過敏症の肌でも大丈夫!私が1ヶ月で肌のトーンアップ効果を感じた話

心を寄せる彼には結婚を前提に同居している彼女がいた

 

20代の後半、外資系企業の日本支社に勤務していました。

その頃、ドイツ本社の代表者が夫婦で初めて日本を訪れた際、
一緒にやって来たのが私と同年代の息子さんだったのです。

私は3人の観光案内を引き受け、紅葉の美しい京都や奈良に連れて行きました。
美味しい食事やお土産にも感動してくれた夫妻と息子さんから、
ドイツ帰国後にお礼の手紙を受け取ったのが縁で、息子さんと文通が始まったのです。

それから二年後に私が欧州へ出張に行った機会に、
夫妻の別荘で3人との再会を果たすことができました。

昼食後、向かった先は彼が居住するアパートでした。
私は車の中で彼が告白してくれるのではと、ワクワクしてしていました。

しかし、そんな気配は微塵もなく、日常的な会話ばかりで期待は裏切られてしまったのです。

そして悪夢は未だ続きました。
アパ―トに到着したのと同時に玄関口で出迎えたのは、一人の若い魅力的な女性でした。
大胆なメイクアップが一層、彼女の美しさを惹き立てていました。

彼は何年も前から、彼女と結婚を前提に同棲していたことが分かったんです。
心が折れて、それまで一人で彼との将来を思い描いて来た時間が馬鹿馬鹿しく感じられ、
ピエロみたいな自分が許せませんでした。

 

彼の好みを勘違い!?キレイになって彼以上の相手を見つける!

 

文通をしていた時、彼は化粧っ気のない、素顔の可愛い人が好みだと書いていたのです。

それが実際、化粧をばりばりしている彼女を見て、
全然、言っていることと違うと、彼が本心ではなかったとその時、気が付いたのです。

元々、私は敏感肌だったことを言い訳に、
下地クリ―ムとリップクリ―ム以外は使ったことはありませんでした。

殆ど、自分がすっぴんに近い状態だったため、
それが彼の好みと一致していると大きな勘違いをしていたのです。

一発奮起して、絶対にキレイになってやると思ったのは、
このままでは何も変わらないと思い知ったことが一番の理由です。

彼以上に素敵な人と相思相愛になりたい、素晴らしい恋をして見返してやりたい、
そんな気持ちをとても強く持っていました。

 

過敏症の肌でも刺激の弱い化粧品で改善可能!

 

先ず、肌トラブルについてネットで調べました。

しかし、過敏症の肌という事実以外、
自分自身の実際の肌がどんな状態なのか、全然、把握できていませんでした。

それで友人に相談したところ、皮膚科か、百貨店の化粧品売り場もいいと勧めてくれたのです。
皮膚科などの病院へわざわざ行くのには気が引けて、選んだのは百貨店の化粧品売り場でした。

そこで肌を見て貰うと、開口一番、美容部員の人に毛穴やニキビ跡、
日焼けによるシミを指摘されてしまったのです。

過敏症の肌でも自然化粧品などの刺激の弱いものを使えば、改善できるとアドバイスされました。
そこから本当の意味のスキンケアがスタ―トしました。

敏感肌にも優しいオ―ガニック化粧品をネットで探し、
クレンジング、洗顔料、化粧水、クリ―ム、乳液まで一通りを揃えました。

 

素敵な女性になるため母も協力、食生活から生活態度まで改善

 

それまで正しいスキンケアの方法を知りませんでしたので、ネットで調べ、
信頼できると思ったサイトで紹介されたやり方を真似して実践しました。

肌にいいと売り場の人に教わったカカオチョコレ―トやアーモンド、カシュナッツなども
食生活の中に積極的に取り入れたり、水分も一日、約2リットル摂ることにも注意を払いました。

母も協力を惜しまず、緑黄野菜のサラダや、野菜ス―プなどを食卓に取り入れるなど、
食生活の見直しをしてくれたのです。

母はきっと私に女性らしく、素敵に変わって新しい恋をして欲しいと願っていたのだと思います。
そんな母の気持ちに報いるためにも、努力を続けると自分の中で誓いました。

外出時にUVケアで肌を保護し、帽子や日傘、長袖のブラウスなど、
肌トラブルを改善するためには、食事から生活態度まで身体の内外から大きく変える
努力が必要でした。

それは同時に私自身の考え方を前向きに変えるきっかけにもなりました。

 

1か月程でスキンケアの効果が現れ、肌の色がワントーン明るくなった

 

一ヶ月位からその成果は出始めました。

最初に肌が明るくなった気がすると言ってくれたのが、私の母でした。
一番、身近で私のすることをずっと見守ってくれていた母の言葉は、
何よりも心強かったのを今でも鮮明に憶えています。

結婚している姉妹たちの印象も聞きたくて、実家へ来て貰ったんです。
どんな手入れで肌トラブルが改善したのか興味津々に、顔を近付づけて眺め、喜んでくれました。

とにかく、母や姉妹の反応から何かが変わったのは間違いないと確信できました。

その翌日、百貨店の化粧品売り場に駐在する美容部員の女性を訪ねたのです。
以前に比べてシミが薄く、肌の色がワント―ン明るくなっていると褒めて貰いました。

肌トラブルが改善して来ていることが、こんなにも自信にも繋がるとは思ってもみませんでした。

嬉しい言葉を耳にする度に、それまでとは異なったファッションや髪形にトライしてみようとか、
新しい出会いを求めて、いろんなコミュニティに参加してみようと考える、積極的なもう一人の自分がいました。

 

会う人みんなからお肌の褒め言葉を掛けられるように!

 

会う人ごとに変わったとか、若くなった、肌のトーンが明るくなってキメが細かになった、
そんな言葉を具体的に掛けられたりした時は、少し照れくさいですが一番、嬉しかったですね。

クラス会に参加した時や、同級生と偶然、街中で出会った際、誰か分からなかった、
きれいになったね、なんて褒められると、もっと素敵になりたいと思ったりしました。

また、それまでは写真を撮られるのも消極的になっていましたが、
化粧映えするようになったことで、どんな風に写るのか興味が沸き、
自分から進んで笑顔でカメラの前に立てるようになりました。

肌トラブルで悩む友人からケアの仕方を教えて欲しいと、助けを求められることも多くなり、
ケアを続けて来て、本当に良かったと思いました。

 

失恋の傷は一時的、肌トラブルは自然治癒はしませんよ!

 

失恋をすると、何もかもが嫌になったりしますが、それは一時的なものです。

また、新たな出会いがあれば、傷ついた心は徐々に癒され、
過去の辛い出来事も忘れさせてくれる筈です。

しかし、肌のトラブルはそう言う訳にはいきません。
何も手を打たなければ、ひどくなるばかりです。自然に治癒することは容易ではないでしょう。

だからこそ、日々の正しいスキンケアが必要になって来ます。
ケアを続け、肌のトラブルが改善すると、見た目だけではなく、
気持ちが明るく、前向きに大きく変わるのを私自身が実際に体験しています。

これからの素敵な出会いのために、今からスキンケアで自分磨きを始めてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です