脂っぽい食事はニキビにNG!私は「肉」がニキビの原因だった!

私のニキビの原因は鶏肉や牛肉かもしれない?

 

おでこや頬や口の周り、顎の部分に小さいニキビができていました。

私はその頃、よく鶏肉や牛肉を食べていました。

肌にニキビができるのが嫌なので、
鶏肉を食べる時は皮や脂身の部分を取った胸肉やささみ、
そして牛肉を食べる時は赤身肉の部分だけを食べるようにしていました。

このように、肉を食べる時は脂身の少ない部分の肉を食べるようにしていたのですが、
食べる頻度が多かったからか、
おでこ、頬、口の周り、顎の部分に小さいニキビができてしまっていました。

私は朝起きた時に必ず鏡を見て、自分の肌の状態をチェックしています。
窓際に行って鏡を見た時に、自分の顔に小さいニキビが沢山できていた時は
かなりショックを受けました。

 

肉を食べることを止めてみた、これもニキビをなくすため!

 

ニキビケアに取り組むことを決めた時、
まず私は肉を食べないようにしました。

私は18歳くらいから、
肉を食べる時はなるべく脂っぽいところを省いて食べるようにしています。

そういったことをしていても、
肉を食べた翌日は肌に小さいニキビができてしまいます。

私は絶対にニキビができないように、肉をほとんど食べないようにしました。
肉を食べる時は、鶏肉のささみや皮を取った胸肉を食べるようにしているのですが、
そういったヘルシーな肉もほとんど食べないようにしました。

やはりニキビというのは、脂っぽい食べ物を食べるとできると思っていたので、
極力、食べないようにしました。

 

ニキビがよくなって、性格が明るくなったと実感

 

ニキビが改善されていくうちに、自分の肌に自信が持てるようになり、
性格が少しだけ明るくなったと思います。

私は元々おとなしい性格で、普段、自分から話しかけません。
でもニキビが改善されていくと、自分から話しかけるようになりました。
性格も少しだけ明るくなって、ポジティブな考え方になったと思います。

私は元々ネガティブな考え方をするほうではありませんが、
かといってポジティブな考え方をするほうでもありませんでした。

でもニキビが改善されていくと、
だんだんとポジティブな考え方になっていったような気がします。
生活自体はそんなに変化していません。
ニキビができなくなって、とても嬉しかったです。

 

かつては肌がきれいだった、ニキビで悩むなんて思ってもいなかった

 

私は元々肌が綺麗なタイプだと思っていますし、
周りの人にも「ゆで卵のような肌だね~」とか「肌が綺麗だね~」と
言われることもあったのです。

容姿はあまり良くないのですが、肌だけは自信がありました。
子供の頃からニキビがあまりできないタイプだったので、
自分としてもニキビで悩むとは思いませんでした。

ニキビケアを行っていく中で、私の周りの評価はそんなに変化しなかったのは、
私が悩んでいた小さいニキビはあまり目立たないものだったからかなと思います。

 

食事に気をつければ、ニキビも自然とできなくなる

 

ニキビケアに取り組んで最も良かったと感じることは、
自分の肌に小さいニキビができなくなって、肌が綺麗になったことです。

私は、いつでも肌を綺麗にしていたいので、
小さいニキビが1つでもあると憂鬱な気分になってしまうのです。

肉をほとんど食べないようにして、ニキビができなくなったので、
本当に良かったな~と心から思いました。

今でも肉をほとんど食べないよう食事に気を付けているので、
顔にほとんどニキビができません。

前日の食事内容を思い返して
「あ~、あの食べ物が多分いけなかったんだろうな~」
と思うようにしています。

 

揚げ物やスナック、脂っぽい食事はニキビにはNG!

 

ニキビケアに取り組もうとしている人にアドバイスすることがあるとすれば、
脂っぽい食べ物を食べないようにする!
ということに尽きると思います

脂っぽい食べ物というのは、
・肉や魚や揚げ物
・乳製品や油が沢山使われているお菓子
・インスタント食品やナッツ
などです。

こういった脂っぽい食べ物を食べると、翌日、ニキビができてしまうと思います。
なので、こういった脂っぽい食べ物は、肌を綺麗に保つために
食べないようにすると良いと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です