全身がかゆい!妊娠したら着る服が綿100%に限定された

綿100%以外の服が着用できない!妊娠中に痒みに襲われた

 

私は現在妊娠中で、31歳です。

今まで、顔に髪やアクセサリーが当たって痒いということはありましたが、
身体全身の皮膚が痒くて仕方がないという経験は、したことがありませんでした。

妊娠4週目頃、急に皮膚に接している、
下着、タイツ、セーター、パンツ、全てが痒くなりました。
ポリエステル、カシミヤ、アクリル、ウール、裏起毛製品など全てが痒いのです。
ちなみに、何も衣類を纏っていない時は、全く痒くありません。

皮膚の見た目は、特に発疹などもないのですが、問題は酷い痒みです。
綿100%の衣類だけは着ることができたので、
家の中では暖房をかけて薄着で過ごしていますが、
綿は暖かくないので、外出には不向きです。

また、無理をして暖かい(痒い素材)の服を着ると、
どこにいても何をしていても常に身体全体が痒いので、
イライラしてしまいますし、全く集中できません。

妊娠して服に困るなんて思ってもみませんでした。

 

皮膚に炎症が起きないのでかゆさを分かってもらえずイライラ

 

私の場合は、皮膚に炎症が起きていませんので、誰にも気付かれることはありません。
主人にも相談しましたが、
「綿100%を着るしかないね」とのことで、それ以外に方法はありません。
綿100%の服やタイツは、店頭ではあまり売られておらず、
インターネットでしか購入出来ませんでした。

また、産婦人科の医師にも相談しましたが、
いつも混雑している病院なのであまり親身には聞いてくれず、
「かゆみ止めの塗り薬を塗ったら良いよ」「保湿している?」と言われただけでした。

発疹も出ず、ただ痒いだけという最悪の状況で、
誰にもこのイライラを理解されず、さらにイライラしてしまいます。
目に見えて発疹が出たり、ただれたりするのも、とても辛いと思いますが、
「ただ痒いだけ」というのも、かなり辛いものです。

 

肌に負担や害がないものに買い替えを。風呂上がりの保湿も重要

 

私は、とにかく毎日お風呂上がりに、10分くらいかけて保湿を行っています。
また、敏感肌に良いといわれるクリームや、
痒みに効くクリームなども購入し、塗っています。

お風呂では、ナイロンタオルを止め、ボディソープも自然由来の石けんを使うようにしました。
ゴシゴシ洗うのではなく、必要な皮脂を洗い流さないよう優しく洗います。
入浴剤も、無添加の保湿効果のあるものを、
インターネットで検索し、購入したりしています。

とにかく、肌に負担のないもの、害のないものを中心に、
身の回り品を買い換えました。

他には、下着、タイツ、服などを綿素材のものに変えました。
綿100%であれば痒くないので、暖かくないですが、仕方なく着るようにしています。

 

何をやっても効果なし。綿100%の服は寒いので冬が心配

 

実際、3週間ほど肌に接するものに気をつかい生活していますが、
ほとんどと言って良いほど、効果はありません。

確かに、保湿やクリームを塗らないよりは、絶対に塗った方が良いと思いますが、
今だにポリエステルのタイツや、カシミヤのセーター・レッグウォーマー、
ウールやポリエステルの入ったセーターなどを、着ることはできません。

「体温が高いせい」とか、「ホルモンのせい」とも言われますが、
ここまで効果がないと、少しやる気をそがれてしまいます。

冬本番はこれからですし、妊婦は身体を冷やしてはいけないのに、
綿100%で冬を乗り越えられる気がしません。
無理をして痒い素材を着ると、我慢できず掻いてしまうので、
ひっかき傷が残ってしまい、これを消すのも大変です。

 

妊娠中の肌トラブルでストレスを溜めないで。まずは医師に相談

 

妊娠中は思わぬマイナートラブルが付きものです。
かく言う私も、妊娠初期で服や下着に困るなんて、予想だにしていませんでした。

皮膚トラブルは、女性には気になる問題ですよね。
私のように、目に見えない肌トラブルで、悩んでいらっしゃる妊婦さんや、
目に見える肌トラブルで、ストレスを感じていらっしゃる妊婦さんもいらっしゃるでしょう。

ストレスは妊婦にとってあまり良いものではありません。
産婦人科の医師に相談して、
塗り薬や生活改善方法を教えてもらうのも一つの方法です。

お互い楽しいマタニティ生活を送りましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です