妊娠前のキレイな肌に戻りたい!妊娠後期から産後1カ月の奮闘記

美容関係の仕事の私、自分の肌にもスキンケアにも自信があった

 

元々、美容業界で仕事をしており業務内容に化粧品販売やフェイシャルエステも含まれていた為
20代にしてはスキンケアに力を入れていた方だと思います。

元々Tゾーンは脂性肌、頬は乾燥肌と典型的な混合肌でした。
生理前は、顎周辺にニキビが出来やすい位でその他特別な肌荒れは特にありませんでした。

職業柄、どちらかと言えば肌も褒められる方で
毎日のスキンケアは化粧水・美容液・保湿クリームを朝と晩で種類を変えて使用していました。

朝は水分保湿をメインに。
夜はホワイトニングとエイジングをメインに…といった具合にケアしていました。

 

妊娠後期から肌トラブル続出、脂性肌の白ニキビや目尻の乾燥が….

 

27歳で妊娠出産。
産前は悪阻も妊娠糖尿病や貧血等の大きなトラブルも無かった為、臨月まで仕事をしていました。

臨月で産休に入り、自宅で出産予定日を待ってる間…
ガクッと肌トラブルに弱くなった様な感覚がありました。

もしかしたら、ゆっくりと鏡を見た事で小さな粗が目に入る様になっただけかもしれませんが…
脂性肌の小さな白ニキビや目尻の乾燥に1番悩まされましたね。

たまに出掛ける為にメイクをしても、Tゾーンはファンデーションが浮き出して
目尻は乾燥の為に割れてしまい…気分は最悪。

とどめは、産後1ヶ月しない内に…出産のダメージをプラスしたせいなのか、
顔全体が酷い乾燥肌になり全体の皮膚がガサガサとめくれ上がってきました。

あの時は本当にショックで新生児の検診に行く為に外に出る事さえ気持ちが億劫に…。
普段しないマスクで殆ど顔を隠して出掛けました。

 

母になるために女を捨てる?職場復帰できるか不安に

 

主人は、もともと酷いアトピー肌で年中乾燥肌だった為に
「こんな事になっちゃった…」と言っても、
「乾燥してるね。保湿しっかりしとかないと」位のリアクションでした。

出産経験者である母に相談した事もありますが
元々そういった事にあまり興味のない母だった為に
「どうせ産後1ヶ月は赤ちゃんのお世話で外出なんてほぼ無いんだから別にいいじゃない」
なんて笑いながら言われて大変落ち込みました。

母になる為に、女を捨てないといけないのか?と…。

産後も半年で職場復帰する計画だったので
家庭に入り母としてだけ生きる自分が想像すらつかず、

自分が綺麗でいたいと思うのは我儘な事なのか?
母親として子供が産まれたら私は何もかも我慢するべきなのかな…と
出産直前に仄暗い気持ちが産まれました。

 

ベビー用の低刺激の化粧品で徹底的に保湿ケア!

 

取り敢えず、保湿をしっかりとしました。
それもベビー用に買い揃えていた低刺激な物を使い徹底的に行いました。

普段の状態でも、今まで使っていた物が急に肌に合わなくなる事が全く無いわけでは無かったので
一度肌をリセットしようと思ってホワイトニングケアもエイジングケアケアも中止しました。

妊娠中はシミが出来やすいという話もよく聞いていたので、
ホワイトニングケアを止めるのは物凄く怖かったです。

洗顔も、低刺激で乾燥性敏感肌用の物を使用しその後ベビー用無添加ローションで保湿。
そのままベビー用のクリームで更に保湿しました。

それでも、ベビー用だからか…乾燥を感じたので、お風呂上がりと寝る前にも重ね付けるなど
必要に応じて塗り足したりしながらとにかく乾燥させない事を心掛けました。

 

徐々に滑やかな肌に改善!肌がきれいになることで育児での心の余裕も

 

最初暫くは乾燥が更に酷くなった様に感じました。
手で触ればゴワゴワとして、爪を立てればポロポロと肌表面が剥がれて
フケの様に落ちて行く様な感覚です。

それでも新陳代謝の周期と言われる28日間は続けようと思っていたので、
不安を感じながら続けていくと
段々と肌表面の乾燥した肌が落ちきっていき、徐々に滑らかな元の状態に戻っていきました。

完全に元の状態に戻るまで多分1ヶ月以上かかっていたと思います。
前半のゴワゴワ期は、本当に悲しかったです。

新生児のお世話に追われる中だったので余計に感傷的だったかもしれませんが、
夜泣きで目が醒める度に授乳しながら頬にクリーム塗ったりもしました。

段々と状態がよくなると、今度はケアする事で自分に自信が持てて
「自分の為に」時間を使う事で育児に心の余裕も生まれていた様に思います。

 

ママになっても女性であることを忘れずにお手入れを

 

妊娠中、突発的に出てきた肌トラブルは的確なケアを根気よく行えばちゃんとよくなります

その為にはまず、原因を探る事と手間暇を惜しまない事。
よく聞く様な台詞ですが、お母さんが笑顔じゃ無いと赤ちゃんは不安になります。

赤ちゃんのキメ細かいツルツル肌を見て気分が落ち込んじゃう位なら
多少のスキンケア商品を揃えてお手入れしてあげる事で
ママ自身にも余裕が生まれるんじゃないかな、と私は思います。

何より、綺麗な肌をキープして人にあった時
「全然子供産んだ様に見えないね!」と言われると、
やっぱり嬉しくなります。

お母さんになっても、貴女は女性。
自分を磨く事を悪い事と思わず、
赤ちゃんにも、自分にも手を掛けて輝いて欲しいなと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です