男だからと敬遠してたスキンケア、心配の声がグサグサと胸に突き刺さる

肌が乾燥し始め、敬遠していたスキンケアをやる羽目に

 

基本的に少しかさついていて、
痒くなることもたまにあるような状態です。
肘や膝など、関節部分はよりかさついてます。

顔は乾燥していたり、逆に少し脂っぽかったりと、
良くない感じの状態が続いています。
基本的に肌の潤いが足りてません。

男だから、と敬遠していたスキンケア用品も、
敏感肌なのか、少し赤くなってしまったり、
痒みを帯びてしまうことも少なくありません。

洗顔後や、お風呂上がりなど特にひどいのでスキンケアを怠らないようにしたいです。

 

乾燥の他にも、温度に敏感になっている肌

 

普段から乾燥気味の肌。
それが冬になるとやはりより乾燥してしまいます。

それだけならまだいいのですが、
冷たくなった肌で熱々のお湯に触れると、刺激で熱痒くなってしまいます。

洗い物でも同じで痒くなるほか、
あかぎれしたりカサカサになってしまうこともよくあります。
あかぎれなんかは見ていて痛々しいですし、
衛生的にも良くなく、とーっても嫌な気分になります。

お風呂なんかは寒くても体温近い温度で入るか、
様子を見て徐々に温度を上げていくかします。

洗い物に関しては指先は冷えやすく、温めのお湯でも荒れてしまうので、
基本的にお湯は使わずに冷たさを我慢して水で行っています。

肌にトラブルを抱えていると内面にもどこか陰りが出来てしまいますし、
一年を通して健康的で潤った肌でいたいと感じています。

 

「手大丈夫?」という心配の声が逆にグサグサと胸に突き刺さる

 

先述の手荒れなどはやはり目につきやすいですし、
すぐに他の人の目にも止まってしまいます。

冬になるとどう頑張ってもカサカサしてしまう手に、
『手大丈夫?』『手痛そう』等など、
グサグサと心に突き刺さる言葉を掛けられます。

私の場合、手のひらにハンドクリームを塗った後に、
例えヌルついていなくても何かに触れるのが嫌なので、
塗るのにも制限がかかってしまいます。

ですから、特に何もケアしていない人や、ケアでつるつるになってる人などにそう言われると、
やるせないといいますか、なんだかな……となってしまいます。

肌トラブルに全く縁のない人、スキンケアでどうにかなってる人を羨ましく思います。
肌トラブルが顕著になる季節はなんとかより改善しようと心がけています。

 

順序を踏んだスキンケアで、翌日にはぴかぴかつるつる肌に!

 

手入れは、主に洗顔後とお風呂上がりですが、多くの方がされるとおり、
化粧水→乳液→美容液を最近するようになりました。

今まで無知故に化粧水だけでしたが、順序を踏んでここまですると、
少し気持ちよさというか、ケアしてる!と実感できて気持ちも上がりますね。
女性がスキンケア等などいろいろしてる気持ちも少し分かります。

手に関してはいつもカサカサになってからケアを始めてしまうので、
本当にひどい時などは、お風呂上がりや寝る前にハンドクリームを塗りたくって、
ケア用の手袋をはめてから寝るようにしています。

ベタベタしなくてもそのまま何処かに触れるのが嫌な私でもこれなら平気です。

翌日にはぴかぴかのつるつるで最初はびっくりしました。

 

肌荒れの改善に大切なのは、改善に対する意識

 

肌荒れの改善に最も大切なこと、それはやはり改善に対する意識かなと思います。
毎日毎日、堅実にスキンケアをすること。

サボり性の私は面倒臭さや、あまり目立ってなくてひどくもないからと、
今日はいいや、となってしまいます。これはもう性格ですが。
結果やっぱりひどくなったりします。

毎日確実に肌を労って、ケアをし続ける心持ちが
何よりも一番重要だと痛感しています。

私は春、秋などは特に何もしていませんが、
季節関係なく一年を通して肌をきちんとケアしていくことが
重要なのかなと感じてきました。

そういった日々の積み重ねのなさが、
夏や冬などの肌トラブルに繋がるのかなと感じます。

 

日頃から肌を労わる努力を惜しまずケアしましょう

 

春や秋でも性質で肌トラブルを抱えている人もいると思いますが、
やっぱり夏冬の季節の方が肌トラブルが多いと思います。

夏は女性の方は紫外線対策、汗で蒸れてしまって痒くなってしまったり。
冬は冷たい空気による乾燥肌や、家事や仕事上どうしても
水を扱わなければいけない方は手荒れなど。

放っておくと肌トラブルが直りにくくなったり、
またはその肌トラブルが癖になってしまったりもするかもしれません。

肌に合わないケア用品を使ってしまうと効果がなかったり
逆に悪影響が出てしまう可能性も。

日頃から努力を惜しまず肌を労って、
きちんと肌に合ったケア用品を使うことが大切だと思います。

健康的で気持ちよく過ごせる肌を手に入れられるように頑張りましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です