笑うと痛い乾燥性敏感肌、細いシワの大量発生もつらすぎる!

笑うだけピリピリ&細いシワが大量に出現し、笑うことができなくなった

 

乾燥性敏感肌で、白く粉が吹いて顔がいつも痛かったです。

ストレスがたまっていたり、体調が悪かったりして
いつも以上に肌が敏感になっている時は、
敏感肌用化粧品でも顔が真っ赤にかぶれてしまい、
肌はボロボロで毎朝鏡を見るのが苦痛でした。

乾燥しているのに、肌が刺激に弱いため常にニキビもできていて、
不潔にしているわけではないのに清潔感が感じられず、
人を不快にさせているのではないかといつも不安でした。

何よりまず自分が自分の肌を見ると気持ちが悪くて不愉快で仕方がなかったです。
笑うと顔がピリピリ引き攣って痛くなるし、
乾燥がひどいため細かいシワも沢山できるのが嫌で、自然と笑顔が減ってしまい、
面白い話を聞いても反応が薄くなってしました。

 

乾燥性敏感肌に良いキュレルと石鹸で肌に優しいケア

 

まず、化粧品やバスグッズを肌に優しいものに変えることにしました。

基礎化粧品を乾燥性敏感肌に良いと言うキュレルに変えて、
よくなるまでメイクはしばらく休むことにしました。

特に荒れている部分には、外出先でもこまめにスクワランオイルや馬油を塗るようにしました。
ニキビにも馬油をちょこちょこ塗りました。

シャンプーは石鹸シャンプーにして、
体を洗うのもボディソープから石鹸に変えて、
ボディブラシはナイロンから絹に変更しました。

 

ポーカーフェイスと言われた私が、思いっきり笑えるように

 

まずニキビがなくなり、肌の印象がかなり変わったので、気持ちが上向きになりました。
荒れがちだった目の周りも見違えるように肌が回復したので、
眉やアイシャドウのポイントメイクは再開したので、すっぴん感が薄まり自信がついてきました。

笑っても痛くて顔が曇らなくなったので、
会社の人や友人、家族とくだらない話をよくして笑いあえるようになりました。
よく、表情を作りにくいだけなのにポーカーフェイスと言われるのが気になっていたので、
思い切り笑えるようになったことが1番嬉しく感じましたね。

明らかに私の周りの空気が変わったので、
笑顔は場を和ませるんだなとしみじみ感じ、
なるべく笑顔で人に話しかけるようにしようと思いました。

 

過去に敏感肌を改善した人は食事やサプリなども摂取していた

 

同じく敏感肌でニキビができやすい友達からはすぐにどうやったの?と聞かれたので、
基礎化粧品を変えたことと、メイクをやめたことを教え、
一緒に敏感肌による肌荒れを改善していくことにしました。
また、肌が綺麗な人からも色々聞かれました。

以前は肌が綺麗な人と美容の話ができるなんて思ってもいませんでしたが、
さすがに意識が私と違って高く、勉強になりました。

実はその人も過去に敏感肌に悩んでいて、
食事やサプリなど内側からのケアを心がけていると教えてもらいました。

食事は精進料理を家庭向けにアレンジした、
旬の野菜を中心にした物を食べているそうです。
オススメ食材やレシピ本を聞いて、私も参考にして食生活を見直すことにしました。

 

肌敏感肌も自分の個性、うまく付き合っていこう

 

以前は周りの人との間に知らず知らずのうちに壁を作っていて、
会話を楽しむとか笑い合うことを避けていました。

スキンケアに取り組み、改善される中で私が明るくなってきたため、
周りの人との距離が段々縮まりました。
それまでも決して疎かにしていた訳ではなかったのですが、
人とのコミュニケーションが自信のなさからうまく対応できなかったです。

汚いと思われたらどうしようと言う不安がいつもあったのが原因だったのではないかと
今は考えていますが、それが解消されたことで、
コミュニケーションがスムーズにできるようになったのが1番良かったなと思います。

敏感肌自体は完治していませんが、ネガティヴにならずに、
自分の個性としてうまく付き合って行こうと思えるようになりました。

 

完治が難しい敏感肌だけど、体に良いことを続ければ改善される

 

1人が無理なら周りの人に相談したり、お医者さんの力を借りるのも良いと思います。
しかし、敏感肌は何が原因なのかなかなか特定しづらく、完治が難しいと思います。

それでも、肌に良いこと、体に良いことを地道に続ければ必ずよくなるはずです。
根を詰めすぎてストレスが溜まるのも肌にはよくないので、
自分ができる範囲で無理をせず、とにかくよい習慣を長く継続して、
根本治療に取り組むことが大切だと思います。

一緒に続けてケアしていきましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です