若い頃の日焼けがイボ。液体窒素による治療は時間がかかり痛い

20代の日焼け。40代でもシミが消えず子供に指摘されショック

 

若い頃に毎年、海に行き日焼け止めも塗らずに、焼いていました。
日焼けした後も何かケアをするわけでもなく。
そのままにしていました。

水ぶくれをおこして、それを自分で潰して、
破れた皮が固まってシミのように、色素沈着をおこしていました。
なので、でき始めたのは20代半ばから、もうすでにあったと思います。

今は43歳ですが、それまでの間にドンドン数も増えて、
首の下あたりから胸にかけて、気持ちの悪いほどの数の、
シミのようなものが転々とできており、
もう若くもないので、いいやと半ば諦めていましたが、
子供とお風呂に入ると、いっぱいあって汚いと指摘され、結構ショックでした。
首のあいた服は、着れないほどの数の多さだったのです。

 

周囲から指摘され治療を決意。まずは金額を聞いてみよう

 

通院する前は、シミなのかと思っていたので、
数が多かったので費用がこれは大変だと思い、
なかなか病院に行く踏ん切りがつかなかったのですが、
1番大きいものを1つとりたいと思い、
金額も含めて、お話しを伺いたいと思い受診することにしました。

自分でも胸のあいた服を着ると目立ち、人の目も気になり、
母からも子供からも汚いと言われ、なによりドンドン増えていくようでした。

そういう事もあり治療をしようと、決意しました。

 

治療方法は液体窒素で焼く!数が多いと痛みが続くし辛い

 

液体窒素で焼くのですが、スプレータイプと綿棒タイプがあり、
細かいものはスプレーで治療し、部位が大きいものには、綿棒タイプで焼きます。

液体窒素は冷たいものですが、
患部につけると音がジュージューとして熱いというか痛みがかなりあります。

数えきれないほど治療箇所があったので、痛みに耐えるのに苦痛でした。
終わった後も患部が真っ赤に腫れ上がり、痛みもしばらく続いていました。

 

シミだと思っていたら老人性のイボだった!半年以上通院して治療

 

とにかく、ものすごい数だったので、
いつまでかかるのか、本当に綺麗になるのか不安でした。

結局シミではなく、
若い時の日焼け対策を怠ったことによる、老人性のイボだったのです。
25歳くらいにはあったので老人性と言われ絶句してしまいましたが。
それほど肌には負担をかけていたという事です。

液体窒素で焼いていくと、
それが1週間くらいで硬く、カサブタのようになっていきます。
自然と剥がれるまで1週間に1度、通院して液体窒素で治療をします。
黒くなって、カサブタが剥がれたときの下に白い肌が見えた時は本当に嬉しかったです。
少し胸のあいた服を着たりして、おしゃれを楽しむこともできました。

ただ、本当に長い時間がかかりました。
半年以上はかかりました。
痛い治療でしたが頑張って良かったです。

 

老人性イボはできてしまう。日焼け予防とハトムギで対策

 

だんだん綺麗になっていく過程を、
今まで汚いと指摘していた、母もビックリしていて、
こんなんなら、もっと早く行けば良かったのにと言われました。

私も本当にそう思います。

子供もお風呂で汚いという事はなくなりました。
子供に言われた事が本当にショックだったので、心から嬉しかったです。
そして人の目も気にすることはなくなりました。

しかし年齢を重ねていくと、
どうしても今までのツケで、また老人性のイボができてしまうそうです。
なのでその時は、増える前に病院に行こうと思います。

夏場は今ではしっかり日焼け止めを塗り、
日傘をさし、予防をすることを心掛けています。
そしてイボにはハトムギがいいらしいので、先生に処方してもらい予防に役立てています。

 

若い時から紫外線対策や洗顔などの正しいケアでシミ予防しよう

 

予防が肝心なのではないでしょうか。

若い時は日焼け止めも塗らず大丈夫、大丈夫と言い、
周りから指摘されても、まだシミもないし平気と返してました。

若いが故に知識もなく、今考えると、
クレンジングをしないで寝ていたり、肌に良くない事ばかりしていました。

若いウチから、紫外線対策をしっかりしていれば、シミも軽減できるかもしれません、
正しい洗顔をしていれば、乾燥やトラブルもなかったかもしれません。

毎日の正しいケアで予防することが望ましいのではないでしょうか。

 

早めが肝心!トラブルに悩む人はすぐに治療に行って!

 

何らかのトラブルで悩んでいる方は、すぐに治療に行って欲しいです。
自分でケアするのには限界があります。
ほおっておかず気づいた時に行動をおこしてほしいです。

お医者様はプロですから、きっと今の悩みも解決してくれると思います。
自分でケアして治るのか治らないのかもわからず、
時間と費用だけが、かかってしまうのではないでしょうか。

放置していると、治療をしても、治りが遅くなってくるかもしれません。
病気でも何でもそうですが、早めが肝心だと実感しました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です