グロテスクな額のニキビ、根本原因は会社のストレスだった!

グロテスクな額のニキビ、ケア方法も分からず悩み

 

額のあちこちに複数のニキビがポツポツと散らばっている状態でした。
一つ一つのニキビは小さめのものだったのですが、
数が多かったので、ブツブツの汚らしい肌でした。

発見したときはとてもショックでした。
一つ二つくらいのニキビならこれまでもできたことがあったし、
憂鬱にはなるものの、そこまでショックを受けるほどでもなかったのですが、
額中にニキビができていて、正直グロテスクに見えました。

ニキビを見つけたときは、いつも針で潰して白い芯を出してしまえば
あとはあとは自然に治るのですが、
この時は潰しても潰しても新しいニキビがすぐできてしまう状態でした。

何故こんな状態に?という疑問と同時に、
一体どうしたらいいんだろうと解決策がわからず悩みました。

 

ナッツ入りのチョコがニキビの原因?できるところから改善

 

まずは洗顔料を変えてみようと思い、ニキビケア用の洗顔料に変えました。

当時ビオレの洗顔料をつかっていて、効果はさほど期待していなかったのですが、
ビオレにはニキビケア用の洗顔料も販売されていたため、
とりあえず洗顔料を変えるだけなら簡単だしと思い、変えてみました。

実際に効果があったのかどうかは正直わかりません。

あとは、食生活を見直してみることにしました。
見直していくと、チョコレートをよく食べていることに思い当たりました。

しかもナッツ入りのチョコを好き好んで食べていたため、
これが原因になっているのではないかと思い、
とりあえず食べるのを控えるようにしました。

ニキビを潰すときに使っていた針(裁縫針です)も、
消毒など特にせず針刺しから抜いてそのまま使っていたので、
菌の温床になっているのではと思い、
熱湯で消毒して雑菌が入らないようにしました。

 

ストレス→ニキビ→ストレスの無限ループの原因は会社!!

 

一生このままなのではと思ったこともあったため、
ちゃんとキレイに治ったときはホッとしました。

実は後々わかった事なのですが、ニキビの大きな原因になっていたのが
当時働いていた会社でのストレスで、
ニキビの改善には会社を辞めたことが大きく影響しました。

会社でストレスがたまる、ニキビができる、
ニキビができた事でまたストレスがたまる、と
雪だるま式にストレスが増えていっていました。

しかし、会社を辞めたことでストレスの連鎖が止まり、
新たにニキビが出てこなくなっていき、ニキビによるストレスも減るという
正の連鎖に変わっていきました。

ストレスが原因だと気づいていなかった頃は、
ニキビが改善しないのも自分の食生活や洗顔の仕方など、
とにかく自分に原因があると感じていました。

ですから、自分に対する怒りが強かったのですが、
そうじゃなかったんだとわかったことで、
自分を責めることもなくなり、気持ちが楽になりました。

 

根本的な原因を絶たない限り、ニキビの状態は変わらない

 

ストレスでニキビができるなんて思いもしなかったので、
今後ニキビができた時に、もしかしたらストレスがたまっているのかも、
という視点も持てるようになったことは意味があったのかなと思います。

ニキビの直接的な原因になったと思われるチョコの食べすぎも、
なぜあんなにチョコを食べていたんだろうと思い返すと、
その原因もストレスにありました。

ストレスが解決しないうちはいくらチョコを控えようと思っても、
食べたくて食べたくてしょうがなくて、上手く止めることができませんでした。

やはり根本的な原因であるストレスを自分で認めないことには、
ニキビ用の化粧品を使ったりしてみたところで、治るものも治らないんだなあ、と
一つ勉強になりました。

 

ニキビの原因をきちんと突き止てケアしよう

 

ニキビの原因が何であるのかを自分で把握することが大切だと思います。

特に若いころのニキビは、ただの皮脂の過剰分泌で済むかもしれませんが、
大人のニキビは要因が複合的な場合もあるので、
化粧品を変えるだけ、食生活を変えるだけ、では
なかなか治りにくい事もあるかもしれません。

化粧品が合わずにニキビができる、食生活が乱れてニキビができる
といったことも、元を辿るとストレスが隠れていた、ということもあるかもしれません。

もし化粧品を変えても食生活を変えようとしてもニキビがなくならなくても、
自分を責めたりせず、まずはストレスの原因と向き合ってみるのが
いいのではないかと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です