肌ケアを続ける人はオーラが違う!スキンケアとパックが決め手

一目惚れした彼はケアしている!ダメな自分に美容スイッチON

 

27歳くらいの時、
大学時代から長年付き合っていた彼氏と別れて1年くらいたった頃に
久しぶりに一目惚れをしました。
5つ年上の人で仕事で初めてビジネス関連のパーティに出席した時でした。

正直元彼に振られて女として自信を失くしていた私は自暴自棄になっていて
ファッションやスキンケアよりも友達と飲み歩くことにお金を使っていて、
当日も前日に飲んだ帰りに泊めてもらった友人に借りたワンピースで
仕事だし適当にこなそうと思っていたくらいでした。

一緒に出席した先輩が、一度会ったことがある気がすると声をかけた男性2人組がいました。
その一人に私は完全に一目惚れ!
パキっとしたスーツに小物もお洒落、ヘアスタイルも決まっていて、
お肌もとても綺麗で、 当時美容関係の仕事をしていたので
「この人ケアしてるな」と思いました。

ですが、ときめく自分とは裏腹に美容院に行かず伸ばしっぱなしの髪、
エステの仕事もしていたのでそれを理由にしなくなったネイル、
そして何より連日飲み歩いて怠っていたスキンケア。

ダメダメな自分を見直して急に美容スイッチが入りました。

 

オーラが違う!肌ケアで自信に溢れた肌と表情を取り戻そう!

 

美容の仕事をしていて、たくさんお客様にお会いする中で、
スキンケアをサボらずに毎日行っている人はたとえ肌トラブルが多少出ていても
ケアをしているのは雰囲気や所作からでもわかります。

要は、一日の一番疲れている時間に、
また朝一の一番忙しい時間に自分に手入れができているかどうか。
できている人はお仕事もきっちりこなしますし、
何よりいつも自分を綺麗にしているのですから、自信が表情から見てとれます。

オーラが違うのです!
環境や食事などでもお肌トラブルは起きますので、
多少にきびができていたにしても、お肌のキメや透明感が本当に美しいのです。

人が一番よく見るのは相手の顔です。
ということはお肌はいやおうなしに視界に入ってくるものです。

しかも面積が一番広いわけですから、
相手への自分の印象をアップするにはお肌のケアだと改めて思いました。
私もこの自信に溢れたお肌と表情を取り戻そう!と決意しました。

 

3日に1回のマスク。毎回違うものを試すので楽しく続けられる

 

決めたらいてもたってもいられず百貨店の化粧品コーナーに向かいました。
秋口でしたので乾燥と日焼け後の肌への美白対策をメインに
3か所スキンケアメーカーを回りました。

そして普段なら一度帰って考えるところでしたが、
その日は即決で洗顔料、化粧水、乳液、美白美容液をそろえ、
30前で少し気になっていた目元の小じわケアまで買ってしまいました。

そして全ておよそ1か月の使用目安だったので、
全て使い切るまでは毎日サボらずに使うことにしました。

また、帰りの電車で化粧品のネットの口コミを読み漁り、
休みの前日に必ずマスクを1枚買うことにしたのです。

シフト制の仕事だったので3日に1回くらいお休みがあるので、
そのペースでマスクをするのですが、
毎回違うものを試すのが楽しくて、これが意外と続けられました。

 

休みの前日が飲み会からマスクへ。弁当も自分で作るように変化

 

まず、毎日きちんとケアするようになり、
早めに家に帰ることが増えたので飲みに行く回数が減りました。

特にさきほど書いた休みの前日のマスクを楽しみにしだしてから、
休みの前日は必ず飲みに行っていたのに、早く帰宅してゆっくりお風呂、
そしてマスクで至福の時というセレブのような生活へ一変しました。
しかも、経済的には1回の飲み会代がたった1枚のマスクになったわけですから、かなりお得です。

また、ずっと母に作ってもらっていたお弁当も自分で作るようになったのもこの頃です。
母が作ってくれるのはありがたかったですし、ずっと甘えていましたが、
新しい食材に挑戦することはなかったので、
自分でお肌に良いと言われる食材を使ってお弁当を作りたいと思ったのがきっかけでした。

こんな生活を続けていたので、
私自身も以前より自信がわき生活を楽しめるようになり、
イライラしなくなったりゆとりが持てるようになっていました。

 

美容関係の仕事仲間に肌を褒められ、彼から嬉しい一言も!

 

当時の私は美容関係の仕事、
主にエステを行っていたので
研修でスタッフのエステ技術をチェックすることがよくありました。

モデルになってエステをしてもらうのですが、
よくスタッフに「最近お肌綺麗になりましたよね。」「透明感が全然違う!」と
化粧品は何を使っているのか、
どこか他にエステにいっているのではないかと聞かれることが増えました。

そして何より、初対面の方に
以前は1周りくらい年上に見られることもあったのですが、
かなり年下に言われるようになったのです。

一度、「きっとすごくお手入れされているのですね。
女性として憧れます。私も頑張ろう!」と言ってもらえた時はとても嬉しく、
私はもう以前とは違うなと感じた瞬間でした。

それも片思い中の彼と一緒に仕事をしている時に言われたので、
彼の耳にも入り、
彼から「さすがだね!本当にきれいになったもん。」とさらにうれしい一言がもらえました。

 

スキンケアとパックを続け、証明写真の肌が1年前より明るい

 

お肌で一番気にしていたのが、
よく周りから指摘されていたくすみ、クマ、目元の小じわ、疲れたときに出るほうれい線でした。
そして個人的には毛穴の開きも気になっていました。

毎日のスキンケアと週2日のパックを2か月ほど続けていた時ですが、
証明写真を撮る機会がありました。

最近の証明写真は光で飛ばしたり、加工や修正もできるようになっていますが、
私の自宅付近も職場付近もあるのは古い機種ばかりで、
暗めの仕上がりにどうしてもなってしまうものでした。

仕方なく古い機種で撮ったあと、使った1枚の残りを手帳にしまおうとしたとき、
1年前くらいに撮ったものが出てきて驚きました。

今回撮った方が明らかに古い機種でしたが、どう見ても今のお肌の方が明るいのです。
特に口周りや目元のくすみがなくなっていました。
他にも全体的にむくみもなくなっていたり、あまりの変化に嬉しすぎて何度も見比べました。

 

毎日のケアが続かない人は中途半端。最後までやり通してみて

 

手っ取り早く見た目に変化をつけるには、
ファッションを変えたり髪型や髪の色を変えたり、
イメージチェンジをする方法がたくさんあります。

でも、どんなにお洒落をしていても、
毎日のケアを続けられない人は仕事も続かなかったり、
趣味も続かなかったりと中途半端になりがちです。

そしてそんな自分に「結局私はこんなものよね」と、
どんどん自信を失くしていってしまいます。

お相手の方も、急に見た目が自分好みに変わったり、
今までと全然違うあなたを見たら戸惑うのではないでしょうか。

今せっかく好きな人のために変わりたい!と思えたのなら、
今回だけでも毎日コツコツスキンケアをしてみましょう。
1ヶ月後、本当に美しくなります。

お肌が明るくなると表情も明るくなりますし、自信もどんどんわいてきます。
そして綺麗になるために思い付いたことはどんどんチャレンジし、
最後までやり通してみてください。

好きな人もきっとあなたの内側からあふれる美しさに惹かれると思いますよ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です