黄色い膿が出るニキビ、皮脂分泌の改善で治すことができました!

黄色い膿が出るニキビ、厚塗りファンデーションで悪循環

 

頰にたくさんニキビができている状態でした。
やってはいけないと分かっていながら、気になって潰すというのも続けていたので、
当たり前ですがニキビ跡も赤くなっていました。

その肌を見た時は非常に悲しく、
スッピンを見られるのが嫌で嫌で仕方なかったです。

そしてファンデーションを厚塗りする日々が続いていたので、
ニキビがなかなか改善しませんでした。

パウダーが入った化粧品を使い続けていたのですが、
それが尚、肌を乾燥させ、余計に治らなかったのだと気づくまで
時間がかかりました。

実は水分も必要なのだというのに気づくまで、ニキビだらけのひどい肌でした。
黄色い膿が出たりして恥ずかしかったのを覚えています。

 

水分不足が皮脂の分泌を増加させる原因に?

 

まだ若かったこともあり皮脂の分泌が激しかったので、
乾燥をさせたらいいのではないかと思い、
パウダーが入った化粧水を信じ込んで使っていました。

しかしなかなか改善が見られなかった頃、
立ち寄ったアルビオンのカウンターで、スキンコンディショナーを勧められました。

実は、水分不足になっているから
皮脂の分泌が止まらないのではないかという分析をいただいたからです。

自分でも納得して、スキンコンディショナーを使い始めました。

 

皮脂分泌の改善がニキビ改善につながった

 

スキンコンディショナーを使い始めてから、潤いが良かったのか、
まずは皮脂の分泌が改善され、ニキビの改善にもつながりました

今まで本当に、肌を見られること=顔を見られること自体が
とっても恥ずかしかったのですが、そういう気持ちが薄くなっていきました。

少し性格も明るくなった気がします。
また「出会い」という場が非常に嫌いだったのですが、
新しい方との出会いに積極的になり新い友達ができるようになりました。

それだけ自信をなくしていたんだと実感しました。

ニキビが改善されて本当に嬉しい感情が湧き起こり、自分への自信も取り戻し、
社交的になれたことで生活は180度変わりました。

なぜこんなに人生を楽しめていなかったのだろうというほどに変わりました。

 

女の子だからと心配してくれた親にも、嬉しい報告ができた!

 

特に親からの評価が良かったと思います。
十代の頃から一緒に悩んできたので、一緒に喜んでくれていました。

ニキビだらけの十代を送っていたので、
久しぶりに会った親にニキビが落ち着いているのを気づいてもらって嬉しかったです。
親も女の子だからとかなり心配をしてくれていました。

十代の時は皮膚科にも連れて行ってくれたりと
「なんとかしてやりたい」といろいろ力を貸してくれていたので、
私も治ってきたお肌を見せることができて嬉しいの一言です。

また友達に会うときも、ニキビを隠すようなお化粧をすることがなくなったので、
お化粧が薄くなったとほめられました。

「実は濃すぎるって言えなかったんだよね」と告白してくれました。
友人からも自分のことのように喜んでもらえて嬉しかったです。

 

皮脂分泌の改善で、化粧直しの時間も短くなった!

 

やはり自分への自信が取り戻せたことが一番良かったと思います。
ニキビケアに取り組む前は、お化粧をしても下を向いて歩くことが多く、
かなりの厚塗りでニキビを隠していました。

また、皮脂の分泌も激しかったので、お化粧直しが1時間に1回とかでした。
自分の顔が今どうなっているのか、ピカピカにてかっているのではないかと
心配することが多く、トイレに行く回数も増えました。

そんなことをしなくて良くなったのです。

時間を無駄にしていたんだなとも思います。
今は前を向いて歩くことができますし、
会議中でも自分の顔がどうなっているかなんて気にならなくなりました。

そして自分に自信が戻ってきたことで社交的になれたことでしょうか、
これも良かったと感じています。

 

保湿の大切さを知れたのがニキビケアのターニングポイント

 

ニキビケア、本当に辛いですよね。
私は十代から二十代までニキビのおかげで暗い人生を送っていました。
お肌の綺麗な友達を見てくよくよすることも多かったです。

でも、きちんと化粧品のプロにアドバイスをもらったことで、
実は保湿も必要だと気付いたところが自分のターニングポイントになりました。

治った後は、本当に嬉しく自分に自信が取り戻せます。
下を向いて歩いていた自分から前を向いて歩ける自分になったのです。

ぜひあなたもニキビケアをして、自信を取り戻しましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です