白ニキビは潰しちゃダメ!中高生時代の自分に教えたいニキビケア

中学高校時代、白ニキビがあれば潰してばかり

 

赤い炎症ニキビ、白ニキビが頰や顎に常にできていていました。
たまに顔の中心部分、鼻や口周りにできると特に目立つので、
とにかく人と話すときに気になりました。

中学・高校のときには、潰してはいけないなんて知識もなく、
白ニキビは必ずといっていいほど潰して、今では後悔するばかりです。

当時潰したニキビは、ほとんど頰のニキビで、
大きく開いた毛穴の目立つ肌になってしまいました。

当時の自分にやめなさい、と本当に言ってあげたい。
でも、その時は白いニキビが顔で膨れ上がっているのが、我慢できなかったのです。
その場しのぎでも、潰せば白ニキビはいなくなりますから。

でも潰していた手や爪が清潔だったかも疑問ですし、
今思えば余計な菌を塗り込んでいたのでは、と凄まじく怖いです。

 

ニキビのない肌になりたくて、まずは洗顔料の見直し

 

ニキビの無い肌になりたいというのが一番ですが、
雑誌か何かで、洗顔が大事という知識を得たのだと思います。

まずは洗顔料を見直すことにしました。

中高生なのでお金はかけられず、
ドラッグストアに売っているニキビ用の洗顔料を試すことからはじめました。

いくつか使って、使用感が良かったものをしばらく使っていました。
当時は油分の分泌量が多く、顔が脂ぎっているのも嫌だった記憶もあり、
油分の分泌を抑えて、かつニキビをケアしたかったのだと思います。

 

ニキビのない顔なら、プリクラだって楽しく撮れる

 

ニキビケアの結果、人と話す時にニキビが気になって仕方が無い、
ということがなくなり楽しく話せました。

高校生の時は、プリクラが登場したばかりの頃でしたので、
毎日のように友人たちとプリクラを撮りに行くのがお決まりの遊び。

ニキビがある時は、本当に嫌で、髪で隠したりしていましたが、
ニキビがなくなるにつれ、プリクラ(写真)を撮るのも楽しかったです。

ニキビがあれば隠したい、という気持ちでいっぱい。

恥ずかしい、汚い肌を見られたくない、なんでニキビができるんだろう、嫌だなあ、
というマイナスの気持ちばかりですが、
ニキビができなくなっていくとこのような感情も抱かなくてよくなりました。

ニキビがあれば、鏡を見るのが苦になることもありますが、それも気にならなくなります。

 

顔を出すのにだって抵抗なし!ショートカットにチャレンジ!

 

中高生の時は、周りもニキビに悩んでいる友人が多く、
きれいになっていくと皆、敏感に「きれいになったね」と言い合います。

私の場合は、頰のニキビを髪で隠すことが多かったですが、
ニキビがなくなり出すとショートカットにも挑戦できました。
短い髪、似合うね、と言われたのを覚えています。

ニキビがあると好きな髪型にもできなくて、髪を耳にかけることもできない。
とにかく顔(ニキビ)を出すのが嫌で仕方無いので、
髪型なんて二の次だったんです。

それが、好きな髪型ができるようになって、おまけに褒められたりして。
そういった経緯で、20年近く前のことなのに、
褒められたことを、よく覚えているのだと思います。

他にも、メガネからコンタクトに変えたり、顔まわりのおしゃれができるようになりました。

 

ニキビたった1つでどれだけテンションが変わることか!

 

ニキビケアの一番の効果は、自信が持てるということ。
ニキビひとつで、気持ちがどれだけ沈むことか!

今現在、そう頻繁にニキビができることはありませんが、
たまに大きいニキビが急にぽんっとできるときがあります。
そのときは、本当にテンションが下がります。

メイクで隠そうにも、いつもよりかなり手間をかけなくてはいけない。
朝から急いでいるのに、なのにニキビがあるせいで、と
何をするにも気分が落ちがちです。

それが、学生の頃は毎日ニキビがあったんですから、
本当に気持ち的には憂鬱だっただろうなと思います。

メイクもしていなかったですし。
髪や手で隠すくらいでしたから、まっすぐ前を向くのが億劫だったはず。

それが、ニキビがなければちゃんとまっすぐ前を向いて、人ともコミュニケーションが取れる。
ニキビのせいで憂鬱にならず、メイクしたり、おしゃれしたりするのが楽しくなりました。

 

ニキビは絶対潰すさないで!ニキビに悩んだ経験者からのアドバイス

 

とにかく、ニキビは潰してはいけない!

跡が残ります、毛穴も開きます。
それが自分の失敗したことなので、一番に言いたいです。

あとは、ニキビがある時、本当に沈んだ気持ちになると思いますが、
キレイになればいろんなことが楽しめます!
一日で劇的にニキビがなくなるということは、なかなか無いと思いますので、
地道なケアが必ず必要になります。

何もしない、もしくは間違ったケア(私の場合は潰す、髪や手で隠す等)をするより、
少しずつでも正しいケアをしましょう!
それが美肌に繋がります!
ニキビを無くして明るい毎日を手に入れましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です