肌再生に影響する睡眠の質、室温管理と寝具を変えて吹き出物抹消!

睡眠不足が招く「ホルモンバランスの乱れ」と「ストレス」

 

睡眠中には「成長ホルモン」(別名:若返りホルモン)が分泌されます。

睡眠不足の状態や、浅い眠りの状態の時には睡眠の質が悪くなりますよね。

睡眠の質が悪くなると、
若返りホルモンと呼ばれる成長ホルモンの分泌量が減少、
皮膚細胞の修復が行われず、肌のターンオーバーにも悪影響を及ぼします。

そのため、
美しくきれいな肌、肌トラブルに悩まされない肌を作るためにも
「質の良い睡眠」をとることは必要不可欠なのです!
・寝つきが悪い
・仕事や子育てが忙しくてなかなか睡眠時間が確保できない
・眠りが浅く、少しの物音でも起きてしまう
・手足が冷えてなかなか寝付けない
そんな方におすすめなのがこの「シンデレラスリープ」

⇒ シンデレラスリープ 公式サイトはこちら

この「シンデレラスリープ」、実はモンドセレクションで金賞を受賞した商品なんです!
「ホルモンバランスを整える」自然由来の成分が配合されており、
「ココロ」と「カラダ」に優しく睡眠の悩みを改善してくれます。

180日間の返金保証付きなのも嬉しいですね!

寝不足・睡眠の質の悪さ、
また睡眠不足による肌トラブルに悩む方はこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか?

努力はしていても、質の良い睡眠がなかなか得られない

 

元々デリケートな部分もあって、
ちょっとした物音でも起きてしまうことがあります。

また明るさなども影響して眠れなくなることがあります。

きちんと光が入ってこないような素材のカーテンをしてはいるのですが、
それでも全く窓を暗くすることができず、
薄明かりがついてるだけでも眠れなくなってしまうことがあります。

時々全く眠れない状態のこともあるので、体もフラフラですし
それでも家事だけがやらなければならないので、辛いとは思いながらも
やるべきことだけはしなければならない状態でした。

ストレスも非常に高く、日中は眠ろうとしても眠れないのでとても辛いのです。

 

睡眠不足が肌の再生に影響、実年齢よりも10歳以上老けた顔

 

睡眠不足になってしまうと、結果的に肌の再生にも影響してしまいます。
よく聞く話ではありますが、10時から深夜2時までの間は
肌を作り出す機能が最大になると言われています。

ところがこの時間に眠ることができないので、吹き出物もたくさん出ましたし、
何よりも顔全体のくすみがひどくなりました。

きちんと眠っていないので、クマも酷いものでしたし
目の周りのシワさえも増えていきました。

実際に実年齢より10歳以上老け込んでに見えてしまうようになりました。

肌トラブルも嫌だったのですが、白髪も増えて良い事は全くありませんでした。

睡眠はこんなに大事なことなのだと自分のトラブルを見て改めて知ったのです。
こんなトラブルが続いていると外に出ること嫌になってしまいます。

 

睡眠不足による肌荒れで見た目に変化、家族も心配

 

肌荒れがひどくなってきたことに関しては、家族にも言われました。
また夜眠れない事に関してもどうしてなのだろうと言われました。

私は更年期に差し掛かった年代でもありますから、
イライラ感があったり夜眠れないような症状が出てもおかしくは無いのですが、
見た目があまりにも変わってしまうと、周りからも心配されてしまいます。

逆にこちらの方が心配をかけてすまないような気持ちになることもありました。
ですが、睡眠障害自体もそうそう簡単に改善できるものではありませんし、
このような状況に陥っている状態をすぐに持ち直す事は簡単ではありませんでした。

それだけ睡眠障害というのは、難しい病気なのだと思いますし、
治療方法も簡単では無いのです。

 

寝れない理由は温度にあった?室温管理でかなりの効果が!

 

私が眠るときに気になっていたのは、光や音だけではありませんでした。
むしろどちらかといえば寝具が合わないことにも原因があったのだと思います。

さらに、ちょっとした温度変化でも眠れなくなってしまうことがあったので、
室内温度をなるべく下げるように新たにエアコンを設置しました。

私の家は高気密高断熱の住宅なのですが、2~3℃温度が変わるだけでも、
急に暑く感じてしまったり寒く感じてしまったりと過剰に反応してしまうのです。

特に暑い時には眠りが悪くなるばかりか、
全く眠れなくなってしまうこともありました。

全部の空調を1台のエアコンに頼りきりだったのですが、
私の部屋だけに特別にエアコンを配置しました。
それだけでもかなり効果がありました。

 

寝具も変えて睡眠不足解消、吹き出物が消えた!

 

エアコンの設置もかなり効果がありましたが、
他にも寝具いくつか取り入れる方法でなんとか眠れるようになってきたと思います。
寝具にもいろいろな種類があり、同じ肌掛け布団でも厚さなどは全く違うのです。

徐々に睡眠不足が解消されるようになりました。

眠っていると安らぎを感じているので、
それだけでも安心できたのですが、
今までできていた吹き出物などが消えていったので、本当によかったと思います。

それまでは、睡眠障害ばかりではなく
皮膚科でトラブルを改善しなければならないかと考えることもよくあったからです。

皮膚科に行く前に症状が治まったことでコンプレックスを解消できました。

 

睡眠不足は肌トラブルの他に日常生活にも弊害が、医師による診察を

 

睡眠不足の症状というのは誰にでもあるものです。
ですがその原因というのは人それぞれなので、
何をしたら自分の睡眠の質が良くなるのかということも、
よくよく考えるべきです。

重い睡眠障害の人は医師による診察を受けたほうが良いかもしれません。
睡眠不足に陥ってしまうと肌トラブルが起こるばかりか、
日常生活自体が困難になってしまうという不安要素もあります。

生き生きと毎日を過ごすためには睡眠の質というのは最も重要な事柄であり、
放置しておくと過労で様々な病気に陥ることさえもあります。
そうなる前に治療をすべきなのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です