こめかみにできたシミの塊がレーザー治療で1番白くきれいな肌に

日焼け止めを塗らず過ごし、30代前半で両こめかみにシミの塊

 

大きいもので1.5cmくらいのかたまりが、両方のこめかみにありました。
若い頃から出来始めて、30代前半にはかなり目立つようになっていたのですが、
正直いって 自分自身ではあまり気にしていませんでした。
結婚、出産を経たので、こんなものかな、くらいに思ってました。

今のように、年中紫外線を意識して過ごしている時代でもなかったし、
子供の頃などは、日を浴びる方が健康によい、という時代を送ってきた世代でもあるので、
20歳過ぎて化粧をするまでは、日焼け止めもぬったことがありませんでした。

紫外線がこれほどまでに肌に悪いと気をつけだした時は、
もうすでに相当量のシミ予備軍が表皮下にあったことになるので、
これから気をつけるよりしょうがないという思いでした。

 

学生時代の男友達にシミ取りをすすめられたのがきっかけ

 

30代前半くらいに、たまたま再会した学生時代の男の友達に、シミ取りをすすめられました。
あまり気にしていない本人に同世代の異性からそのように言われるのは、
なかなかレアなケースかと思います。

今だと考えられないくらいにはずかしいのですが、
きっと、言った相手も、学生時代の乗りで悪気なく言ったのだと思います。
簡単にシミが取れるということを知ったのはその時のことがきっかけだったので、
結果よかったのです。

病院の皮膚科に行って、シミ治療をするという、今では当たり前のことも、
20年前では、最先端を行っている感じで、隠したいというより少し自慢でした。
今では彼に感謝です。

 

レーザー治療の痛みは少しあり、でも我慢するほどの苦痛じゃない

 

32歳くらいだったと思います。
総合病院の皮膚科で診察をして、レーザー外来の時間に予約をとって、 治療を受けました。
確か1cmの大きさで1万円、
わたしの場合、目立ったもので2cmくらいだったので 2万円ほどかかりました。

痛みは少しありました。
パチッパチッとゴムで弾くような痛みで、痛みに敏感な人には少し辛いかもしれません。
同じ個所は一回きりで取れるので、取れる期待の方が大きくて、
我慢するほどの苦痛もなかったように記憶しています。

治療後のケアが大事なので、
1回の治療が終わると、2か月~3か月は経過観察とケアが求められます。

かさぶたがとれるまでに10日~2週間、
その後は新しく生まれ変わった皮膚を紫外線にさらさないため テープで保護します。
このケアを怠るときれいにならなかったり、またシミができてきたりするようです。

 

シミが目立ってた肌が、一番白くてきれいな肌に生まれ変わり!

 

術後のやけどのような感じから、かさぶたになり、
それがとれてまっさらな皮膚になった時は、すごくうれしかったです。

一番最初にとった箇所が一番大きくて目立つ箇所だったので、
きれいになるだろうか、とずっと不安は続いていました。

特に、皮膚が生まれ変わった後は、
もう、テープをとってもいいのだけれど、刺激を与えないために、
もうしばらくテープをしていた方がいいんじゃないかと、
慎重すぎるくらいに経過を見ていきました。

かなりしつこくテープをしていましたが、やがてとり、
ファンデーションをぬった時は、不思議な思いがしました。

なぜなら、今までシミがあった箇所が顔の中で一番白くてきれいな箇所になったから。
うれしいんだけれど、今まで気にならなかった他のシミが気になるようにもなりました。

 

シミ取りブーム到来!30~50代の女性じゃみんなシミに興味あり?

 

周りの評価はいいものでした。

割と人に先駆けていたことだったので、
その後、親戚や、仕事場の同僚達が、こぞってシミ取りに行きだしたのを、
少し上から見ている感じでした。

同時に、同世代の人たちが、
こんなにもシミ取りに関心を持っているのかと驚かされもしました。

一度、シミ取りを経験すると、
その経過を知っていることから、相談されもしたし、
連休明けに、顔にテープ貼って、出社してきた人を見ることもよくありました。

30代~50代くらいの女性にとっては、
一番の関心事と言ってもいいくらいシミ取りブームな時期でした。
かくいうわたしも、その後しばらく、
年に1回は、数週間テープを貼って出社する生活を送っていました。

「シミ取りも、みんなですれば怖くない」
身を持って感じました。

 

シミ取りレーザー治療は秋がお勧め、施術後のケアを念入りにして再発を防ごう

 

実際の治療時間は、わずか数分ですが、あとのケアがよっぽど大事です。

わたしは、ケアしていたおかげか、一度取った箇所のシミが再発したことはありません。
できにくいとはいうようですが、せっかくまっさらになったきれいな肌だから、
クリームをぬってテープを貼る、紫外線には気を付ける、を守らなければなりません。

紫外線が弱くなる冬に狙いを定めて、秋に治療をすることをおすすめします。
わたしも、わたしの周りもみなその時期に治療しました。

また、術後はしばらくテープを貼らないといけないので、
外出予定がある人は、何度かに分けて治療した方がいいかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です