口元や頬が突っ張ってかゆい、基本的なケアと美容液が症状を改善してくれた

 

乾燥が特にひどい季節の変わり目、肌が毛羽立ってかゆい

 

学生時代までは常に顔が油っぽく、ニキビ肌に悩んでいた私。
しかしを大学を卒業し社会人になったころから、突然肌の乾燥によるかゆみや赤み、
肌のつっぱりを感じるようになりました。

特にひどいのは季節の変わり目。

それが暑い時期だろうが寒い時期だろうが関係なく、
寒暖差がはげしくなってくると突然肌が毛羽立ちだし、かゆみを伴うようになってきました。

乾燥からか毛穴の開きも気になったり、乾燥が原因の大人ニキビまで引き起こされる羽目に。

私も歳をとったんだなぁと、時の流れを実感したと同時に、
それまで油っぽい肌に悩んでいたせいで保湿を怠っていたツケが回ってきたのかとかなり反省しました。

肌の悩みが尽きることはないのかと悲しくなったのが当時の気持ちです。

 

無添加・アルコールフリーの基礎化粧品で保湿を心がける

 

とにかく、保湿を心がけました。
ネットで乾燥肌に効く基礎化粧品について調べましたが、
ひどい敏感肌のため合いそうなものも限られていました。

無添加、アルコールフリーのものに的を絞り、
お風呂上がりにはまず何よりも先に肌の保湿をすること。

そしてしっかりとパックをすること。
最後は乳液でしっかりふたをすること。オーソドックスですが、
毎晩きっちりと基本的なケアをすることを心がけました。

化粧水前のホットタオルも効果があったと思います。

 

口元や頬の突っ張り・痒みは毎日5分間のパックで改善

 

乾燥が目立つ季節になると、化粧が浮いてみえること、
ファンデーションがしっかりと肌に密着しないことが一番の悩みでした。

そして朝しっかりお化粧を施しても、時間とともに口元や頬の突っ張りが気になりだし、
次第にかゆみを伴って来るというのが何よりも辛かったんです。

しかし、日々のケアを怠らず毎日5分間のパックを心がけることで、
次第に肌質も落ち着いてきました。

素肌のままではまだ毛穴の開きが目立つ状態ですが、
お化粧をすると自信を持って人と向き合えるように。

それまでは肌に自信がなかったため、
綺麗な肌の持ち主と話すときはどうしても俯きがちでしたが、
肌に自信が持てるに連れ、社交的に、そして性格も明るくなったと思います。

 

美容液は将来への自己投資!長く悩まされた乾燥肌から解放!

 

仲の良い友人からは
「肌が乾燥してる」「皮が剥けてる」
「ファンデーションが浮いている」と
散々指摘されていた私。

それまでの日々のケアは化粧水、パック、乳液で終了でしたが、
30歳を目前に周りから「そろそろ美容液とか使った方が良いよ」とアドバイスを受けました。

決して美容に無頓着なわけではありませんでしたが、
いざ自分の肌に合うものを探そうと思うと案外難しいんですよね。

加えて美容液は、どれもお高めのお値段。
だけど将来への自己投資だと思って、友人の勧める値の張る商品を購入してみました。

結果、それが功を奏し、長く悩まされた乾燥肌から解放されることに。

友人たちも私の肌の変化に気づき、
「調子がいいと表情明るくみえる」と言ってくれました。

 

彼氏にも「ほっぺがツルツルじゃん!」と褒めてもらえるように

 

仕事終わりの夕方や、ジム帰りの汗を書いた肌にはいくらお化粧直しをしようとも無駄。

また、コンディションの悪いお肌には掻いても掻いても治まらない痒みが出てしまい、
それが何より不快でした。

職業柄汗はどうしてもかいてしまうので、
お化粧を落とすまで痒みに悩まされることなく過ごせることが喜びでした。

また、付き合っている彼氏にも肌質を褒められるように。

もともと私よりもモチモチの肌の持ち主で、私はコンプレックスを抱いていましたが、
真剣にケアを始めてからは、
お風呂上がりの私の顔をみて「ほっぺがツルツルじゃん!」と
褒めてくれるようになりました。

ふいに触られても恥ずかしくないモチモチ肌になれたことを嬉しく感じています。

 

毎日のシンプルケアが何よりも美肌への近道

 

色々なケア方法や、高い基礎化粧品もありますが、
それはあくまであなたの日々の努力の上に効果を発揮するもの。

何よりもまずは、シンプルで基本的なケアがものを言う!それこそが美肌への近道だと思います。

とくに乾燥肌に悩む大人は多いもの。
粉を吹いた顔だといくらお化粧をしても粗は隠せません。

お化粧に頼るのではなく、しっかりと保湿を心がけ、乾燥対策をしましょう。

繰り返しますが、何よりもまずは毎日のシンプルケアが大切!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です