30代でアトピーが悪化、危険な薬を止めて漢方を飲んで肌がきれいに!

症状が軽いアトピー、「健康な肌の人と差はない」と思っていた

 

私は生まれつきのアトピー性皮膚炎でした。

社会人になってから、ドラッグストアのキュレルや
ニベアのボディークリームでケアできるほど軽い症状でした。

症状が部分的に悪化した時は、
病院から処方されたプロトピックやステロイドのぬり薬を使っていました。

プロトピックは、当時は新薬と言われていて、
ステロイドほど副作用がないから安心してといわれていました。
また、ステロイドも直接出されたわけではなく、
処方されたかゆみ止めの軟膏の中に、ステロイドの塗り薬がミックスされていたのです。

そんなことに気付かず、
毎日キズがあるところにはステロイドとプロトピックを塗っていたので、肌の状態は綺麗でした。
薬に頼らず、全身は市販のスキンケア用品で補えたので、
「私は健康な肌の人と大差はない」と思っていたのです。

 

30代でアトピー悪化、危険な薬をやめて漢方治療に切り替え

 

30代に入り、アトピーが悪化しました。
今思えば、少量でも毎日ステロイドやプロトピックを使っていたので、
薬が効かなくなってきていたのだと思います。

今まで治療には無頓着で、
「病院の先生が治してくれる」「薬で治る」と思っていたのですが、
独自で調べるうちに、ステロイドは危険なもので、長期間続けてはいけない事を知りました。

また、ちょうどその頃、私の周りの友人は結婚、出産ラッシュが続いていました。

その中で、これから私が妊娠した時、
おなかに赤ちゃんがいるのに、危険と言われるステロイドやプロトピックを使い続けた場合、
赤ちゃんにも害は及ばないか、

また、塗り薬ではアトピーは治らず、体の内側から治していく必要性を感じて、
体質改善を主に治療を行う漢方の病院を受診し、漢方薬を服薬する事となりました。

漢方はその時の症状に合わせて処方されたものを飲みます。
温経湯や十味敗毒湯等、体の中の毒を取り出す漢方を服薬しています。

 

漢方と食生活、天然由来のケアに変えて肌はキレイに!体重は-7kg!

 

漢方での治療、そして、ステロイドやプロトピック等の塗り薬に頼らない生活を送りました。
食べ物も一日2食、野菜は無農薬野菜、たんぱく質は一日1種類、小麦は取らない、
酸化した油は取らないなど、徹底しました。

ついで、スキンケア用品やシャンプー、洗濯洗剤等の体に触れるものも、
界面活性剤や保存料等の化学物質が含まれている為、天然由来のものに変えました。

まず、体重が7キロ程落ちました。
肌も改善され、自分の容姿に自信が持てるようになりました。

ただ、一度にいろいろな事を変えたので、
アトピーが改善された決定的な物が分かりませんでした。

そのことにより、もともと食べる事が好きな私なので
「少しくらい食べてもいいか」「肌が良くなったからいいか」と油断していまい、
大好きなお菓子はちょこちょこ食べて今はリバウンドしています。

 

アトピー出ない人は、アトピーの人の気持ちは分からないのかも

 

周りは私がアトピーが悪化した肌を見ており、
その時に私の表情や性格も暗かった事を知っていたので、
まず肌よりもスリムになった体型に驚いていました。

「肌が良くなったね」よりも
「細くなったね」「そんなに一気に痩せて大丈夫?」という類の反応がほとんどでした。
また、アトピーの事を知らない人から言わせれば、
「病気は病院が薬を出して治してくれるもの」と思っている人がほとんどでした。

食事やスキンケア用品、衣類等にこだわっている私を見て、
「だまされているんじゃないのか」「民間療法は危険だからやめた方がいい」
「漢方は効果が遅く、効き目も弱いから西洋の薬を塗った方が良い」と言う人が多かったです。

その時の私の感情は、
「今までずっと、私もそうやってきたけれど、薬を塗っても病院へ行っても治らなかった。
この時の絶望感は味わったことのない人にはわからないだろう」と思いました。

 

肌の炎症や傷は、漢方や排泄で毒素を取り除き内側から綺麗にすべし

 

炎症や傷等の外側の部分に目を向けるのではなく、体の内側から綺麗にする事や、
自分の体にも、炎症を治す自然治癒力があり、それを使わなければいけない事。
薬では本当に良くならない事。

また、普段口にしている食べ物から自分の体は作られている為、
小麦を食べたら肌が茶色くなる(焦げる)、
油を摂ったら顔が赤くなる、等の反応が体には出る事を知りました。

また、普段何気なく食べている野菜にもそれぞれ効果があり、
それらを意識して食べることが大切だと知りました。

体の中に溜まっている毒素を取り除かなければ、
どれだけ体に良いものを入れても栄養が入っていかない為、
漢方や排泄等で毒素を取り除くことも大切だと知りました。

 

漢方を利用する時は信頼できる医師から処方してもらうこと!

 

ドラッグストアで販売されている漢方を、自分の症状で自己判断して服薬するよりも、
漢方を取り扱っている医者のいる病院から処方された方が良いと思います。

なぜなら、私は以前、近所の漢方を取り扱っている病院を受診し、
半年に渡って同じ漢方を服薬していましたが、体に何の変化もありませんでした。

はじめは、「漢方は効くまでに時間がかかるって言われているから」と思っていましたが、違いました。
その後、病院を変え、違う漢方を処方されると、きちんと効果が出ました。

そのため、信頼できる医師から漢方を処方してもらうことが良いと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です