保湿ケアは一時的なもの、生活習慣の改善が乾燥の根本対策!

 

ボディクリームを塗っても皮膚はなぜ元に戻るのか

 

肌が荒れて、身体全体が乾燥しており、カサカサして、痒みがあった。
最初は特に何も感じておらず、ただ乾燥していると思っただけでした。

けれども、放っておいているうちに痒みが強くなっていって掻いてしまい、
掻いたところが赤くなってしまいました。

そのため、このままでは大変なことになると思い、保湿ケアをしようと考え、
家にあるボディクリームをまず塗っていこうと考えました。

ボディクリームをぬって一時的に痒みが治まってもまた肌が乾燥し、
カサカサしてしまうことが繰り返し起こったので、正直イライラしました。

乾燥肌といっても、なぜ、こんなにも皮膚が乾燥し、痒くなるのか。
なぜボディクリームを塗っても皮膚が元の状態に戻るのか、自問自答し、
ストレスを感じていました。

 

保湿ケアが足りないと思い、美容液で肌乾燥を心掛け。

 

肌が乾燥してカサカサしているため、まず保湿して肌をスベスベにしようと思い、
家にあったボディクリームを身体全体に塗りました。

また、顔には化粧水と乳液だけ付けていましたが、
保湿のために保湿美容液を買い、顔に塗りました。

自分には保湿ケアが足りないと思ったからです。
普段も洗顔後、化粧水だけとか、化粧水と乳液を塗らないこともあったので、
普段のケアをきちんとすることと美容液を加え、肌が乾燥しないように心がけました。

 

今までの保湿ケアを反省、保湿用のケア用品で乾燥対策

 

乾燥肌がだんだん治ってきて嬉しく思いました。
肌を触り、前より良くなったと少しずつ実感していき、外出も少しずつ増えていきました。

やはり、肌がカサカサした状態では見られたくないので歩くときも俯いたり、
マフラーなどで顔を隠したり、手は手袋をし、なるべく肌を見せないようにしていました。

けれど、少しずつ肌の状態が良くなることで歩くときもうつむいたりすることはなくなりました。

また、保湿ケアでは、今までの保湿ケアを反省し、
顔は化粧水、美容液、乳液を塗るとともに身体では家のボディクリームを使うのではなく、
保湿用のローションやボディクリームを塗るようになりました。

また、保湿用の入浴剤やボディソープを使い、保湿を心がけるようになりました。

 

保湿ケアの効果を他人に褒められ、達成感が生まれた

 

特に何も言われなかったです。
もともと肌が乾燥してると思ってたのは自分だけみたいでした。
自意識過剰だったのかもしれません。

でも、唇だけは前よりカサカサしてないとは言われました。
小さな変化でしたが、少し気づいてもらえて嬉しかったと同時に達成感が生まれました。

保湿ケアの効果が唇の乾燥部分に出てきたかな、と思いました。

自分では少し良くなった程度にしか思えなかったのですが、
他人から言われると全然違く聞こえます。

頑張ったね、と褒められた気分になります。
これからも保湿ケアを頑張ろうという励みになりました。

まあ、気づいてもらえたのが唇だけだというショックもありました。

こんなに保湿ケア頑張ったのに、という思いもありましたが、
保湿ケアして肌がよくなってもあまり気づかないものでもあるのだと思いました。

 

生活習慣の改善で、根本的な乾燥改善へ

 

最も良かったと感じたのは生活習慣の改善です。

保湿ケアのために保湿用の化粧品やボディクリームなど使っても効果はあったのですが、
それは一時的なものに過ぎず、少し過ぎると乾燥してしまうことが多かったです。

そのため、乾燥の根本的な改善をするために生活習慣の改善を行いました。
今までの生活では栄養の偏り、運動不足、睡眠不足、夜型生活になっていました。

そのため、生活サイクルを整えるとともに生活習慣の改善を行いました。

生活習慣を急に変えることは難しく、
まず生活サイクルが狂っていたので睡眠時間を確保するようにしました。

今まで夜型だったためなかなか変えられませんでしたが、少しずつサイクルを整え、
運動習慣を生活の中に取り入れ、なるべく栄養の偏りがない食事をしたら肌の状態が良くなり、
乾燥もあまり悩まなくなりました。

 

乾燥肌の根本改善は、生活習慣を改善することが大切!

 

元々持っている肌の体質は仕方がありません。
けれども、肌の状態は自分が気を付けることで変わっていくことも多いです。

保湿ケアは大切です。
保湿ケアを怠ると肌は乾燥してしまいます。

けれども、根本的な改善には至りません。
あくまで効果は一時的なものです。

乾燥肌の根本的な改善をするにはまず、生活習慣を考えていくことが大切です。

自分の生活習慣を振り返り、偏った生活をしていないかを知り、
少しずつでいいので生活習慣を改善していくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です