色白で自慢の美しい肌だったのに。大きな肝斑が現れショック!

自慢だった色白の肌。30代から大きな肝斑が。

 

私は、現在、62歳、成人して巣立った子供が3人います。

若い頃は、色白が自慢のきれいな肌をしていましたが、30代で3人目の子供を産んで、
左のこめかみの辺りに、大きな肝斑が出来てしまいました。

初めてそれを見た時は、慢だった色白のきれいな肌に大きな肝斑が余計に目立ち、
とてもショックだったのを今でも覚えています。

今まで、このようなシミだとかくすみだとかいったことで悩んだことがなかったので、
そういう悩みには無縁だと思っていたのですが、
やはり年には勝てないのだな、と落胆してしまいました。

同時に、若々しくてきれいな肌によって自然と保たれていた、
色々なことに関する自信もなくしてしまい、何としてでも、
この肝斑を消し去りたいと強く思いました。

 

美容外科でのレーザー治療に挑戦

 

最初に肝斑をどうにかしたいと思い、まずしたことは、美容外科によるレーザー治療でした。

始めた理由は、お値段は張りますが、肝斑に直接レーザーを当てることによって、
熱ダメージにより、色素を分解させることが可能なため、
一番確実に手っ取り早く肝斑を取り除くには効果的だと思ったからです。

色々と調べたり、知人などに話を聞いた結果、
そうすることが一番確実に肝斑を取り除けることができるので、 最初こそ費用はかかりますが、
長い目で見たら、安くて済む方法でもあると思いました。

 

その他の肝斑ケアにも挑戦。少しずつ効果が。

 

結果的に、最初に始めたレーザー治療は、最初こそ薄くなったものの、
だんだんと又出てきてしまい、失敗に終わってしまいました。

その後も、寄る年波のためか紫外線の影響か、大きな肝斑から小さな肝斑まで、
顔だけでなく手などにも現れるようになり、色々なケアを試してきました。

結論的に、どのケアが一番有効だとも言えないのですが、それぞれに多かれ少なかれ効果を感じ、
現在では徐々に肝斑は薄くなりつつあります

ケアをして薄くなってきたなと感じる度に気持ちは明るくなり、今まで外見に自信が持てずに、
暗めの服ばかり着ていたのが、明るい服装や好きな服を試してみたりすることもできるようになり、
以前よりも外出して人と会う機会も増えてきました。

以前よりも積極的な性格になり、積極的な生活を送ることができています。

 

「顔色が悪いけど」の言葉から「綺麗になったね」の言葉に変化。

 

一番肝斑がひどく、顔全体がくすんで見えていた時には、周りの人達に、
「顔色が悪いけど、どこか調子が悪いの?」などと聞かれたり、
家族にはストレートに「又肝斑が増えたね」などと言われ、その度に気持ちも落ち込む一方でした。

自分の気持ちが暗くなりがちで自信が持てず、人を避けがちになってしまっていたせいか、
そのオーラが出ていたのか、 あまり周りの人からも声をかけられることもなくなっていました。

ところが肝斑が薄くなり、自分に自信が持てるようになった現在では、
周りの人も「最近きれいになったんじゃない?」だとか「若く見えるね」などと
評価してもらえることが多くなり、近所の人などからも積極的に声をかけられたりすることが増えました。

その評価が、更に自分に自信をもたらしてくれ、
毎日をとても明るい気持ちで過ごすことができています。

 

引きこもりがちだった私、肝斑ケアして自信が。

 

肝斑をケアすることで良かったことは、たくさんありますが、一番良かったと思えることは、
やはり自分に自信を持つことができ、性格が明るく変化したことでしょうか。

肝斑がひどかった時には、自信が持てず、気持ちも暗くなりがちで、
人を避けがちになってしまい、外出する機会も減り、家にこもりがちでした。

そのせいで、運動する機会もなくなり、運動不足で太ってしまいましたし、
運動もせず気持ちも不安定なため睡眠も十分に取ることができず日頃から頭がぼんやりしていたり
集中力に欠けていたりなど、生活にも支障をきたしてしまっていました。

それが、肝斑のケアで改善していったことにより、気持も明るくなり自信を持つことができ、
外出する機会も増え運動する機会も増えていきました。

おかげで、きちんとした睡眠も取ることができるようになり、
すっきりとした頭でいられるようになりましたし、体型も以前よりも引き締まりました。

 

根気よく治療して、心も体も健康に。

 

肝斑は、外見はもちろんのこと、心も暗くしてしまいます。
ケアをして改善させていくには、よく調べ、
自分に合った商品などを根気よく、長く継続して続けていくことが大切です。

そうしていくことで、どんな頑固な肝斑であっても必ず改善していきます。
改善すれば、心も明るく変化しますし、もちろん身体も健康的になることができます。

どうか、自分自身の心身の健康のために、諦めずにケアを始め、ぜひ長く続けていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です