冬場の乾燥で顔がバサバサ「疲れて見える、老けて見える」と指摘され

年中通して肌が乾燥、化粧水をしても夕方にはパサパサに

 

時折、小鼻やあごにニキビができることがあります。
クレンジングや洗顔がうまくできていない時に
ニキビができる傾向があります。

また両方の目尻の下にシミがあります。
他には年間を通して乾燥している傾向があります。

お風呂上がりにすぐ化粧水を塗らないと
カピカピに乾燥して痛くなるほどです。

乾燥気味なため、化粧をしても夕方にはバサバサ、ドロドロの状態になり、
特に目の周りは年齢を感じさせるほど、化粧がよれて溝にたまります。

 

冬場の風邪で鼻全体もカサカサ、痛くてたまらない…..

 

年間通してお肌は乾燥していますが、特に冬場の乾燥が激しいです。

顔だけでなく足も粉をふくほど乾燥して黒色のストッキングだと
粉がパラパラとついてしまうほどです。

また、冬場は風邪などをひいて、鼻をかむことも増えるため、
乾燥している上に、さらにティッシュでこすり、
油分の吸収までしてしまうので、鼻の下や、鼻全体はカサカサして痛くてたまりません。

化粧は、常に剥がれ落ちている状態になっています。
そのため鼻の下にはあまりファンデーションを塗りません。

鼻だけでなく、耳に近い頬も乾燥してバリバリになります。
乾燥すると夕方のお肌はひび割れてしまっている状態なので、
鏡を見ることがとてもつらいです。

実年齢より老けてみえてしまいます。

 

「顔がバサバサになって疲れて見える、鼻の下も荒れてる」とストレートに言われ

 

午前中は比較的マシなため、特になにも言われませんが、
夕方以降に離れて暮らしている妹に久しぶりに会った時に、

「なんかすごい老けたね。顔がバサバサになって疲れて見えるよ。鼻の下も荒れてるよ。」
とストレートに言われたことがあります。

夫にも「顔が乾燥していて痛そうだね。」と言われたこともあります。
誰が見ても乾燥していてきれいな肌状態ではないのがわかるのだと思います。

ここ数年で化粧崩れを感じるようになったので、
年齢を重ねたことが悲しくてたまりませんし、
これからますますひどくなる一方かと思うと恐怖でなりません。

なんとか改善しなければならないという気持ちになりました。
保湿をしっかりして、途中でミストを顔にかける習慣をつけようと思いました。

 

バサバサ肌の予防に、冬はいつもより入念にお手入れ

 

お風呂上がりに何回も化粧水を塗り込み、
美容液も多めにつけるようにしています。

朝、化粧をする前も同じく化粧水をたっぷりとつけて
美容液もひたひたになるほど塗ります。
特に気になる目の周りは入念に塗ります。

美容液も冬だけ少し値段の高い商品に変えますし、お手入れを省くこともしません。
時折、化粧の前にパックをすることもあります。

他の季節は特に気にしなくてもいいのに、
なぜ冬だけこんなにお手入れを気にかけないとバサバサになってしまうのだろうと
不思議に感じますし、正直手間だなとも思います。

また、夕方には化粧が崩れてしまっていないだろうかと、
化粧をしながら少し恐怖に感じることも多々あります。
それが人に会う日だったりすると尚更です。

 

化粧水は大容量の安いものをばパシャパシャ使うのがオススメ

 

自分に合った化粧水や、美容液を見つけることだと思います。
また、まずは自分に合ったクレンジングと洗顔で
しっかり汚れを落とすことも大切だと思います。

そうした上で、化粧水をひたひたになるまでたっぷりつけて、
美容液や乳液でお肌にふたをして保湿をすることが大切だと思います。

自分に合った化粧水や美容液を探すには、
お試しセットなどでお安いセットを色々と試してみるのがいいと思います。
私も何回か試して自分に合った商品を見つけることができました。

たっぷり使ったほうがよいので、化粧水は大容量の安いものをケチらず
パシャパシャ使うのがおすすめです。

 

きちんとした手入れをすれば、肌はちゃんと応えてくれる

 

いつもと同じお手入れだと化粧のりが悪かったり、化粧くずれをしたりと、
鏡を見るのも辛いかと思いますが、
逆にいつも以上にお肌に手をかけてあげると、肌はちゃんと応えてくれます。

肌荒れの季節はいつものケアをごっそり変えるか、
いつものケアにプラスアルファをするかをすることで、
健やかな肌でいられると思います。

安い化粧水をたくさんつけるだけでも、
安いパックをつけるだけでも、変わると思います。
高い美容液にお金をかけなくてもケアできる方法はあります。

是非自分に合った方法を見つけて、
季節のトラブルに負けないお肌を手に入れてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です