繰り返しニキビ肌だった私のオススメはハウスオブローゼの洗顔料

ぶつぶつ→赤ニキビ→白ニキビ→潰してニキビ跡 の繰り返し

 

最初はぶつぶつできているだけでした。
それが気になるので触ったりしていると、
だんだんニキビが赤くなっていました。

また白くなっているとつい芯を出して潰してしまい、
そこが治ってくると、また気になり触る……という繰り返しでした。

そんなことを繰り返していると、ニキビ後が残るようになり、
気がつけば凸凹してしまいました。

いつも触っている場所が化膿して、
友人に「痛々しい」と言われていました。

とにかく余分な油分を流して清潔にしなきゃ!と思い、
洗顔をしすぎるせいか、結局足りない油分を過剰に肌が出して
オイリーな状態になっていたと思います。

自分でもこんなに気にしてケアしているのに、
いつまでもいたちごっこできれいにならないので、嫌気がさしていました。

 

油分を落としすぎないように朝のクレンジングは中止

 

化粧をし出すとみんな、コンシーラーなどで隠していましたが、
私はまずニキビ自体をなんとかするために、スキンケア、
特にクレンジングと洗顔を重視しました。

クレンジングについては、汚れが残っては嫌なので、
つい、力を入れていましたが、できるだけ力を入れず、とにかく優しく、
お豆腐が割れないような力加減で撫でるように洗うよう、心がけていました。

また、汚れをとらなければ!と、
朝の洗顔前にもクレンジングをしていましたが、
油分を取りすぎて余計に乾燥してクリームを塗ってしまう……
という悪循環になるので、止めました。

洗顔もクレンジング同様、とにかく優しく。
顔全体を丁寧に扱うように心がけました。

 

ニキビが治ったことで流行のカラーメイクも楽しめる!

 

とにかく根気強く続けた結果、高校を卒業する頃にはニキビは治まり、
昔のニキビ跡が少し赤く残る程度でした。

ニキビがある頃は、おしゃれしようと思っても何となく自信がなく、
ファッションも幼めやカジュアルなものを選んでいたように思います。

肌が改善されていくと、メイクもできるようになり、
それに合わせてファッションも女性らしい、
大人っぽいものを選ぶようになりました。

また、肌がきれいだと、メイクが楽しくなり、
最初は無難なカラーを選んでいましたが、だんだんと流行りのカラーを
取り入れたり、ラインもしっかり入れるようになったり、
マスカラもベーシックなカラーでなく、季節に合わせてブルーやパープルなども
取り入れるようになりました。

生活面では、体の内側からのケアも気にするようになり、
「ニキビのもとになるものをあまり摂取しない」「睡眠はしっかり取る」
など、規則正しい食事と生活を心かけました。

そのせいか、気持ちも落ち着き、自信が持てるようになったことで、
いろんなことに積極的になりました。

 

私のオススメスキンケアはハウス オブ ローゼの洗顔料

 

周りの友人からは「肌きれいね」と、よく言われるようになりました。
あんなに悩んでいたニキビ肌からの変化に飛び上がるくらい嬉しかったです。

また、高校生の頃は、私自身が肌のきれいな友人にスキンケアを聞いて
回った、雑誌や本を読みあさっていましたが、
今度は私の方が友人から「どんなスキンケアしているの?」と聞かれ、
教えてあげることが多くなりました。

ハウス オブ ローゼの洗顔料は、ホントによく紹介していました。
ニキビに悩む友人をよくカウンターへ連れていっていました。

また、みんなに「肌、きれいね」と言ってもらえるので、
もっともっときれいになりたいという願望が大きくなり、
美白など、シミ対策を熱心にするようになりました。

 

30年後の今も基本のスキンケアは変わらず、でもキレイな肌をキープ

 

やはり、今の肌に満足しているということでしょうか。
この歳になった今も、基本のスキンケアは変わっていません。

けれど、未だに
「肌が艶があってきれい」「シミが少ない」
「同年代とは思えない」などと言っていただきます。

年齢を重ねる毎に、それまでのお手入れの成果は如実に現れてしまいます。
気づいてからでは取り返せないので、続けていてよかったと思います。

ホントに特別なことは今はしていませんが、学生の頃にニキビで悩んで、
いろんなスキンケアを試して、自分に合うものを早くから理解して
それを続けていけたから、今の肌があると思います。

素肌がきれいだとコンシーラーも要らない、
ファンデーションも薄くていいから、
化粧崩れもしにくい、メイクも短時間で仕上がる、など、
いいことだらけです。

 

スキンケアはとにかく「継続は力なり」

 

若いときのニキビはホルモンバランスなど、
自分では対処できないこともあるかもしれません。
が、そのあとからがホントに大切だと思います。

今、肌が荒れているからダメだと諦めず、
自分に合うスキンケアを見つけるためにトライアルしてみてください。

皮膚は繊細です。
特にお顔の皮膚は薄いので、ホントに優しく扱ってあげてください。
つい力を入れると、ニキビの悪化やシミやニキビ跡の原因になります。

とにかく「継続は力なり」です。
決して諦めず続けてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です