後悔!大きなシミが!妊娠中もっと早くにシミ対策しておけば。

妊娠前は特に肌トラブルで悩まされなかった。

 

若い時にニキビに悩まされた経験があり、そのニキビ跡が若干残っていますが、
ファンデーションやコンシーラーを使えばあまり目立たなくなります。

特に乾燥がひどくはありませんが、冬だけはしっとりめの化粧水と乳液を使用すれば
肌トラブルはあまり起こりませんでした

また、夜更かしをしたりしても特別肌に影響が出ていたわけではありませんでしたし、
シミやシワはそこまで気になるほどではありませんでした。

しかし、生理前になると顎のあたりに若干ニキビが出てしまうことがありました。
基本的には顎のあたりに出てくるだけで、頬やおでこなどは荒れることはありませんでした。

 

32歳で妊娠。小さなシミから大きなシミまでできてショック!

 

32歳で妊娠しました。

化粧をしていればニキビ跡などはほとんど目立たない程度だったのですが、
最初はそばかすのようなシミが気になるようになってきました。

しかし、コンシーラーで隠したりしていれば何とか目立たなかったので、
あまり気にしてなかったのですが、妊娠7ヶ月を迎えたあたりで、
目の下に大きいシミができてしまいました。

色は薄めなのですが、結構大きいため目立つようになってしまいました。
一度気になってしまうと、そこにばっかり目がいってしまうので、
写真に写っても鏡を見てもとても気になってしまいました。

ニキビとかであればいつか治ると思って前向きにいられるのですが、
シミとなると一生消えないかもしれないという不安から、かなり憂鬱になりました。

 

このシミが消えなかったらどうしよう。

 

自らシミができてしまったことを言いたくなかったので、
あまり人には言わなかったのですが、やはり大きいせいか気づかれて
「シミができちゃったんだね」と指摘されてしまいました。

色が薄いから目立たないかな?とポジティブに考えていたのですが、
指摘されたとたん、かなり弱気になってしまいました。

妊娠中に肌トラブルを経験した友人が少なくなかったのですが、
私からしてみるとあまり目立たないし問題ないように見受けられるレベルでした。

なので、私だけが妊娠したことでこんなにシミができてしまったのかと思うと、
かなり落ち込みました。

妊娠したときにできたシミって消えないんだよね~と友人に言われ、絶望的になったのを覚えています。

 

シミケアに取り掛かるまえに絶対安静の状態に。

 

シミができ始めた7ヶ月頃、これは今のうちにシミケアをしようといろいろしらべ、
薬局などを周っていたりしたときに、切迫早産と診断され急遽入院することになってしました。

ずっと調べていて使ってみようと思っている塗り薬などはあったんですが、
買いに行くタイミングを逃して入院してしまったので、
結局使うことができなくなってしまいました。

私の欲しかったものの商品名はうろ覚えで、パッケージしか記憶になかったので
誰かに頼むこともできず、あきらめていました。

とりあえず入院中は、家族にホワイトニングのスターターキットの化粧品を
買ってきてもらってしばらく使っていました。

結局入院中は絶対安静だったので、顔を洗うのもタオルで拭いて終わりだったので、
あまりスキンケアを丁寧にすることができませんでした。

 

ホワイトニング化粧品でそれ以上のシミはできなかったけど、、後悔!!

 

結局妊娠中は大したケアができなかったので、もちろん改善することはありませんでした。
ただ、とりあえずで買ってきてもらったホワイトニングの化粧品が
良かったのかどうかわかりませんが、それ以上にひどいシミができてしまうことはありませんでした。

本来であれば美顔器などを使用してスキンケアを行いたかったのですが、
入院してしまったおかげで思うようにできなかったのが悔しかったです。

出産ぎりぎりまで自宅にいられれば、もっと違ったのかもしれないと思うと悲しかったです。

シミについては、できないように対処することが大事で、出来てしまったものを消すのはとても難しいようで、もっと妊娠前からシミがないからといってスキンケアを怠っていたことを後悔しました。

 

トラブルが多い妊娠生活。先回りスキンケアして予防が大切。

 

肌荒れや、ニキビなんかは治る可能性がありますが、
シミだけはできてしまったら治すのがとても難しいです。

また、妊娠中はホルモンのバランスが崩れてしまうせいか、とてもシミができやすいし、
今までできたことがない人でも、出来てしまう可能性があります。

シミはどうしてもできていないうちは危機感を持てないものですが、
出来てしまってからでは正直遅いです。

私のように絶対安静の指示が出てしまったり、
妊娠中は予期せぬトラブルが起こる可能性もありますので、
今のうちに日々のスキンケアを徹底しておくと、万が一のときに良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です