医師のアドバイスを聞いてケアを実践、日光アレルギー改善!

日光アレルギーで顔の皮膚がボロボロ、痒みや炎症も

 

乾燥により顔の皮膚がボロボロになりました。
痒みもありところどころ炎症を起こしていました。

何故かというと日光アレルギーなのです。

日焼け止め対策を怠った為にこのような症状になりました。
皮膚科へ行き医師にヒルロイドローションとヒルロイドクリームを処方して頂きました。

顔面がこのような状態になったのを見てビックリしちゃんと治るのかとても心配しました。

一番酷い状態の時は外出を控えるようにしました。

鏡を見る度に気持ちが沈み自分のことを可哀想だと思いました。

そして何より痒みが強く掻いてしまえばもっと酷くなるのでひたすら耐えていました。
眉毛もかなり抜けて人相も変わっていたのでかなり落ち込んでいました。

これが乾燥による一番酷かった時の状態です。

 

医師のアドバイス!洗顔はぬるま湯、クレンジングはオイルタイプ

 

最初のキッカケは日光アレルギーでしたが自分の肌タイプは乾燥だと知り、
そこから徹底的にケアを心掛けるようになりました。

まず洗顔は水かぬるま湯で、メイクをした時のクレンジングはオイルタイプのものだけでと、
油分を失わないように気を付けました。

これらは皮膚科の医師のアドバイスによるものです。
日光アレルギーの時は特別な症状でしたが2度となりたくはありませんでした。

乾燥するとやはり皮膚が敏感になっているわけですので保湿を徹底的に行いました。

 

ケアを怠ってはいけない!乾燥肌ケアで心の状態も保てる

 

乾燥肌の改善に努め出し肌のコンディションが良い時などは気分がとても良いですね。

肌の状態が悪いとまず外出したくなくなり人と会いたくなくなります。
そしてイライラするし内面の状態まで悪くなります。

顔に心の中の状態が出ると言いますが、
逆に顔の状態が悪いせいで心の状態まで悪くなるのです。

ただし、乾燥肌ケアをしっかりとしていれば、
最悪の状況は避けられるわけですので救いはあったと思います。

生活に支障は無かったのですが気分に大きく支障が出るので
ケアは絶対怠ってはいけないと感じていました。

若干、生理前になるとホルモンバランスのせいで敏感肌になっていたと思います。
顔だけでは無くその時は身体のあちこちに痒みを感じます。

 

家族も姿勢に関心するほど、肌ケアで美意識も向上

 

乾燥肌のケアは生活の一部になっています。

このタイプは顔ならシワにもなりやすいのです。
要するに美に対しての意識も高まりました。

まわりは私がいつも肌のお手入れを入念に行なっているのを見て
美意識が高い人なんだと思っていたようです。

お風呂上がりは全身にクリームを塗りますし、家族も関心していました。

乾燥肌は根本的には治っていないのですが、
補う事さえ欠かさずしていれば逆に綺麗な肌質にもなれるのです。

コンディションが良い日は機嫌も良いので家庭でも明るく過ごせます。
美意識が高いと思われると余計に綺麗になろうと思います。

メンタルの部分でかなり影響されるのは確かですね。
主に家族に認められる事が私にとって嬉しい事です。

 

お肌ケアが今では楽しく、過去の失敗は繰り返さない

 

乾燥肌のケアで一番良かったことは現在は乾燥が抑えられている事です。
乾燥が進むと非常に痒いので辛いものです。

その次に良かったことはケアする事により美意識が高くなった事です。

意識が高まれば色んな良い循環が生まれます。
外出も好きになりますし人と積極的に関わる事も苦痛では無くなりました。

肌質の勉強にもなって調べたりすると乾燥肌のケアが色々ある事を知りました。
たくさんの方が色んな方法を試されているのですね。

そして一度日光アレルギーの症状で失敗しているのでそれを繰り返さないように努めています。
身体が痒い時は一日中イライラしていますから、それだけは避けたいと思いました。

今では楽しんでお肌のケアをしています。
皮膚科の医師のアドバイスをちゃんと聞いて色んな方法を試し前向きになりました。

 

乾燥はお肌の大敵!乾燥を放置すれば老化が進む!

 

私の場合日光アレルギーのせいで顔と首が酷い状態になったのですが、
それがキッカケでケアを真剣にするようになりました。

ただ今思うのは、アレルギーの症状が無ければ、
ただの乾燥肌ということで放置していたかもしれません。

それは絶対に良くないという事を知りました。
乾燥を放置すれば将来の老化が進みます。

美意識が高くなってから考えたのですが乾燥はお肌の大敵という事です。
ほとんどの乾燥はケアによって改善されます。

毎日の意識だけで随分と変わるので早めの対策をしてほしいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です