美白化粧水で肌がヒリつく敏感肌はタンパク質と水で内側からケア

美白化粧水で肌がヒリヒリ、肌に当たる髪の毛で肌がかゆい

 

美白の化粧水を使っていましたが、どうしても肌がヒリヒリする毎日でした。
もちろん美白になることもなく、つけると赤くなって染みている感じがしていました。
一時的なものか、美白の化粧水って初めてだから最初はこんなものなの?と無知な私は思い、
そのまま使い続けていました。

また、髪の毛が当たるだけでかゆい感じがするし、
寝ている時も、枕に頬が擦れるだけで痛痒い感じがあり、
なかなか寝れないくらいでした。

そんな肌を見た時に、
このままずっとこんな感じだったら、
まともにお化粧もできなくなるなあと悲しくなりました。

スキンケアも以前より面倒に感じていき、
化粧水をつけない方が肌にいいのでは?と考えてスキンケアをお休みしたり。
女子は面倒くさいなあと思い始めていました。

 

肌の元はタンパク質、植物性のプロテインとキレイな水で肌作り!

 

敏感肌を克服するために、まずは内側を整えることに取り組みました。
具体的には、お肌のもとになる良質なタンパク質の摂取、
きれいなお水を毎日2リットル以上飲むことから始めました。

タンパク質は植物性のプロテインを毎日2杯飲むことで
コンスタントに体内に入れるように習慣づけました。
お水も毎日鞄に入れて持ち歩き、気づいたら飲むようにしました。

なぜこのようなことをしようと思ったかというと、
インナーケアの大事さに気づいたからです。

というのも、肌が荒れどうしたらよいかと考えて
色々なスキンケアブランドを転々とし、安物から高級ブランドまで使いました。

結果、よくならない、ということは
外からだけでは全然足りないのでは?と気づいたのです。
そして、栄養学のセミナーに行き、肌はタンパク質で出来てると知り、
先に書いたことに取り組み始めました。

 

スキンケアを通して生活レベルも料理の腕まで向上!?

 

敏感肌が次第に改善されていくと、スキンケアをすることがとても楽しくなりました。

毎日自分の肌と向き合う時間は、
今の自分がどんなコンディションか確かめられる大切な時間です。

食生活が乱れると小さなニキビができたり、乾燥して皮がむけたりと、
今までよりもお肌が出すシグナルに気づけるようになりました。

そうすると、食生活を気をつけるようになり、外食を少なくして自炊したり。
結果、節約にもなるし料理の腕もそこそこあがりました。

最初はお肌を綺麗にしたいと思い取り組んでいたことでしたが、
生活レベルがどんどん向上していくようになり、
お肌が綺麗になって嬉しいプラス毎日の生活が楽しくなりました。

お化粧、スキンケアさえも面倒に思えてきていましたが、今は全て楽しみながらやれています。

 

インナーケアは周囲からは不評、それでも継続して肌がキレイに

 

最初周りからは、
「そんなに水持ち歩いてすごいね(笑)」
「プロテインとかムキムキになりたいの?(笑)」
と私の取り組みを応援してくれる人はあまりいませんでした。

しかし、めげずに毎日決めたことをやり、私の体質、肌質が少しずつ変化していくことで、
周りから以前より明るくなった感じがすると言われたり、
初対面のひとからは年齢より若く見られることが多くなってきました。

最初は周りから色々言われて沈むこともありましたが、
自分が信じたことをやってきたおかげで肌も綺麗になり、
気分も上がり、周りにも褒めてもらえるまでになって本当に嬉しかったです。

色々めげそうになることを言ってくる人がいる反面、
私のことを理解して応援してくれるひとも少なからず出てきて、
そこでまた人の優しさにも触れられてよかったです。

 

外側のケアだけでは肌は完治しない、肌の構成要素を知り肌を整えること

 

まずは体の内側を変えていくことが大事だと気づいたことが1番良かったです。

肌へのケア、というとよく見るCMは
全て外側から浸透とか潤いを与えるとか、アウターのことしか謳われていません。
しかし、それをやったところでお肌は完全にはよくならないし、
合うスキンケアを見つけるまでに時間とコストがかかりすぎます。

まずはお肌を整える。
整えるには肌が何で出来ているか知ること。
そのうえで、今の自分の肌に何が足りていないのか、
何を摂取して、何を摂取しない方がいいのか。

ここまで自分のお肌と向き合うことってなかなかないです。
敏感肌になってとても辛い日々もありましたが、
改めて自分を知るきっかけになったので、敏感肌になったからこそ今があると思います。

 

内側から肌に栄養を入れて肌を100%整えよう

 

敏感肌って少しの刺激でかゆみや痛みを感じたりしますよね。
それは肌が100%の状態ではないからです。
凸凹だったり、まだ赤ちゃんなのに外側にむき出しで出てきてたり、
と完璧じゃないから刺激を敏感に感じてしまっているんです。

まずはその肌を100%整えることを意識しましょう。
高い化粧水だけでは整いません。
内側からお肌を作る栄養をたっぷり入れましょう。

そして肌は一日にして綺麗にはなりません。
途中面倒になって投げ出したくなる日が来ると思いますが、
何のために始めたのか、1年後も同じ肌でいたいのか自問自答すると続けられます。

まずはできることから取り組んでみましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です