皮膚科でも言われた敏感肌対策は「自分に合う化粧品を見つけること」

皮脂が出なくて敏感肌へ、化粧品でかゆくなりケアもできず

 

私の肌の状態が悪くなってしまうのは、10月以降がほとんどでした。
それまでは全く基礎化粧品なども使っていないほど
肌の健康状態は良かったと感じていました。

ところが年を追うごとに皮脂が出て来なくなってくる部分も否めませんでしたし、
そのせいで敏感肌になってしまったのではないかと思いました。
それまではどんな化粧品でも使うことができていました。
むしろ新しい化粧品を使うのが楽しいと感じるほどでした。

ところがどんな化粧品を使っても痒みを感じてしまう現象が続くので、
お手入れさえもできない状態になってきたのです。
それまでは全く感じていませんでしたが、
私の肌はとても敏感になってしまったのだと感じるようになってきました。

 

皮膚科に相談するも「自分に合う化粧品を購入するしか方法はない」

 

まず初めにしてみたのが皮膚科に手を出してみる事でした。

ですが、皮膚科というのは特別化粧品を扱っているというわけではありませんし、
肌にできものができるといったようなトラブルがあれば治療をしてくれるのですが、

特に顔の皮膚というのは柔らかく、繊細ですから
ステロイド治療するわけにもいきませんし、
自分に合う化粧品を購入するしか方法は無いと言われました。

ですから私は、まずは刺激のない化粧品がないかとそればかりを探し求めていました。

 

自分に合う基礎化粧品で潤いを取り戻すことに成功

 

敏感肌が改善されたのは、自分に合った基礎化粧品を見つけることができたからです。

潤い自体を取り戻すことができると、肌の状態も安定しますし
定期的な痒みもなくなってくるので、全く日々の精神状態が変わります。

基礎化粧品ので使えないとなると、結果的に化粧もすることはできません。

唇にリップを塗る程度しかできなかった私は、
今後の自分の肌の老化がどのようになっていくのかということが、
とても気になってしまいました。

乾燥肌と敏感肌が改善されたので、ある程度肌の状態も健康的になりましたし、
これ以上の加齢による現象が加速しないかと思うと、それだけでも心穏やかになってきますし、
メイクをできるという部分が最大の楽しみです。

 

皮膚が薄く乾燥がちな敏感肌だった私が、肌荒れしない健康肌へ

 

とにかく私の肌は赤ら顔のような状態でした。
皮膚が薄くて乾燥がちなのでそのような症状が出てしまうのです。

今でも若干室内の温度理変わると、頬を中心に赤くなってしまう傾向はあるのですが、
肌荒れなどは全くありませんから、その点でも全く変わったと周囲に言われることもあります。

夫にはいつも肌の荒れが酷くて困っていることを話していたのですが、
そういった部分が改善できてよかったねと言われることもあります。
そういう風に周りに思われているのは、自分でも心からの安らぎを感じることが多々あります。

また友達とランチに行く時に、
きちんとメイクができてるという部分も、
自分の心の豊かさにつながっていると思うのです。

敏感肌が改善してよかったと本当に思います。

 

肌のかゆみが改善しなかったことを考えると恐ろしい

 

敏感肌をそのまま改善しなかったらどうなっていたのかと考えると、
若干恐ろしく感じてしまいます。

肌の痒みが改善しなければ、シワなども増えていたのではないかと思います。
今の状態でまだ治まっているのは、きちんと敏感肌の対処をしているからだと思うのです。
そうでなければ、さまざまなトラブルを起こしてしまい、
アトピー肌よりも重症になっていたかもしれません。

基礎化粧品できちんとケアをすることによって、
敏感肌を改善できた事はこの上ない喜びなのです。
それに、敏感肌対策をできたことで、化粧品を使える範囲も徐々に増えつつあるのです。

そうなってくると、アンチエイジング対策等も行うことができますし、
これまで以上に肌の質も改善していくかもしれません。

 

敏感肌用の化粧品はパッチテストをして探そう

 

とにかく分の肌になっている化粧品を選ばなければなりません。

どんな人でも使える安心できる化粧品だといわれていても、
その成分が自分に合わない事は充分にあり得るのです。

その後も考慮しながら、少しずつ化粧品を使ってことが重要なのかもしれません。
あれこれと化粧品を使っているうちに、
かえってトラブルが悪化してしまうことさえもありますから、
パッチテスト等も充分に行いながら、敏感肌用の化粧品を選ぶことが最も大切なのだと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です