超カンタン!お肌が喜ぶシャワーの浴び方

5cac5f24607ad65f9a24a905906eaa33_s

身体をシャワーに適応させよう

 

実は、

シャワー浴び方一つで、

美肌を手に入れることができます。

驚くほど簡単ですから、

ご紹介しますね。

 

もちろん、

手軽な健康法

としても最適です。

 

どうしても

浴室内外とでは、

温度差がありますよね。

 

まずは、

身体シャワー慣れさせるのが

ポイントです。

 

最初は少しぬるく感じても、

37℃位で全身にかけます。

※本格的な運動前の準備運動だと、

考えましょう。

 

注意点は、

温度だけではありません。

 

シャワーを当てる場所も、

重要になるのです。

始めは、

いきなり胸元ではなく、

からシャワーをかけましょう。

 

その理由は、

心臓から遠い場所だからです。

 

次に、

身体の洗い方を見ていきましょう。

 

たっぷりの泡で汚れを落とす

 

手触りがなめらかで

刺激の少ないボディタオルを

素材として用意します。

タオルで汚れを落とす訳ではなく、

しっかりと泡立てた

汚れ落とすことに意識しましょう。

 

125_3500x3500_300dpi_all-free-download.com_1517734

 

◆主なボディタオルの素材◆

 

① 合成線維
・泡立ちが良い

・擦り過ぎて肌トラブルを起こす危険がある

 

② 綿
・泡立ちはイマイチ

・お肌への刺激が殆どない

 

泡タイプのボディソープなら安心です。

③ 麻
泡立ち良い

長持ちする上に、乾きやすい

④ 絹
・手触りが優しい

・強く洗うとバリア機能を傷付ける危険がある

 

温度は湯船より高めに設定する

 

湯船に浸かるのとは違い、

シャワーは

汚れを洗い流すのが目的です。

少し熱く感じる程度の

温度設定が、

理想的になってきます。

41℃~42℃位で、

身体がポカポカする位まで

かけ続けましょう。

 

冷水で毛穴を引き締めて代謝促進する

 

身体がポカポカの状態で

上がりたいですよね?

しかし、

毛穴開いたままの状態ですから、

お肌は引き締まっていません。

そこで、

サッと全身に冷水をかけましょう。

 

「全身に冷水は、ちょっと…。」と

思われるかもしれませんね。

 

もし、抵抗のある方は、

少しかがみ足首

ふくらはぎだけでも

冷やしてみて下さい。

 

頭寒足熱が美肌の秘密

 

昔から、

頭寒足熱」が

健康な身体の基本です。

 

要するに、

上半身を温め、

足元は冷やすことで、

新陳代謝促してくれます。

 

その結果、

全身の血行が良くなり、

身体も内側から温まるのです。

 

美肌を目指す方にとって

血行不良は、

最も避けたいことでしょう。

 

b4addf18ac75cc3b8ee90149e54f9d73_s

 

シャワーでマッサージして老廃物を追い出す

 

シャワーでマッサージ

と言われても、

イメージしにくいかもしれません。

前述の通り、

新陳代謝の促進には、

オススメなのです。

「今日は何だか、

肩が重いし、足もむくんでいる」

こうした時に、

是非、試してみて下さい。

 

39℃~40℃の温度が、

理想になります。

患部に暫く、

かけ続けましょう。

 

最後に、冷水をかけることも

忘れないで下さいね。

この時、

シャワーノズルを固定すると、

全身に無駄なく当てられます。

 

これは、

リンパマッサージと同じです。

リンパ節は、

身体中にあります。

 

◆リンパマッサージが効果的な部分

 

・ ワキの下
・ 耳の後ろ
・ 首の後ろ
・ 足の付け根
・ ひざの後ろ
・ 足首

 

これら6つ

リンパ節を中心にマッサージします。

さらに、重要なのが、

入浴前後の水分補給です。

これを怠ると、

脱水症状の危険性が

高くなってしまいます。

 

5cac5f24607ad65f9a24a905906eaa33_s

汗と一緒に

老廃物排出することは、

美肌を目指すなら欠かせませんよね。

 

 入浴後は、

必ず水分補給をしましょう。

 

以上の方法を利用して、

健康的な美肌作り

役立てて下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です