当帰芍薬散やママ友会でストレス解消、眠りとニキビレス肌を取り戻せ!

睡眠不足が招く「ホルモンバランスの乱れ」と「ストレス」

 

睡眠中には「成長ホルモン」(別名:若返りホルモン)が分泌されます。

睡眠不足の状態や、浅い眠りの状態の時には睡眠の質が悪くなりますよね。

睡眠の質が悪くなると、
若返りホルモンと呼ばれる成長ホルモンの分泌量が減少、
皮膚細胞の修復が行われず、肌のターンオーバーにも悪影響を及ぼします。

そのため、
美しくきれいな肌、肌トラブルに悩まされない肌を作るためにも
「質の良い睡眠」をとることは必要不可欠なのです!
・寝つきが悪い
・仕事や子育てが忙しくてなかなか睡眠時間が確保できない
・眠りが浅く、少しの物音でも起きてしまう
・手足が冷えてなかなか寝付けない
そんな方におすすめなのがこの「シンデレラスリープ」

⇒ シンデレラスリープ 公式サイトはこちら

この「シンデレラスリープ」、実はモンドセレクションで金賞を受賞した商品なんです!
「ホルモンバランスを整える」自然由来の成分が配合されており、
「ココロ」と「カラダ」に優しく睡眠の悩みを改善してくれます。

180日間の返金保証付きなのも嬉しいですね!

寝不足・睡眠の質の悪さ、
また睡眠不足による肌トラブルに悩む方はこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか?

3人目出産後、授乳やおむつ替えの作業で睡眠不足に

 

28歳の時に三人目の子供を産みました。
出産後には、昼夜問わず授乳やオムツ替えをしなければならなかったため、
気がついた時には顔にニキビがたくさん出来ている状態になってしまいました。

二人目までの出産時はまだ若かったこともあり、睡眠があまり取れていなくても、
わりと元気でしたし、特に目立つような肌トラブルもありませんでした。

しかし三人目のときは、ほぼ毎日夜中は二時間おきに起きていたため
睡眠不足からの体調不良が続き、結局は肌トラブルに繋がってしまいました。

上の子たちの幼稚園もあったのでお昼寝もあまりできず、
疲れからイライラしていたことも原因だったと思います。

 

小さいプツッとニキビから赤くはれたニキビに悪化

 

顔全体にニキビができてしまいました。
プツッと小さくできているだけならまだ目立たないんですが、
悪化して赤く腫れてしまったものもけっこうできてしまい、かなりショックでした。

自宅でゆっくりできるのならみんなに見られなくていいのですが、
上の子たちの幼稚園の送迎があったため、周りの目が気になってとても恥ずかしかったです。

産後ということもあり、ホルモンバランスも崩れ気味だったので、
自分の感情を抑えられなくて主人に当たってしまうこともありました。
それがさらに自分を追い詰めて精神的に参ってしまい、
肌トラブルを招いてしまったと思います。

お友達のママに会うときなどは、少しでもニキビが目立たないように、
化粧を濃くしたり、マスクをしたりと気をつけました。

 

同じ悩みのママ友とスキンケア&ホルモン調整相談会を実施

 

久しぶりに会った友人からはとても心配されました。
あまりのブツブツ具合に流すことはできなかったようで、すぐにつっこまれました。

友人は心配して言ってくれたのですが、自分としては隠したいことだったので、
友人から指摘されたことはすごく悲しかったし、恥ずかしかったです。

母からもすごく心配され、色々とニキビに効きそうな食べ物や商品を勧められました。
主人も私が落ち込んでいるのをみて、時間がある時は子供達を連れ出してくれて、
少しでもお昼寝したりゆっくりできるように協力してくれました。

ママ友の中には、同じように出産後に肌トラブルが起きた人が何人かいました。
どの商品が肌ケアに向いているという話や、ホルモンバランスの整え方の話など、
ママ友と集まったときには改善方法についてみんなでよく話しました。

 

ハーブティーでリラックス、当帰芍薬散でホルモンバランスを調整

 

まずは生活リズムを整えることが大事かなと感じました。

なるべく夜は8時から9時の間には、子供と一緒に横になるように気をつけました。
寝る前にハーブティーを飲んだり、ルイボスティーやホットミルクなど、
気持ちが落ち着くような飲み物を飲んでから寝ると、リラックスして眠れました。

枕を自分の頭にあったものに変えたりもしました。
また睡眠不足や肌荒れは、
ホルモンバランスがあまりよくないことからきていると思ったので、
産後の検診の際に病院で相談をしてみました。

その時は、産後ケアに必要なビタミン剤や
ホルモンバランスを整える漢方の当帰芍薬散を処方してもらいました。

ホルモンバランスが整えば心も体も落ち着いてくるので、
グッスリ眠れるようになり、肌トラブルも少なくなるとのことでした。
昼間も眠れるときには少しでもいいから寝て、なるべく体を休めるようにしました。

 

当帰芍薬散で精神的に安定、生活リズムが整って肌トラブルも改善へ

 

当帰芍薬散をのんでから、だいぶ精神的にもイライラすることがなくなり、
ニキビも少しずつですが減っていきました。

子供も三カ月を過ぎたあたりからまとめて寝る時間が増えていき、
運が良ければ夜中に五時間くらい眠れる時もありました。
生活リズムが整っていったため、肌トラブルも改善していったのだと思います。

この頃からママ友とも頻繁に会い、かなりストレス解消にもなっていました。
肌もおちついて、生活も充実していたので、気持ちも前向きになり
楽しく過ごせるようになりました。

また、皮膚科に行く機会があったので、ニキビに効く薬も処方してもらいました。
それでさらに落ち着いていったので、本当に嬉しかったです。

 

生活習慣の改善とストレス減が肌トラブルの良薬

 

肌トラブルは、生活習慣からの影響をすごく受けると思います。
まずは生活リズムを見直して、
直せるところは少しでも直せるように心がけてみてください。
心が落ち着くと、自然と肌トラブルも少なくなると思います。

もし、それでも治らず悪化してしまった場合は、
皮膚科に相談にいくのもいいと思います。
無理をせずに、自分のペースで頑張ってみてください。

睡眠不足は肌トラブルだけでなく、体の色々な部分に悪影響なので
寝られる時は五分でも十分でもいいので、目をつむってゆっくりするといいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です