30代手前で大人ニキビが大量発生、10年かけて理想の肌を手に入れた話

お肌の曲がり角と言われる30代手前で大人ニキビ発生

 

私は自分で言うのもなんですが、
もともとの肌はきれいで肌トラブル知らずの思春期から青年期だったんです。
肌トラブルが起き始めたのは「お肌の曲がり角」と言われる30代の手前くらいでした。

急にストレスのかかる仕事に就いたことで大人ニキビが大量発生しました。
その後、ケアして大人ニキビが落ち着いたのは良かったのですが、
ニキビ跡が肌にクッキリと残ってしまいました。

どんどん年を重ねるほど毛穴の開きと共にニキビ跡が広がってきてしまい
顔の頬の部分と小鼻の辺りが特にひどい状態でした。
肌がたるむと毛穴もたるんできてしまうので急激にオバサンになってしまった気持ちでした。
顔だけでなく脚や腕の毛穴も広がり始めた時に慌ててケアを始めました。

 

肌荒れや毛穴が目立つと同僚や友人から指摘の嵐

 

私の同僚や友達は普段口にしては言いにくい事もズバズバ言い合う関係なので
「鼻毛出てる」とか「目ヤニ出てる」
「太った」「肌が汚い」などという会話が飛び交う日常なんです。

私の肌のキレイさは周囲からも羨ましがられていて、
よくスキンケアやメイクの仕方などを聞かれていました。

それが、ストレスや乾燥で肌が荒れたり毛穴が目立ってきたりするようになったら
「あんなにケアしてもそうなるの?」とか「毛穴隠れてないよ」などと
言われるようになったんです。

時間をかけてスキンケアをして、丁寧にメイクもしているのに加齢には勝てないのかな?
と、悲しい気持ちになる反面、
絶対キレイな肌を取り戻してみせる!という決意にも似た感情が生まれました。

 

「肌がキレイは七難隠す」は本当!メイクなしでも肌がきれいなら美人!

 

私は、周囲を見ていて常々思っていることがあって
「肌がキレイは七難隠す」は本当だと思って信じています。
年を重ねて、そんなにメイクをしていなくても肌がキレイなだけで若々しく元気に見えるんです。

若い女の子がせっかくキレイな肌をしているのに
メイクでゴタゴタにしているのが勿体ないのと同じです。
美人とか不美人とかいうレベルの問題ではなく、印象美人になりたかったんです。

なので、スキンケアには人一倍お金も時間もかけて頑張っていましたし、
メイクも肌がキレイに見えるように、
血色が良く若々しく元気に見えるメイクを心がけていました。

そんな時に、毛穴が汚いとか毛穴の開きで老けた印象になるのは
自分的にも許せなくて必死な気持ちでした。

 

小鼻の毛穴は洗顔、頬の毛穴はホホバオイルでマッサージ

 

新たな化粧品を買うまで時間があったので、今使っている物で間に合わせる事から始めました。

小鼻の毛穴が開いて毛穴汚れも溜まっていたようだったので
クレンジングと洗顔をしっかりすることから始めました。
それだけで、小鼻の毛穴トラブルは解消できました。

頬の周りにびっしりある開いた毛穴、たるんだ毛穴は
お風呂上りの化粧水、乳液のあとで、
保湿クリームかホホバオイルを使って顔のマッサージをしました。
指先でクルクルすると毛穴から角質がポロポロとれて肌全体が明るくなりました。

その後、毛穴対策の美容液を買ったので
顔全体と手の甲など気になるところに使っていたら毛穴が引き締まってきました。
その後、美顔ローラーを買って使ってみたら更に毛穴が引き締まってくるのが分かりました。

 

「サボったら明日の自分は肌が汚い」この気持ちで継続できた

 

私は基本的な性格が飽きっぽいので、ダイエットや運動も長続きしません。
メイクもアイメイクに凝り始めると口紅を塗るのが面倒になってしまうくらい飽きやすいんです。

でも、そんな中で長続きしているのがスキンケアです。
夜、疲れて寝てしまいたい時も
「今サボったら明日の自分の肌は汚い」と思うと
パックを始めるくらいです。

毛穴に集中している時も、毛穴の状態が改善したら毛穴ケアは怠ってしまいます。

でも定期的に肌の状態を見る癖がついたので
今では2,3日に一度は毛穴ケアもして、
美顔ローラーも毎日は続きませんが週に2日はサボっていい日をつくる事で長続きしています。

やはり、肌がキレイじゃないと気持ちも憂鬱ですし、
見た目の印象に自信が持てなくなるのでケアは欠かせないです。

 

肌が目に見えて改善されるのは癖になるほど感動する

 

私が、スキンケアや毛穴ケア、
年齢肌対策をしているなかで一番楽しい時は、効果を実感出来る時です。

誰でもそうだと思いますが、
目に見えて自分の顔が血色が良くなったり引き締まったりするのを実感すると
クセになってしまうくらいの感動とか喜びがあります。

毛穴対策美容液を初めて使った時も感動しましたし、
美顔ローラーを初めて使った時は興奮して宣伝しまくりました。
自分にしか分からないくらいの効果であっても嬉しいです。
そんな、体験談や商品の紹介を楽しみにしていてくれる友達もいます。
それがまた嬉しい事でもあります。

私が使って良かったものを友達が使って喜んでいる姿をみるのは楽しいです。
美容系の話はいくつになっても女のテーマなので楽しく情報交換していきたいです。

 

消極的だった私が、スキンケアで笑顔が多くなった

 

毛穴が開いて凸凹だったころ、
ファンデーションを塗っても隠れてくれなくて自分に自信が持てず少し消極的でした。
肌トラブルが起きると私の元気はみるみるうちになくなっていくんです。

友達や美容部員さんに励まされながらスキンケアをしているうちに効果が出て来て、
私はどんどん前向きな気持ちに変わっていきました。
笑う事も多くなった気がします。

周りから「肌キレイになってきたね」「凸凹消えたね」と言われる度に嬉しくて、
新しいメイク道具を買ってメイクを楽しめるようにもなりました。
肌がツルンとなってきた時は、いつまでも頬を撫でて一人で喜びを噛みしめていました。

その後、すっかり肌がキレイになって毛穴トラブルともお別れした後は
お化粧するのが大好きになり過ぎてコスメを買い過ぎました。

 

肌トラブル解消に10年!諦めずケアを続け、自信を取り戻そう!

 

毛穴が汚い、毛穴が開く、肌がたるむなど肌トラブルって憂鬱な気持ちになってしまいますよね。
中には笑えなくなってしまった人もいるかもしれません。

でも、肌はいつでも生まれ変わる準備をしているので自分にあったお手入れをすれば
その悩みから解消されると私は思っています。
私も長年悩んで10年後理想の肌を手に入れたので。

時間はかかるかもしれませんが、どうか諦めずコツコツとケアを続けてみてください。
そして、自分の自信を取り戻して笑って下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です