毛穴のケアでニキビやニキビ跡など、肌全体のトラブルまで解消!

20代前半で透明感なしの肌、毛穴がボツボツの鼻がひどい

 

スッピンでは外を歩けないような汚い肌で、
みずみずしさや透明感は微塵もありませんでした。

頬に至ってはそれほど目立つものではありませんが、鼻が酷かったです。
毛穴が大きく開いていて、まさにいちご鼻という感じでした。
あまりにポツポツしているため、穴が開いているのかと思ったくらいです。

そんな肌をみて、私はいつも悲しい気持ちになっていました。
「一生すっぴんで歩ける日は来ないのだろうか」と
どん底に落ちたような気分でした。

また、まだ若いのに
今でこんなに汚かったら将来どうなるのだろうと
不安にもなったのを覚えています。

周りの女の子は毛穴なんて全然目立っていなくて綺麗な肌の子ばかりで、
その子たちと比べては溜息をついていました。

 

大切なのは落とすこと、クレンジングや洗顔を改善

 

しっかり汚れを落とし毛穴を引き締めなければと思い、
クレンジングや洗顔を見直すことから始めました。

今までは化粧品や乳液のほうにばかり目がいっていたのですが、
大切なのは落とすことだと思ったのです。

いくらケアをしても、その土台が綺麗でなくては意味がないと思い、
クレンジングと洗顔を改善することにしました。

当たり前のことではあるけど
その当たり前を積み重ねようと考えたのです。
それからは、使うものにこだわったり洗い方が丁寧になりました。

 

毛穴が小さくなってきて、自分の肌が好きになってきた!

 

少しずつ毛穴が小さくなっていくと、
なんだか気分が明るくなってきて自分の肌が好きになっていきました。

毛穴の悩みがある時は、人と目を合わせて話すことを避けがちだったのですが、
改善されていくと自然と積極的に人と話せるようになりました。
以前よりも笑顔が増えたようにも思います。

「今までケアを頑張って良かった」という気持ちになりました。

それからというもののすっかり美容が好きになり、
肌に使うものをこだわったり生活習慣も変わっていきました。

肌のことを一番に考えて外食やお菓子類は控えたり、
睡眠や運動にも気を遣うようになったのです。

毛穴という1つの悩みが解消されたことで、
美に対する意識が高まり綺麗になりたいという気持ちが増しました。

 

毛穴汚れやニキビを乗り越え綺麗な肌へ。努力は報われる。

 

毛穴の開きが気になっているときは、
同時にニキビなどの悩みも抱えていて、
到底人に褒められるような肌ではありませんでした。

自分でも自覚はしていましたし、実際に肌を良く言われたことはありません。
それが、毛穴ケアを行なっていく中で
「肌綺麗になったね」と言われるようになったのです。

最初は信じられなくてお世辞かなと思っていたのですが、
それからもたくさんの人に肌を褒められるようになって
「私本当に肌綺麗になったんだ」と思いました。

その時は涙が出るほど嬉しくて、努力は報われるということを知りました。
今までは肌を褒められる喜びというものを知らずに生きてきて、
初めて褒められた時
「女性って肌を褒められるとこんなに嬉しいんだ」と気付きました。

 

毛穴ケアから肌全体がきれいに、肌はスキンケアするほど改善される

 

女性としての美意識が高まったことが、このケアを続けて最も良かったと感じる点です。

最初はとにかく毛穴を少しでも小さくするためにただ必死でしたが、
知らず知らずのうちにこのケアが私を変えていました。
毛穴の悩みが改善されると、もっと綺麗になりたいと思うようになったのです。

毛穴開きがなくなっていくと、自然と肌自体も綺麗になっていき
それまで抱えていた肌トラブルも改善されました。

今まで本気で肌と向き合ってこなかった私にとって、これは大きな発見だったのです。
きちんとケアをすればするほど肌は綺麗になっていくということを知り、
美容が楽しくなりました。

外側からのケアだけでなく、食生活なども見直すことで
より綺麗になれるということを知りました。

 

毛穴ケアをして、ニキビやニキビ跡の悩みも同時に解消しよう!

 

毛穴の悩みが改善されると、肌全体も見違えるほど綺麗になるということを伝えたいです。

私は毛穴以外にもニキビやニキビ跡にも悩んでいましたが、
毛穴ケアを進めることで同時に悩みが解消されました。
肌に透明感が出てつるつる肌になったのです。

また、肌の悩みが解消されると人と関わることが楽しくなって自然と笑顔も増えますよ。
肌が綺麗でいつも笑顔の人は同性から見てもとても魅力的です。
ある程度時間はかかりますが、毛穴のない美肌を目指しましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です