妊娠・退職による肌荒れ改善のためデパートコスメに手を出した

妊娠と退職のストレスで肌荒れ。赤ら顔のようになってしまった

 

26歳の時に第一子を授かることが出来ました。
初めは仕事も通常通り続けていましたがつわりが酷く・・・
半ばマタハラに近いような状態で会社を辞めました。

会社に行かなくなると何もすることがなくなり、
化粧もせず朝顔を洗わないこともありました。

するとみるみるうちに肌はくすみ、乾燥も酷く小さなぷつぷつができてしまいました。
痒みもあり普段の基礎化粧品が合わなくなりました。
すっぴんが赤ら顔のようになってしまいとてもショックでした・・・。

どうしてこうなったのか色々考えましたが、
思い当たることがありすぎて余計落ち込んでしまいました。

お手入れに関してももちろんですが、
マタニティブルーと突然会社を辞めなくては行けなくなった状況で
ストレスがかかっていたことも肌トラブルの原因かもしれません。

 

妊娠後期まで発疹が…肌荒れをみんなに心配され余計落ち込む

 

元々そんなに肌が荒れている方ではなかったのでみんなにすぐ指摘されました。

妊娠した事がある友達は「産んだら良くなるよー」と教えてくれました。
また母親にも指摘ではありませんが心配され
痛々しいほど赤くなっている頬が気になって仕方ありませんでした。

ひどい日は熱を持ってしまうほど赤く火照り、
痒みがある発疹が妊娠後期まで続きました。

しかし、指摘されればされるほどどんどん気になってしまいました。
妊娠により情緒も不安定だったせいか、これからの見えない不安、
子どもを生むことはこんなところにまでリスクがあるのかと
落ち込んでしまうこともありました。

旦那さんにも元々肌が綺麗だと褒めてもらっていたこともあったので
余計気にしてしまいました。

 

BAのいるデパートの基礎化粧品へ買い替え。薬では無理がある

 

今まで基礎化粧品はドラッグストアで購入できる安いもので済ませていました。
なので恥ずかしい話、
26年間デパートコスメの基礎化粧品を買ったことがありませんでした。

今が買うべき時だ!と思い
妊娠中無職なのにデパートを周りBAさんに相談し
いろんな試供品をもらい試して、勢いですべて買い替えました。

肌状態を見て心無い言葉や、商品を使うことを拒んでくるBAさんもいて
妊娠中じゃない私であれば買うのをやめていたと思います。
でもまずはそこから始めるしかないと思いました。

もちろん、産院でも肌のことを相談し塗り薬も処方してもらっていました。
でもその薬だけでは期待するほどの効果はなく
デパートコスメにかなりの期待をしていました。

 

デパートコスメによるケアでマタニティライフを楽しめるまで回復

 

無事自分の肌に合うデパートコスメとめぐり逢い
毎日毎日着実にケアをしていくことで
妊娠後期辺りには調子がいい日は元の肌状態とほぼ変わりないほどに回復しました!

しかし、、、本当にその化粧品が良かったのか、
その時期が来ただけなのかは定かではありませんが
何より改善されたことが嬉しくてたまりませんでした。

産婦人科では少し動くようにともアドバイスがありました。
今まで化粧を躊躇するほど肌が荒れていたこともあり
引きこもりがちだった生活が一変しました!!

やっとマタニティライフを楽しめる!という気持ちになりました。
マスクに帽子の不審者のような状態で巡ったデパートも、
化粧をちゃんとしてお腹を気にしながら
ベビー用品を見ている時間がとてつもなく幸せに思えました。

 

肌荒れを治した後、ドラッグストアコスメに戻しても問題なし

 

私はマタニティブルーと重なりこの世の終わりのような気持ちになりました。
もっと酷い肌荒れに悩んでる人ももちろんいると思いますが、
酷いも軽いもないなと思います。

私は妊娠中暇だったので
考えることといえば気にしている肌のことばかりでした。

でも!
私は治りました!
高かったデパートコスメも今は結局ドラッグストアコスメに戻りました。

赤ちゃんが誕生してからは自分のことなんて手が回らないので
余計肌がボロボロになってしまうのでは・・・?と思いましたが、
なぜだかそんなことないです。笑

いつか終わりが来ることを信じて・・・自分にあったケアを見つけてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です