ローマ人も知っていた!レーズンで作る肌はゴールドの価値

fe3cfefac582553b9182e6a56a2eedc3_s

レーズンの効能は世界を駆け巡る

 

そのまま

食べるのはもちろん、

料理を引き締めてくれる

食材があります。

ドライフルーツ

代表格である

レーズンです。

このレーズンには、

様々な栄養素が含まれています。

 

その中でも、

女性に嬉しい作用が

老化防止」でしょう。

こうした作用は、

さかのぼること、

紀元前から

知られていたのです。

 

レーズンの誕生秘話は、

後ほど

ご説明いたします。

 

まずは、

ドライフルーツについて

知りましょう。

 

ドライフルーツに含まれる栄養素

 

◆ 亜鉛 (ビタミンCの吸収率をアップさせる)
◆ 胴 (亜鉛の働きをサポート)
◆ リン (ビタミンBの働きをサポート)

 

そもそもレーズンは、

乾燥しているため

身体が冷えませんよね。

つまり、

冷え性に悩んでいる

女性にも

嬉しい食材なのです。

 

このことからも分かるように、

ドライフルーツの

栄養バランスは群を抜いています。

 

次に、

ドライフルーツの栄養について

理解したところで、

成分を挙げていきましょう。

 

a1180_008052

 

レーズンの美肌に大切な栄養素

 

◆ ミネラル (体内では作られない保湿成分)
◆ ホウ素 (骨を中心に体内の状態を整える)
◆ 食物繊維 (便秘解消でデトックス)
◆ カリウム (塩分の量を調節して、むくみ解消)
◆ マグネシウム (血糖値や血圧のコントロール)
◆ 鉄分 (貧血の防止)
◆ ビタミンB (肌の再生機能)

 

ドライフルーツと

レーズンの栄養素を見れば、

美肌効果は一目瞭然です。

しかし、

デトックス効果が強いため、

食べ過ぎると、

下痢になる可能性もあります。

 

コレステロールに悩まなくて良い

 

さて、

コレステロールの高い人は、

食事に

気を使っているでしょう。

これらは、

生活習慣乱れによって

悪玉コレステロールの

数値が高くなるからです。

コレステロールは、

善玉でしたら

さほど

気にする必要がありません。

 

その点、

レーズンに、

そもそもコレステロールは

含まれていないのです

これなら安心して

召し上がれますよね。

 

a1180_015102

 

古代ローマの時代から薬として利用

 

レーズンは、

自然熟したブドウが、

乾燥してできたのが

始まりです。

紀元前13世紀に、

フェニキア人とアルメニア人が

収穫していました。

 

その後、

その美味しさ

栄養価の高さから、

薬としても利用されていたのです。

具体的には、

食あたりの解毒剤として

重宝されていました。

 

しかも、

高貴な女性達が、

お肌変化に気付いたのです。

 

どうやら、

お肌老化

防止してくれるようだと

注目されるようになりました。

このことについても、

成分を見たら

ご理解されるでしょう。

 

太陽と風で、

栄養素は濃縮されて、

保存食としても

魅力的な食材です。

その証拠に、

ローマで英雄となった

兵士のエネルギー源として

利用されていました。

登山者や宇宙飛行士の

栄養補給としても

大活躍したのです。

 

fe3cfefac582553b9182e6a56a2eedc3_s

 

健康にこだわり、

グルメで知られた、

ジョージ・ワシントンも

舌鼓を打ったと言われています。

さらには、

世界初のグルメレシピ集

使ったとされる人も、

利用していたのです。

自らを美食家だと自負する

マルクスが、

肉料理の隠し味

レーズンを入れていました。

 

レーズンは、

肉料理と一緒に摂ることが

オススメです。

 

一緒に摂ると、

体内の悪玉菌を減らして、

女性ホルモン

多く分泌されます。

 

女性はもちろん、

好きなモノを

多く食べたい人にも

オススメです。

食事制限をせずに、

美肌も手に入りますよ。

 

まさに、

良いことづくめですよね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です