ピーリング石鹸の継続利用で中学生からの悩みだった毛穴の開きが!

中学生の頃から鼻と頬の毛穴の黒ずみが気になる….

 

中学3年生頃から毛穴の開きが目立ち始めました。
気になった部位は顔とデコルテです。
特に鼻と頬の毛穴が大きく、黒ずんでおりひどい状態でした。

照明が強い鏡で見ると毛穴の開き具合がはっきりとわかるため、
美容院や化粧品売り場などの鏡は見ないようにしていました。
人と会話する際も、自分の肌の汚さが気になり、うつむきがちになりました。

そのためか、自信がなさそう、おどおどしているなど
印象がよくないイメージを持たれることが多かったです。

化粧をしてもファンデーションのノリが悪く、
余計に肌が汚く見えるためできない状態でした。

また、紫外線にあたると毛穴の開いた部分が茶色く色素沈着するため、
日照りが強い日は外出しづらくなりました。
そのため日中は家にこもることが多かったです。

 

病院で処方されたピーリング石鹸で洗顔、毛穴の汚れが落ちやすくなった

 

皮膚科で処方されたピーリング石鹸で洗顔することを始めました。
選んだ理由は、病院で処方されたものであれば安全で、
確実に効果が期待できるというイメージがあったためです。

また、エステの毛穴洗浄や医療レーザーなどの高額な治療に比べて安価で購入できるため、
始めやすいというのも決めてになりました。

結果的にはピーリング石鹸だけでは、
期待した効果を得ることはできませんでしたが、
毛穴の汚れは落ちやすいため今でも愛用しています。

 

毛穴がきれいになって化粧をする機会が増加、女子力アップ!

 

性格面では自信を持って人と会話することができるようになりました。

今までは人の意見や指示に従って行動することが多かったですが、
自分から率先して意見を発言できるようになりました。
また、嫌なことは断ることができるようになりました。
以前までの自分には信じられない変化です。

美容面ではファンデーションのノリがよくなり、化粧をする機会が増えました。

以前はノーメイクが多かったため、可愛い服が着づらく、
パーカーにGパンなどボーイッシュな服装が多かったですが、
今ではワンピースや丈が短いスカートなど
女性らしい服装に挑戦できようになりました。

また、美容院や化粧品売り場などの照明の強い鏡をまっすぐ見れるようになりました。

 

キレイになって、女性として扱ってもらえるように

 

明るくなった、自信がついたように見えると言われることが増えました。

また、以前より綺麗になったと言われることもあります。
今まではそんな言葉をかけてもらったことがなかったため、とても嬉しかったです。

また、自意識過剰かもしれませんが、
男性からの扱いが以前よりよくなったように感じます。

今までは、異性として扱ってもらえないことが多かったですが、
女性として扱ってもらえるようになりました。

その他、肌が汚かった頃を知っている人たちからは
どのように改善したのか質問されることが多くなりました。

今までは自分の肌のことばかり気にしていたため、気づきませんでしたが、
毛穴の開きで悩んでいる人は
私以外にもたくさんいたのだと知るきっかけになりました。

 

毛穴の開きを改善して化粧をしたら、身も心も生まれ変わった

 

肌が綺麗になったことはもちろんですが、
自分に自信が持てるようになったことが一番良かったと感じます。

特に今までは毛穴の開きによりファンデーションがうまく馴染まず、
化粧ができなかったのが悩みでしたが、

開きが改善されたことにより、化粧ができるようになり、
今までは挑戦しづらかった女性らしい服などが着ることができるようになりました。

また、肌の汚さにより、会話をする際はうつむきがちになり、
早く会話を終わらせることばかり考えがちでしたが、
それが改善され、相手の目を見て会話を楽しむことができるようになりました。

自分が変わると周りの対応も変わるため、その変化も感じることができて良かったです。
大げさな言い方になりますが、生まれ変わったような気分です。

 

変化がなくても諦めず続けることが必要

 

毛穴の開きには、すぐに効果がでる治療が少ないため、諦めてしまう人は多いと思います。
しかし、変化がなくても諦めずに続けることが必要です。

肌が綺麗になれば、周りからの印象も代わり、対応にも変化がでてきます。

特に女性であれば化粧のノリがよくなり、
今より絶対に美しく変身することができます。

今は辛いかもしれませんが、
肌が綺麗になった姿をイメージし、諦めずに乗り越えて欲しいです。

続けていれば絶対に効果がでてきます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です