皮脂や毛穴つまりの原因も便秘だった!漢方薬で便秘解消し改善

便秘改善のため手を尽くすも、最終兵器の薬である漢方薬が一番

 

まずはとにかく出そうという気持ちでいろいろなことを試しました。
あまり薬に頼ったりはしたくないので、
薬は最後の最後、最終兵器としてとっておきました。

深夜帯のアルバイトが原因なのはなんとなくわかってはいたのですが、
やめることが出来ないので、それ以外で出来る生活習慣の見直しを始めました。

まず食事ですが、便秘解消の定番ヨーグルトを毎食食べるようにしました。
色々ためしましたが、最初は効果があるものの、
またすぐに便秘状態に戻ってしまいました。

次におなかのマッサージを気が付いたときにするようにしました。
おなかの中心をのの字を書いて揉むようにマッサージしました。

これもなんとなくおなかはゴロゴロしますが、
便秘解消に直結はしませんでした。

そしてついに、最終兵器のお薬を頼ることにしたのです。
私が病院からいただいたのは漢方でした。
これが驚くように効果があり、すぐに快便に戻りました。

 

漢方で便通が良くなり肌トラブルも改善!自然と心もウキウキ

 

漢方をいただいて次第にまた便通が良くなってくることで、
体の変化も出てくるようになりました。

まず体がかるくなり、食欲が出てきました。
そして悩んでいた肌トラブルも改善されていきました。
くすんだ土色の肌は元の色に戻っていきました。

便秘当時は唇の乾燥もひどかったのですが、
くちびるも便秘が治ると色づきはじめ、うるおいが戻ってきました。

そして便秘のとき、肌のにおいと皮脂がひどく、
その皮脂自体も酷く匂いましたので、
それが解消されたときは一番うれしかったです。

なんとなく下向きになっていたのが、
自信をもって人の目を話せるようになりました。

お肌がいきいきすると、自然と心もいきいきするようになるのだなと実感しました。

 

顔色や皮脂のにおいに対する指摘が、便秘改善で無くなった!

 

便秘の際友人からは常に「顔色がおかしい」と言われ続けていました。
しかも、具合が悪そうということではなく
「不潔感がある色」というショッキングなことばをかけられたこともあります。

また、常に一緒に暮らしている母からは、
皮脂の匂いについて指摘されていました。
洗顔したあとに顔をふくタオルが、
私が便秘になってからにおうようになったという事でした。

おそらく便秘になって肌の新陳代謝も落ちて、
毛穴の汚れが詰まっていたんだと思います。

しかし便秘解消されると顔色もよくなったねと友人に言われ、
母からも皮脂臭が無くなったねと言われました。

指摘されたときはとても恥ずかしかったので、
無くなった、治ったと言われると嬉しかったです。

 

便秘になると体の新陳代謝が落ち、皮脂や毛穴が詰まり肌トラブル

 

便秘と肌の関係は本当に深いです。
これは絶対的に相関関係にあると言って間違いありません。
これは便秘になった私だからこそ声を大にして言えます。

便秘になると間違いなく、体の新陳代謝が落ちます。
それは肌にも影響を及ぼします。
そうして肌の皮脂つまりによる匂いの発生や、毛穴つまりでイチゴ鼻になります。

根拠は、便秘に悩んだときに同時にこのようなトラブルに見舞われたからです。
そして便秘を解消するとこのトラブルも解消したので、
便秘は肌トラブルに間違いなく影響すると言って良いと思います。

 

スキンケアより先に便秘を解消して!古いものは出してしまおう

 

便秘によって肌トラブルに悩んでいるとしたら、
やるべきことは「スキンケア」ではありません。
それは後に回して、徹底的に便秘解消に努めてください。

便秘を解消しない限り肌はどんどん栄養のめぐりがわるくなり、
古いものが古いままでどんどんトラブルが積み重なります。

私のように、皮脂の匂いが気になるようになって、
あぶら肌になったら要注意だと思います。
おそらく周りの人はあなたの皮脂臭や、
くすんだ土色の顔色に気づいていると思います。

便秘を治すのは簡単です。
ぜひ先に便秘の解消に取り組んであげてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です