保湿剤を弾く乾燥肌、ファンデーションのせいで余計に汚肌に….。

ファンデーションが逆効果、乾燥しすぎの肌が汚い

 

化粧をした日にクレンジングをしてお風呂から上がるとまず肌が赤くなっており、
次第に肌が乾くと白い粉が吹くようになります。
元々口周りや頬を掻く癖があるので、その周囲は特に粉がふきます。

化粧水をたっぷりと塗り、乳液なども塗るのですが、保湿剤をはじくように乾燥がでます。

化粧をする前も洗顔後に化粧水を塗ってから化粧を始めるのですが、のりがとても悪く、
ファンデーションを塗ると余計にかさかさしてしまいます。

くすみを隠すためにファンデーションはしたいのですが、
乾燥のせいでファンデーションを塗ったほうが肌が汚くなることもありました。

女子としておしゃれもしたいし可愛くもなりたいのに
肌が汚いだけでとても気分が落ち込み、
外出することも億劫になってしまいました。

 

今までのスキンケアは間違い!?肌対策の問題点の分析

 

肌があまりにも乾燥するので家に引きこもりがちになっていました。

彼氏もできず、友達付き合いも少なくなってきて、
このままではダメだと思い肌のケアに集中することに決めました。

まずはじめに自分の保湿や洗顔の仕方が本当に正しいことなのか判断するために
ネットなどで乾燥肌対策をしっかりと情報収集することにしました。

多くの情報やモデルやタレント、美容家のブログなどから成功体験やケア商品を見て
自分の肌対策の何がいけなかったのか分析しました。

 

洗顔と保湿の集中ケアで改善の兆し、化粧ノリが全然違う!

 

基本的な洗顔、保湿をケアしていくうちに
ゆっくりとではありますが肌の乾燥がなくなってきました。

特に冬は寒いので暖かいお湯で洗顔していましたが、
お湯を使うことでより肌が乾燥してしまうので
37度程度のぬるま湯で洗顔すること、
化粧水は安いものをたっぷりと惜しみなくつけるなどしました。

だんだんと効果が見られると、化粧ノリも前とは全く違うことに気づき、
肌の調子も良く血色も良くなり、それとともに表情も良くなりました。

友人に肌を褒められるととても嬉しく、以前の生活とは考えられないくらい活発になりました。
外にどんどん外出するようにもなり、自分に自信もつくようになってきました。

ケアを毎日手を抜かずしていることで納得いくケアで効果を感じることに喜びを感じました。

 

乾燥肌対策で毛穴も小さく!コンプレックスが消えていく!

 

乾燥肌対策をしていく中で、化粧ノリも良くなり、
乾燥とともに気になっていた鼻の毛穴も小さくなりました。

友人からは肌がとても綺麗だと言われ自分のケアに自信がつくとともに、
周りからの評価も高くなってきました。
一年を通して特に乾燥がひどかった冬もなんとか乗り越えられました。

とてもコンプレクッスだったものが、日々の努力によって改善されていき、
評価されることはとても嬉しく自信にもなっていきます。
本当に毎日頑張ってきてよかったと実感ができます。

同性から褒められることもとても嬉しいですが、
異性から肌が綺麗だと褒められるともっと嬉しく思いました。

自分の肌が綺麗だと思われることで
より一層乾燥に気をつけて毎日ケアしていこうと励みにもなりました。

 

肌に自信がつくことで友人関係や異性関係までも充実

 

肌の乾燥がひどく、ファンデーションで肌の汚さを隠そうとしてより汚くなっていた頃は
気分が落ち込み外出も少なくなっていましたが、

ケアを取り組むことで肌が改善されていき、
自信がつき表情も肌も良くなっていくことで、
自分自身の生活がより活発になったことがよかったと思います。

肌を改善することでいろんなことが付随してより良くなるとは思ってもいませんでした。
肌に自信がつくことで友人関係や異性関係もより充実したものになりました。

自分のコンプレックスは他人にとっても取るに足らないものだと思いますが、
どんな小さなことでも自分の努力で改善することができるのだ、そのことでこんなにも生活が変わる、
と知れたことはこれからの生活や人生観にもとても影響したように感じます。

 

肌を健康に保つ=心の健康を保つということ

 

女性は肌の状態1つで周りからの印象や自分自身の評価、
表情も人生観も変わっていくものだと自分の経験で知りました。

女性にとって肌の状態を保つことは生活の中でも、とても大切なことかもしれません。
乾燥は自分の毎日のちょっとしたケアで絶対に変わっていきます。

毎日の生活、心の状態をより豊かにするために
基本的な洗顔、保湿を改善していくことはとても重要です。

そしてそれはそんなに大変なことではありません。ぜひ毎日のケアを見返してみましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です