オイリー肌は実は水分不足!?正しい知識で頑張りすぎないニキビケア!

赤色、白色、黄色、顔中隠し切れないニキビでいっぱい

 

思い起こせば思春期からずっとニキビ肌。
常に肌には赤ニキビ、黄ニキビ、白ニキビ。

気になって指で潰してしまい、治ったかと思えば次に出現するのは
赤黒いニキビ跡。
おでこから顎まで、ニキビが顔全体に広がっていました。

成人してからは、
生理周期に合わせて、大きな赤いアダルトニキビができるようになり、
さらに仕事が忙しい時には化粧では隠れないような赤みとボコボコに悩まされていました。

朝起きてきて鏡を見る度に「また出来てる…」と落ち込むことは毎日で、
今日はいつもより調子が良いと思える日でも、
ドラッグストアのような明るい店内で鏡を除きこむと、
やはり気になるおでこ、顎、口元のニキビ……

肌に良くないと思いつつ、マスクで隠して外出することも多々ありました。

 

オイリー肌は実は水分不足!?ニキビケアの正しい知識

 

このままじゃダメだ、ニキビケアに取り組もう!と思い立ってから、
まずは保湿をしっかりやることに決めました。

これまでは洗顔後に化粧水や乳液をいくつも重ねるのは面倒だし、
自分はオイリー肌だから保湿は必要ない、と思い込んでいたのです。

しかし、ニキビケアについて色々調べていくうちに、
逆にオイリー肌の原因が水分不足にあることが分かり
これまでのケアを反省しました。

その後は毎日の習慣として、お風呂上り肌から水分が飛んでしまう前に、
しっかり保湿することを心掛けました。

 

ニキビが改善された喜びで、百貨店のカウンターでメイクレッスン受講!

 

それまでは、肌の綺麗な同年代女子を見るたびに、
自分と比べて落ち込んでいたものです。

いくら良いメイク用品を使っても、隠れてくれない大きなニキビ。
もう化粧することも億劫になっていました。

ところが、ニキビがだんだん改善されていくと、
メイクのりも良くなってきたのです。

肌のトーンも以前より明るくなってきて、
鏡で見たときもほとんど気にならなくなってきました。

そうなるとメイクして外出することも楽しくなり、生まれて初めて、
百貨店の化粧品カウンターでメイクアップレッスンを受けたりもしました。

ニキビが改善されるだけでこんなに明るい気持ちになれるなんて!
人の目が気になることも、風邪を引いていないのにマスクをして
出かけることも無くなりました。

 

女子会でもメイクやスキンケアに関する情報交換をできるように!

 

ニキビが酷かった時は、「肌が荒れているね、大丈夫?」なんて心配されて、
他人から見てもそんなに酷いのかとショックを受けることも多かったです。

そうなると女子の間でよくある「お肌と化粧品」に関する話題も、
つい避けがちになっていました。

しかしだんだん肌が改善されて一番の悩みの種がなくなることで、
女子会などの時に自分からメイクの話題を出すことも増えてきました。

そして肌の綺麗な学生時代からの友人から、
「昔と比べて、今の方がずっと肌がきれいだね」と言われた時は、
本当に嬉しかったです。

私がニキビケアを頑張っていると知った同僚には、
どんなことをやっているか聞かれたり、
おすすめのケアについて情報交換するようにもなりました。

 

ニキビがあった頃は異常なほど人目を気にしていた

 

肌が綺麗になってメイクが楽しくなったことももちろんですが、
何よりも自分に自信がついて、人目を気にすることが無くなったことが、
一番良かったなと思うポイントです。

ニキビがある頃の自分は、いつもニキビのことを気にしていて、
面と向かって他人と会話することが何よりも苦手でした。
「この人も私がニキビだらけ、なんて思っているのかな」と
気にし始めると、友人や同僚との会話も心から楽しめませんでした。

そんな私も、ニキビケアに取り組んで肌を改善させることで、
必要以上に人目を気にして思い悩むこともなくなりました。
今となっては、逆に気にしすぎもストレスになって良くなかったのではと
感じています。

たまにニキビが出来ても、すぐに治せるから大丈夫、と
前向きに考えられるようになりました。

 

頑張りすぎは悪循環の元!ケアは気長に続けよう!

 

肌が綺麗な人と自分を比べて落ち込むことも多いかもしれませんが、
自分に合ったケアを適切に続ければ、きっとニキビは良くなります。

ニキビを気にして色々な薬を塗ったり、やりすぎることも良くないですし、
必要以上に頑張りすぎてしまうことは却ってストレスになってしまいます。
まずはシンプルに自分に合う方法を探してみてください。

だんだんと蘇る自分の肌を見るのは、とても楽しく幸せなことです。
いつかニキビがあったときのことなんて忘れてしまえることを信じて頑張りましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です