皮膚科の薬で治らなかったニキビは洗顔後の化粧水で良くなります

高校生でできたニキビ、バンドエイドがニキビ悪化の原因に

 

当時、高校生で部活もしていたので、汗をよくかいており、
そのまま放置していたらすぐにニキビができる状態でした。

初めのうちは、洗顔さえしていたらすぐに治るだろうと思っていましたが
なかなか治らず、かつ増えていきました。

もちろん、思春期だからできてしまうのは仕方がないと思っていても
同級生のなかには全くニキビも無くて肌の綺麗な人もいたので
そのような人をみると羨ましく思っていました。

治ってはでき、治ってはでき、の繰り返しでした。
時には、バンドエイドやマスクを使って隠したりしていましたが、
それがかえってニキビを悪化させる結果となり、
憂鬱になっていったのを思い出します。

そんな状態だったので、ニキビが治ったりした時は、
一時的とはわかっていても嬉しかったです。

 

皮膚科の薬でニキビは治らず、洗顔後の化粧水で良くなってきた

 

ニキビが増えてきたとき、まず、皮膚科に行きました。
塗り薬とビタミン剤をもらいましたが、なかなかすぐには治らなかったです。
また、定期的に病院に行くのも面倒だったのですぐに行かなくなりました。

親に洗顔の後に化粧水を使うことを勧められ、使用するようになりますた。
化粧水を洗顔の後に使用するだけで、ニキビができる頻度が減りました。
そうすると、気分もよくなってきました。

 

ニキビがないことで気分がアガる、勉強や部活により熱が!

 

ニキビがあると、
誰かに「あの人ニキビがある。」と言われているような気がしていました。

でも、ニキビが減るにつれてそのようなことは思わないようになり、
自分からなんでも積極的にするようになったと思います。

鏡をみてもニキビないとなると気分もあがり、
勉強や部活などにも、今まで以上に熱が入りました。

また、可愛いくて話をしてみたいなと思っていた先輩や後輩にも
自分から進んで話ができるようになりました。

ニキビがたくさんできていた時には、全く気付いていなかったのですが、
周りの人は、自分が思っているほどニキビのことを気にしていませんでした。
思春期にはだいたいの人ができるものだと思っているからでした。

 

ニキビのあるなしで私の気分は雲泥の差

 

ニキビケアをしていくと、肌がきれいになるので
「ニキビがなくなったね。」とか、「肌がまたきれいになったね。」と
言われることがとても多くなりました。

言われる度にとても嬉しかったのを覚えています。
ニキビがあるのとないとでは自分の気分が全然違んだなと改めて思います。

気分が違うだけで一つのことをするにも速さなども全然違いました。
ほんとに10倍ぐらい違ったんじゃないかなと思います。

また、気になる人と話をする時も、
ニキビがある時は、顔を見合わせての会話が出来なかったのですが、
ニキビが減ることで、目を見て話すことができるようになったので、
相手に与える印象もだいぶ変わったようです。

 

不愛想な性格から真逆の愛想の良い性格に

 

気になる人や好きな人、先生に対してもそうですが、自分の場合は
ニキビが無くなると、face to faceで話が出来るようになりました。

人と話をすることが元々とても好きでしたが、もっと好きになりました。
また、顔を上げて話をするようになったこともあり、
初対面の人には特に、良い印象をもってもらえるようになり
よいことだらけでした。

ニキビがあった当時は、
不愛想や元気がない人と思われることが多かったですが、なくなった後は、真逆になりました。

友達や先生、親までもが「だいぶ性格変わったね。」と
驚いていたほどでした。

ニキビがある時が極端に暗い感じの印象があったのかもしれませんが。
人に褒められるとやっぱりテンションはあがるし、嬉しいものでした。

 

ニキビは化粧水と保湿でよくなります

 

ニキビがある時は、潰したりしたくなりますが
絶対にそのようなことはしないでほしいです。

自分はニキビが出来だした時に潰したりしていたので、
いまだにニキビ跡が残っています。後悔しています。

いくら肌がきれいになったとしても跡が残ってしまっては悲しいです。
後から治療をするとなるとお金もかかりますし。

ニキビが出来ると私が語ったように隠したりしたくなると思いますが、
洗顔と化粧水による保湿をしっかりすることによってだいぶ治まります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です