即効性のある便秘解消法は朝の白湯、体をデトックスして美肌を作ろう

内臓マッサージとプチ断食で便通改善

 

化粧品をアクネ系に変えました。

お腹のマッサージを我流で始めました。
揉んで見ると、意外と内臓の形ってわかるものですね。
よく詰まっている、左は鼠蹊部付近はカチカチになりがちです。
ポコポコ叩いて振動を与えたり、グッと圧をかけたり温めたりしていました。

食事は、お昼ご飯を青汁バナナ豆乳のみにして、数ヶ月飲み続けました。
けっこう美味しいし、お腹に溜まるので苦ではなかったです。

すこし、便が柔らかくなってきたので、プチ断食を追加しました。
3日間、野菜ジュースと豆乳とヨーグルトと水で過ごすものです。
お腹は少なく食べることに慣れてきてのか、お腹が減ることはありませんでした。

断食後は、滋味深い和食しか食べられない感じになるので、一汁一菜の生活をし、
野菜の多くはいったお味噌汁をたくさんと、玄米ご飯を1週間食べました。
水分は1日に2リットルを目標にしてこまめにとってました。
玄米ご飯はするっと便がでました。

 

便意=デトックスの始まり、古い堆積物の排出で肌が突然美肌に

 

体の中のいらないものが出て行くので、
便意が来たら私は「デトックス」が始まったと言ってトイレにこもっていました。

そもそもストレスから便秘がひどくなったので、
床にうずくまるほどの痛みもありましたが、
出て行けば良くなるのだと言い聞かせていました。

体の中の古いものが出て行くたびに体と心がすこしずつ軽くなりました。
毎日お通じが有るとハッピー。

このころ、ノロウイルスにかかって、
お腹のものが全部出てしまって腸液まで出る始末で宿便まで出たと思いました。

ノロが治って、体の古い堆積物がでてしまったことや、
発熱による発汗で、体がすっきりしました。
お肌はノロのあと、いきなりきれいになった気がします。
大きいニキビの化膿とかはもう15年くらいないです。

この時の食生活は続いています。

時々断食をして、お腹をやすめて宿便をだすこと。
水分を嫌でも取ること。
運動をすること。
寝る前にお腹のマッサージをする事。
朝のいっぱいは白湯を飲む事。

気持ちの整理がつきやすくなったと言うかつまりが取れたというか、
思考がシンプルなり落ち着きました。
イライラが爆発することがほとんどないです。
逆にテンションが上がりまくって大はしゃぎすることもありません。

 

食べたもので体はできる、身体に良い食事で肌を作り出そう

 

お通じの悪さとお肌のトラブルの関係は深いと思います。

私たちの体は私たちが食べたり飲んだりしたものでできています。
排泄物には申し訳ないですが、
つねに新しいものを体の中で循環させたいと思っています。

実際、お肌に悪そうなジャンクフードをたべると
体重が増えたり肌が荒れたりしますのであまりたべません。

お腹がきれいだと、血液や水分、栄養の循環がうまく働いて、
より健康な体に近づけるような気がします。
私たちは私たちが食べたものでできているので、
消化器と肌が繋がっているのは当たり前のことだと思います。

だからといって肌トラブルの原因は全てが便秘だとは思いません。
季節や年齢、気温で肌は揺らぐものなので、
便秘は肌荒れのため、というより、
ダイエットや健康維持として考えておいた方が良いと思います。

 

便秘の改善に一番効くのは即効性がある朝の白湯!

 

私が実際にやって効果があったもので1番簡単だったのは、朝起きたら白湯を飲む事。
2、30分で便意が来ます。

次はプチ断食、味覚がリセットされて、体に余計に食べ物を入れたくなくなるので、
必然的に食べるものにヘルシーなものを選ぶようになりました。

最後は腸を揉みほぐす事。
軽くポコポコ叩いているだけでも、振動でお腹にきます。

食事は繊維質のものを取る時はいつもよりも多めに水分を取る事。
食物繊維が固くなると辛いので、水分補給を忘れずに!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です