化粧品かぶれで敏感肌に、改善のポイントは皮膚科の薬と肌断食

化粧品販売の仕事、色々な商品を試した結果肌が赤く荒れた

 

今は敏感肌という程ではないですが、
以前化粧品販売の仕事をしていた時に肌がものすごく荒れたことがありました。

私が以前、化粧品販売の仕事に就いた時に、
たくさんのメーカーを扱っている化粧品売り場で商品を扱って販売をする関係で、
商品を知って販売をする関係上、様々な化粧品をたくさん試したことがありました。

低刺激、敏感肌用も試しました。
新製品が出ればシリーズで使ったり、
ありとあらゆるメーカーのものを使いました。

そんな時に、ちょうど季節の変わり目の5月頃、
何を使ってかぶれたのか、
ある時から顔が真っ赤になって化粧も出来ないくらい荒れたことがあります。

今までにない経験でした。
水以外は全てしみて何もつけたくない状態です。
普段よりも肌が乾燥しているので、
何かつけないと突っ張って痛いのでとても悩みました。

色んな化粧品を使っていたので、何が原因か特定できず悩みました。
症状はとにかく顔の皮膚が赤く、何か触れるだけでヒリヒリする感じでした。

ちょうど友人の結婚式が控えていたので、
その時までには治したいと思っていました。

化粧品を扱うので、この顔では仕事が出来ないので、
治るまでは系列のドラッグストアのレジをさせてもらいました。
この時の心境は、治らなかったらどうしようと考えたり、
異性に見られたくないなどマイナスな気分でした。

 

敏感用化粧品の資生堂Dプログラムでさらに悪化

 

すぐに皮膚科に行くのが正解なのですが、自分の休みの兼ね合いもあり、
しばらく敏感肌用の化粧品をつけてその場をしのごうと考え、
資生堂のDプログラムのシリーズも使いました。
ですが、症状がひどいからか、ヒリヒリは治らず更に悪化しました。

もうこれではダメだと思い、友人に相談したところ、
とにかくワセリンを使うといいとのことで、ワセリンを使いました。
水分のある化粧品だとしみたりするので、
ワセリンのような油だとわりとしみにくかったです。
つけてすぐはベタベタしましたが、皮膚の痛みが何よりしなかったです。

洗顔も、どうしてもファンデーションで皮膚の色を隠したかったのでつけていました。
当然落とさないとなりません。
お湯ではしみて痛いので、水に近いぬるめの温度で洗顔料だけで洗っていました。

 

原因は化粧品かぶれ!皮膚科の塗り薬ですぐに効果が!

 

あまりに酷かったので、休みの日に近所の皮膚科に行きました。

化粧品かぶれでしょうとのことで、
ワセリンとステロイド剤の混合の塗り薬をもらって塗りました。
すると、2~3日で赤みがひき始め、角質がボロボロ取れました。

フケみたいなものが出て、それはそれで困りましたが、
下からきれいな新しい皮膚が再生し、症状は良くなりました。
皮膚が荒れる前よりもきれいな皮膚になりました。

不思議です。
友人の結婚式までに治るか心配でしたが、きれいな肌で行くことが出来ました。

それまではマスクをして外出したり、
人に顔のことで同情されて気を遣われてしまったりしていたのが、
堂々と良くなったとばかりに人に話すことが出来たのと、
久々に化粧のノリが良くなり、何をつけても皮膚が荒れず、
楽しんでまたメイクをすること出来ました。

 

私の肌は敏感肌用化粧品では手に負えないほどだった

 

化粧品の仕事をしていたので、店長やメーカーの方からは心配されました。
敏感肌用のサンプルを使ってみたらといただいたり、
お湯で洗わないで水か少しぬるめの温度で洗ってみてとアドバイスをもらいました。

いろんなサンプルをいただきましたが、
ここまで荒れてしまっている場合は、もう敏感肌用化粧品では手に負えないし、
あれこれかえって使わない方がいいと実感しました。

皮膚科に行き、薬やワセリンのみで対処し、
よくなってきているねと一緒に心配してくれました。

肌が荒れて、後ろ向きになっている時に、
職業柄か心配してくれたのと
一緒によくなっていく過程を見て喜んでくれたのが嬉しかったです。
わあ、かわいそうと汚いものでも見られたら嫌だなと思っていたので、そこは安心しました。

 

あの時期は超敏感肌だった、肌断食も改善のポイント

 

私の場合は、化粧品かぶれで、
敏感肌用の化粧品でさえもヒリヒリしてしみてしまうくらい悪化していたので、
その時期だけは超がつくほどの敏感肌だったのだと思います。

そこまでくると、敏感肌用の化粧品は使えないので、
薬やワセリンに頼るしかありません。

ここまで肌の状態が悪くなると、あれこれいろんなものをつけず、
季節的な乾燥がなければ、何もつけないのがベターです。
ですが、私は5月になってしまったので、
微妙に乾燥する時期ですこし辛かったです。

結果的にスキンケアはお休みして、
洗顔が夜のみ水に近い温度で優しく行ったのが良かったようでした。
どんな高級な化粧品でも荒れる時は荒れること、
敏感肌用でも合わないことがあることを学びました。

 

肌が荒れてる=敏感肌ではない、使わない選択も大事

 

敏感肌用は全ての肌の人に合うだろうと思われがちです。

敏感肌だから合わないわけはないと思って、
肌が荒れているのに頑張って無理して敏感肌用を使わない選択も大事です。
中には合わないこともあります。

敏感肌用は、確かに刺激になるようなアルコールなどが入っていない商品が多いです。
ですが、乾燥が進んで粉を吹いていたり、
赤くなって血が滲みそうな状態ではどんな化粧品もしみて痛いです。

ここまでくると、皮膚科の薬やワセリンを塗ったほうがいいです。
洗顔も優しく、水に近い温度で洗うと皮膚の油分を取りすぎず
刺激を和らげることも出来ます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です