隠すメイクは肌トラブルを完治と再生から遠ざける、適切な治療とケアを!

その場しのぎの乱暴なケアを反省した、20代後半

 

20代前半は肌トラブルは一切無く、出来るとしても生理前や
甘い物を食べ過ぎたら1つ2つ出来る程度でした。

25歳を過ぎたあたりからフェイスラインや 口周りに頻繁に出来るようになり、
治っては出来ての繰り返しにうんざりしていました。

市販の薬や自分で潰してはファンデーションで埋めるという荒治療を
何年か繰り返していました。

20代後半になり、朝起きてすっぴん状態の肌を見ると
全体的にくすみ繰り返し、潰していたニキビは跡になり始めているのを見て
若い頃の様にファンデーションやコンシーラーを駆使して隠す事が
急激に虚しさと悲しさを感じるようになりました。

もういたちごっこは止めて、ちゃんと自分の肌と向き合って
治していこうと決めました。

 

肌トラブルに特化した、詳しい皮膚科へGO!

 

まずは今の肌状態と対策を考えなければいけないと思い、
近所の皮膚科に行ったものの、今ひとつ納得がいかず友人に相談すると、
昔からある皮膚科は、肌トラブルに重きを置いていない場合があると教えてくれました。

友人の口コミやインターネットで、
肌トラブルに特化している皮膚科をピックアップし始めました。

また、ずっと愛用していた、カバー力重視のリキッドファンデーションや
コンシーラーの使用を止めました。

アラサーの今の肌に上記のアイテムは重たく感じたからです。

 

皮膚科に通ううちに肌だけでなく、生活習慣も改善

 

信頼出来る皮膚科を見つけ通い出すうちに、肌は改善されていきました。

生活も少しずつ変化していきました。
朝起きてブラックコーヒーを飲んでいたのを白湯に変え、腸内環境を整えます。
水分も意識して取るようにしました。

日々の積み重ねで、体の中から綺麗にしていきたいという気持ちが
芽生えるようになりました。

早寝早起きを意識して、
今まであまり摂取していなかった野菜も積極的に取ることで、
くすんでいた顔色が、少しずつではありますが明るくなり始めました。

今まで必死にファンデーションとコンシーラーでニキビを隠すために
朝のメイクタイムに40分以上を費し、
上手く隠せない日は朝から落ち込んだりイライラしていましたが、
早寝早起きをし心がける事で自分自身にゆとりが生まれました。

 

隠すメイクをやめて「キレイになった」と言われることが増加

 

隠すメイクを止めてから、「前よりずっと綺麗になったね。」と言われる機会が増えました。
今まで必死に隠していたのが何だったの?と笑ってしまうほどです。

「顔色が明るくなったね。前は少し元気がなく見えたから。」
と遠慮がちに言われた時は衝撃的でした。

きっと皆、今まで私が肌荒れを隠すために重ねていた化粧を見て
何も言えなかったんだろうと思います。

また、以前は夕方近くに起きて夜に合流し朝方までお酒を飲んで、
翌日は二日酔いで一日を家で寝て過ごしていましたが、
早寝早起き生活の効果で朝が強くなり、友人達と朝活などの頻度も上がりました。

今まで知らなかった地元の景色やお店に足を運び、
モーニングをしたりウォーキングをしながら恋バナをする楽しさを知りました。

 

信頼できる医師との出会いが、にきび改善のターニングポイント

 

一番に、自分に合った病院を探した事で、
自分の肌と向き合う事が出来ました。

信頼出来る先生のアドバイスをしっかりと受けとめ、
日々積み重ねていきました。
今も完璧な肌ではありませんが以前よりずっと自然な肌です。

隠すメイクをしていた頃は、
分厚いファンデーションに合わせた派手なメイクに派手な服装でした。

私は派手な服装が好きだからと思いながら、心の片隅で
アラサーなのに痛くない?若い子と並ぶと厳しいよね?と
自問自答していました。

でも今は違います。

明るい色は好きで今も着ていますが、以前の様な奇抜さはありません。
ファンデーションも憧れていた艶感のある商品を選べます。

友人とスキンケアやコスメの話をするのがとても楽しくて
本当にニキビケアを行ってよかったと実感する日々です。

 

肌荒れは、隠せば隠すほど再生や完治から遠のく

 

まずは自分の肌と向き合って欲しいです。今どんな状態ですか?

気になるけど気にしないようにファンデーションで隠しても分かるんです。
隠した時間が長い程、肌の再生や治療に時間がかかってしまいます。

私達の肌は一生の付き合いです。
だからもっと大事にしましょう。

適切な治療と日々のスキンケアや生活習慣の改善で肌は蘇ります。
根気よく続ける事でターンオーバーのサイクルが整い始めます。

隠さないで肌と向き合って日々を楽しみましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です