湿疹にまだらのような荒れ、原因は妊娠中の肌トラブル「主婦湿疹」だった!

乾燥肌でも大きな肌トラブルはあまりなかった肌

 

乾燥肌でしたが大きなニキビができる事や肌荒れすることはあまりなく
乾燥によるかさつきやツッパリはありました。

外気が乾燥していたり疲れや寝不足、ストレスなどによっては頬やおでこが粉を吹いたり
薄皮がむけてしまうことがありました。

大きなニキビになることはあまりなくても
小さい白ニキビが生え際にプツプツ出来てしまうことがあり
一度できてしまって白ニキビは治るまでに時間がかかりました。

肌の乾燥によって肌の色がくすんだり疲れがたまると敏感気味の肌になり
急に肌に痒みが出たり口元にできものができてしまうこともありました。

 

妊娠中に急にできた湿疹、頬から首にかけてまだらのような肌荒れ

 

長男を妊娠中に頬とあご、首の下にざらつきを感じるようになり
頬から首にかけてはまだらのような肌荒れ、湿疹に様な物ができてしまいました。

薄皮が剥けかゆみがあり、今まであまり顔にも体にも湿疹ができたことがなかったので
妊娠中に急にできてしまった湿疹をどうすればいいのか、何を塗ればいのか困ってしまいました。
かなり肌にざらつきがあったのでこのまま治るのかどうかかなり不安になりました。

美容が大好きなので、肌のお手入れはどんなに疲れていても眠くても
できるだけのお手入れはしていたので急にできてしまった
トラブルである湿疹は本当にショックでした。

同時に何とかして早く肌を綺麗にしなきゃいけないと思い、
ネットで妊娠中の肌荒れや湿疹のことを調べ何をするのが一番いい方法なのかを探しました。

 

乾燥肌が原因?痒みとかさつきを早く止めたい!

 

首の後ろは見えず頬とあごは髪の毛で隠したりファンデーションを塗ると
あまり見えなかったので友達に湿疹ができてることがばれたことはありませんでした。

しかし主人と長女は私の肌トラブルの状態が悪いことを知っており、
最初は保湿をして湿疹を治せればと思って対処していました。

全く効果が出なくて落ち込んでいる私を見て長女は心配し、
主人はどうすればいいのかわからないような顔で、
私の顔と首にできている湿疹の話は自分からはしてきませんでした。

何を言われても、言われなくても肌荒れや湿疹ができてしまった事は
私にとっては辛かったのでとにかく早く治そうという気持ちに切り替えました。

家族のみしか湿疹ができていることを知りませんでしたが
主人は美容好きな私でも肌荒れしたり湿疹ができてしまった事に驚き、
美容好きと言っても肌トラブルは起きるんだな、と思っていたようですが

私にとってはとにかく湿疹を早く治したい、
痒みとかさつきをとめたい気持ちでいっぱいでした。

 

改善が見えない湿疹、思わぬところから希望の光が!!

 

湿疹がある部分がかさついて、薄皮がむけかゆみがあったので乾燥してかさつき、
皮がむけているのかと思い保湿をしていましたが効果がないため
ネットで調べたノンステロイドの塗り薬を塗りました。

しかしあまり効果はでませんでした。

主人が肌の乾燥や肌荒れで血が出てしまうことがあり
その時に使用していたオイラックスを首の後ろに塗ると
かさつき、薄皮がむけている状態が改善し
何より痒みが治まりかなり症状が良くなったので
頬の下の首にもオイラックを塗るとすぐにかさつきも痒み治まりました。

この時に初めて薬を塗らなければ治らない症状なのかもと気が付き、
寝る前に薄く頬とあごにできてしまっている湿疹にもオイラックスを塗ると
翌朝にはかなり湿疹の数が減っていました。

 

病名は妊婦におこる「主婦湿疹」、皮膚科受診でステロイド剤を処方

 

薬が必要な症状とわかりとりあえず首と首の後ろ、
頬とあごにできていた湿疹と肌あれにオイラックスで対処し何とか完治しました。

しかし再度、再発して今度は首の後ろと指、手の甲にも湿疹ができてしまったので
皮膚科を受診すると妊娠中に肌が敏感になっていることから発症する主婦湿疹と言われ、
湿疹用のステロイド剤を処方されました。

皮膚科で処方されただけに効き目も強く何度か再発を繰り返しましたが
なんとか完治したときにはやっと指先と手の甲の皮向けと痒み、
カサツキから解放されるとほっとしたのと同時に、

今まであまりなったことがなかった肌トラブルですが
妊娠中は肌が敏感になっていることを知り
何が悪かったんだろうと考えとにかく出産まではいつも使っていないような
化粧品や薬を使うのはやめようと思いました。

 

妊婦でも使える薬を処方してもらって早めに治療を

 

妊娠中は肌が敏感になっているので肌トラブルを起こすこともありますが
自分で対処できないようなら皮膚科に行くと妊娠中でも使える薬を処方してくれて
肌トラブルも早く治すことができます。

どんな肌トラブルでも悪化しないうちのほうが早く治るので
いつも使い慣れているような市販の薬や化粧品を使っても肌トラブルが改善しない時は
ネットで原因を調べて肌トラブルに効く対処法を調べることもありですが
早めに皮膚科を受診するか診察の時、
産婦人科で相談してみると治りも早く悪化を防ぐこともできると思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です