背中や首、足に紅い不気味な発疹が!眠れないことから起こった悪循環

睡眠不足が招く「ホルモンバランスの乱れ」と「ストレス」

 

睡眠中には「成長ホルモン」(別名:若返りホルモン)が分泌されます。

睡眠不足の状態や、浅い眠りの状態の時には睡眠の質が悪くなりますよね。

睡眠の質が悪くなると、
若返りホルモンと呼ばれる成長ホルモンの分泌量が減少、
皮膚細胞の修復が行われず、肌のターンオーバーにも悪影響を及ぼします。

そのため、
美しくきれいな肌、肌トラブルに悩まされない肌を作るためにも
「質の良い睡眠」をとることは必要不可欠なのです!
・寝つきが悪い
・仕事や子育てが忙しくてなかなか睡眠時間が確保できない
・眠りが浅く、少しの物音でも起きてしまう
・手足が冷えてなかなか寝付けない
そんな方におすすめなのがこの「シンデレラスリープ」

⇒ シンデレラスリープ 公式サイトはこちら

この「シンデレラスリープ」、実はモンドセレクションで金賞を受賞した商品なんです!
「ホルモンバランスを整える」自然由来の成分が配合されており、
「ココロ」と「カラダ」に優しく睡眠の悩みを改善してくれます。

180日間の返金保証付きなのも嬉しいですね!

寝不足・睡眠の質の悪さ、
また睡眠不足による肌トラブルに悩む方はこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか?

首に合わない枕と重い布団が原因?寝苦しい毎日

 

枕が首に合わなかった事と、布団が重くて寝苦しかった事と、
部屋が乾燥していた事が重なって、布団に入ってからも何度も目が覚めてしまう状態が続いていました。

枕が合わないと寝返りが満足に打てず、また、息苦しくなって口呼吸に頼ってしまい、
部屋の乾燥した空気で喉が痛くなったりといった具合です。

寝返りが打てないと体温の調整も上手くいかず、
重い布団で相乗効果的に通気性を欠き、結果、寝苦しかったのだと思います。

何度も目が覚めて身も心も休まらず、眠れなくとも翌朝の出勤時間は気になるし、
疲労やストレスは溜まる一方でした。

 

体中に発疹が、発疹のかゆみが睡眠不足を加速させる

 

背中や肘、首元、膝の裏に汗疹の様な発疹が出来て、痒みに悩まされました。

その痒みで仕事中の集中力も続かず、残業をしがちになり、帰宅時間が遅くなり、
また痒みも睡眠の妨げになり、といった悪循環に陥りました。

その発疹はやや紅い色のゴソゴソとした感触で、見た目があまり衛生的な物ではない
ので同僚や上司や取引相手に見られたくないと思いました。

しかもこのままこの発疹が大きくなったり、体中に出来ていったらどうしようという
不安もありましたし、肌の病気に関しては殆ど経験も無かったので、
治らなかった時の事を想像してしまい、落ち込んでいました。

寝不足で顔色も悪かったので、ゾンビみたいだと自虐的に思っていました。

 

発疹が原因で仕事にも影響が、私の評価は下がるばかり

 

やはりというべきか、綺麗な見た目では決してなかったので、
同僚などは遠慮無しに「もっと周りに気を使ってケアしなさい」とか「なんか汚いね」とか、

そんな風な反応で、私が不衛生にしていた為の
単純な汗疹だと思い込んでいた様でした。

悪化の一部始終を見ていたから余計に、改善策を講じないだらしない人間だと。
上司は取引先との商談や打ち合わせの事案で、先方にイメージを悪く思われる事を懸念し、
私をあまりそういう場には呼ばなくなりました。

私にとってはこの評価もストレスの一因なわけですが、
眠れないからという理由は、同じかそれ以上に仕事をこなしている周囲の人間からすれば
結局時間の使い方が下手で自分の調整力不足を言い訳にしてるとしか思われないのです。

それ故に誰にも相談出来ません。
このどん詰まりで堂々巡りの時のストレスは甚大なものでした。

いつか、大きな声で誰に当たり散らしてしまうのではないか、そんな状況でした。

 

体質に合う寝具を購入、睡眠の改善で体力も気力も回復!

 

まず、ネットで見かけた寝具のサイトで、体質別でフィットする枕を見かけました。
例えば、首が凝りがちなら、首が凝らない様な姿勢をキープ出来たり、
その箇所が肩であったり、両方であったり。

私はこれで寝る姿勢を整えたいと思い立ち、大型の寝具店へ出向き、
そこで枕専門の案内係の方に相談し、実際にその場で横になって枕を当てて、
首がキープされて寝返りがスムーズに打てるものを見つけました。

加えて、布団も通気性の良い軽いもの、後は寝心地を確保する為に
接触冷感の枕カバーと敷布団カバーを購入し、早速その夜から試しました。

首の座りが改善されたのかとても眠りが安定して、
これまでは1時間置きに目が覚めていたのが、その夜は6時間ほど連続で眠る事が出来ました。

呼吸が楽で、寝返りもかなり打てた様で、
寝返りを打つ度に接触冷感のひんやりとした感触も手伝い、寝苦しさからは解放されたのです。

これに感動した私は、この新しい寝具を綺麗なまま保ちたいと思い、
部屋の掃除をこまめにやり続けようと考える様になりました。

乾燥していても、埃が少なければ喉を傷める事もないわけで。
何より、掃除をすると心もスッキリとして、頭の中も整理が出来ます。

睡眠の改善が、体力も気力も回復させてくれて、
こういう前向きな余裕をくれる様になっていきました。

 

よく眠れるとストレスは減る、発疹も減る!

 

よく眠れる事が、ストレスをかなり軽減してくれました。

その過程が、忙しくとも栄養のあるものを食べようとか、部屋を清潔に保とうとか、
思った事は許される範囲で声に出してみようとか、
心身にポジティブな事を積極的に取り入れようという発想を身に着ける機会にもなりました。

色々な不安や苦悩が減少し、安眠による質の好い休養がとれて、
徐々に首の辺りから発疹が消えていきました。

よく擦れる肘が一番最後でしたが、その頃には、堂々と同僚や上司にも回復の過程の話を
していました。

そして、寝不足が人間の見た目や精神を追い詰める事もあるのだという危機意識を覚えるとともに、
自愛の大切さも学べたと思います。
大げさではなく、生まれ変われた様な気分でした。

 

眠りでストレスや疲れが軽減するなら、少しくらい贅沢しよう

 

毎日の要は、起きている時よりも眠っている時に集約しているのかも知れません。
全身を休ませる為に睡眠はあり、言わば一日の息継ぎの場でもあるわけです。
それなくして泳ぎ切れるほど日々が穏やかだとは言い切れません。

減らせるストレスや疲れならば、この程度でと言って無理はせず、
少しくらい贅沢に考えた方が絶対に良いでしょう。
高級な飯や酒より、よっぽど価値があると思います。

私は特に枕に注目しましたが、勿論敷布団やマットレスもまだまだ改善の余地があるわけです。
出来れば、実際に手に取って触ったり出来る場所へ出向いて行って、
そこでたくさん話してみれば少しずつでも解決へ向かえると思います。

毎日苦しむくらいなら、一日思い切り悩んで解決してしまいましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です