皮膚科で「酒さ」と診断された肌状態は、睡眠の質を上げることで改善された

睡眠不足が招く「ホルモンバランスの乱れ」と「ストレス」

 

睡眠中には「成長ホルモン」(別名:若返りホルモン)が分泌されます。

睡眠不足の状態や、浅い眠りの状態の時には睡眠の質が悪くなりますよね。

睡眠の質が悪くなると、
若返りホルモンと呼ばれる成長ホルモンの分泌量が減少、
皮膚細胞の修復が行われず、肌のターンオーバーにも悪影響を及ぼします。

そのため、
美しくきれいな肌、肌トラブルに悩まされない肌を作るためにも
「質の良い睡眠」をとることは必要不可欠なのです!
・寝つきが悪い
・仕事や子育てが忙しくてなかなか睡眠時間が確保できない
・眠りが浅く、少しの物音でも起きてしまう
・手足が冷えてなかなか寝付けない
そんな方におすすめなのがこの「シンデレラスリープ」

⇒ シンデレラスリープ 公式サイトはこちら

この「シンデレラスリープ」、実はモンドセレクションで金賞を受賞した商品なんです!
「ホルモンバランスを整える」自然由来の成分が配合されており、
「ココロ」と「カラダ」に優しく睡眠の悩みを改善してくれます。

180日間の返金保証付きなのも嬉しいですね!

寝不足・睡眠の質の悪さ、
また睡眠不足による肌トラブルに悩む方はこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか?

仕事のシフトの影響で睡眠不足に、若さだけでは乗り切れない

 

仕事が早番と遅番の2交代制になった時がありました。
遅番から早番のシフトになる時は夜の23時に家に帰り、
朝の6時には出社しないといけないのでほとんど眠れませんでした。

眠ったとしても寝坊を恐れていたせいか眠りが浅く、
ペットの猫が立てるちょっとした物音や外で鳥が鳴く声などで
すぐに目覚めてしまっていました。

不規則な生活でご飯を食べる時間もバラバラで
いつも胃の調子が悪かったような気がします。

若さだけで乗り切ってはいましたが、本来寝ないと調子がでないタイプなので
仕事はこなすのですが家ではぐったりしていることが多く、
家事もおざなりになっていました。

 

病院では「酒さ」との診断、サプリや薬で治療

 

その頃の肌は調子が悪く、寝不足で目の下にくまがすぐできてしまうし、
ニキビというより吹き出物といってもいい大きなできものが鼻の頭だったり
あごにできたりしました。

肌のきめも粗くなり、化粧をしてもうまくのらず、
きれいに仕上がらないことがほとんどでした。

ちょうどこの頃鼻の頭に吹き出物ができ、その吹き出物が治っても
鼻の赤みだけがずっと残り続けてしまう症状がでました。

病院にいくと“酒さ”という診断をされて
しばらくサプリを飲んだり薬を付けていた時期もありました。
この時期の肌トラブルは吹き出物や赤みなど目立つものが多く隠すのが大変でした。

 

病院を紹介してくれたのは、肌状態を見かねた友人だった

 

吹き出物や赤みはよく人から指摘され、どうしたの大丈夫?と心配されました。
特に鼻の赤みに関しては見かねた先輩が病院を紹介してくれて
そこで“酒さ”という診断がされました。

病院を紹介してくれるぐらいなので
私の肌トラブルはまあまあ目立っていたのだと思います。

肌に吹き出物がある時はうまく化粧もできないので
今日はお化粧どうしたの?と聞かれることもありました。

自分の肌のことを他人から指摘されるのはなかなか辛かったです。
人の目が気になるので顔を出すのが嫌だったし、
目立たないように顔にばんそうこうを貼ったりして余計に目立つと指摘されて
落ち込んだりもしていました。

友人とのと集まりの場でも写真に撮られるのを無意識に避けていました。

 

眠ることで肌の状態が劇的に改善、よりよい眠りに力を注ぐ

 

とにかく眠れば肌の状態は劇的に改善しました。
吹き出物や赤みはそうそう引きませんでしたが、それらがない頬っぺたやおでこなどの広い場所は
休日に長い間睡眠をとればとてもつやつやしていました。

なので休日はとにかくしっかり寝ると決め、
途中で起きてしまわないようにカーテンを遮光タイプにして
常に部屋を真っ暗でいられるようにしていました。

あと気持ちよく眠れるようにお香やアロマ、入浴剤などを使う事にはまっていました。
特に入浴剤は体が温まるタイプを中心に選んで使っていました。

冬場は冷えて途中で目が覚めてしまう事もあったので
体をしっかりあたためてから寝るようにしていました。

逆に夏はクーラーを使いすぎると途中で寒くなって目が覚めたりしてしまうので
扇風機をつけて眠っていました。

 

仕事のシフトが変わり、生活リズムの改善で心身ともにストレス軽減

 

結果的に仕事が2交代制でなくなり、
生活リズムが改善して睡眠が伸びたことで、吹き出物や酒さは自然と出なくなりました。

顔にできものが何もない日が続くと、
周りから今日は肌の調子がいいねとほめてもらえました。

私もお化粧をするとき顔に吹き出物などのでこぼこがないので
お化粧をするのが楽しくなってきました。

夜にちゃんと眠ることができると心身ともにストレスが軽減され、
小さいニキビも生理前以外はできにくくなりました。

いつもいつもできものやニキビとにらめっこをしていたので
肌の調子がいい日が続くと本当にうれしくなりました。

赤みも専用の下地で隠すのでお化粧が厚くなりがちだったのですが
ナチュラルメイクもできるようになりました。

 

睡眠の質と肌の状態は直結する、入浴と香りで睡眠の質を上げましょう

 

生活リズムを整えて睡眠をしっかりとると肌は間違いなく調子がよくなります。
眠ることでストレスがかなり軽減されるのが要因だと思うので
睡眠の質をあげるのは本当に大事です。

途中で何回も目が覚めていた時は寝た気がしなくて、ストレスがかかり、
それに比例して肌の調子も悪かったです。

翌日が休みなど心置きなく眠れる日を月に何回か作るだけでも気持ちが楽になり、
普通の日でもその日のために今は頑張って起きようという気になります。

入浴と香りはいい睡眠をとるために有効だと思うので
不眠気味の人は試してほしいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です