず効果は表れるとわかったので
気持ちがかなり軽くなり
外出して化粧品や洋服を買いに行く回数が増えました。

とにかくずっと肌が敏感肌になってしまった事を落ち込んでいたので
肌の状態が良くなったことは美容が大好きな私にとってはかなり大きなことだったので
今以上にもっと頑張って肌を綺麗にしようと
更に自分の肌の状態を見極めて敏感肌を改善する気になりました。

 

大好きな美容で人から褒められて嬉しい!更なる努力を!

 

肌の粉吹きや赤みがなくなっていくとファンデーションが上手く、
綺麗に塗れること以外にもチークやアイシャドウも綺麗に色が付くので
化粧品を変えた?と聞かれたり
どんな化粧品を使ってスキンケアをしているのか聞かれることが増えたことで
自分自身の自信にもなり
周りの人からは美容が大好きで肌が綺麗な人と思ってもらえるようになり
元々好きだった美容で人から認めてもらったことは私にとってはかなりうれしい事でした。

それと同時にもっと肌を綺麗にしよう、もう敏感肌にならないようにしよう、
なんで敏感肌になってしまったのかを考えるようになり
いつまでも綺麗な肌を保つ為に自分の肌の状態をもっとよく知り
自分の中でもさらに美容に詳しくなれる、好きになるように
人からは美容が大好きで肌が綺麗な人と思ってもらえるように
努力しようと思いました。

 

ブースター導入液として薬師堂の液状ソンバーユを使ったら効果大

 

ファンケルのクレンジングと洗顔料を使って
肌の成分を洗いすぎてしまわないようにしたことと
敏感肌になる前からかなりの乾燥肌で洗顔後の肌に化粧水が浸透しにくかったので
ブースター導入液の代わりとして
薬師堂の液状ソンバーユを少量顔全体になじませてからスキンケアを行うようにしたら
液状ソンバーユを肌になじませてからのほうが化粧品が肌の奥まで浸透していき
乾燥しにくい肌になったことで肌が潤うようになり
敏感肌の状態が改善して
あれほどひどかった肌の乾燥も昔ほど感じなくなりました。

馬油は人の肌にある成分と近く人間の肌に浸透しやすいと聞いたので
ブースター導入液として使用することにしましたが
液状ソンバーユを使う前と後では肌の状態が全く変わり
馬油がなければ敏感肌の症状が良くなることも乾燥肌が良くなることもなかったと思っています。

 

敏感肌でも肌に合うケアや対処法を行えば症状は改善する!

 

敏感肌になってしまうと
もう綺麗な肌には戻れないと思ってしまいますが
自分の肌の状態に合うスキンケアや対処法を行えば
必ずどんなに状態の悪い肌でも必ず肌は変化して状態は改善していきます。

自分ではどうしたらよいのかわからない時には
皮膚科などで肌の状態を診察してもらうとどうすればよいのか、
自分の肌が必要としている物やスキンケアの方法もわかるので
どうすれば、何をすればわからないのであれば
自分で全て何とかしようとせずに
病院で診察を受けることも効果があると思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です