受験のプレッシャーからニキビが悪化、アクネケアでキレイな肌を手に入れた話

彼と同じ志望の大学に合格、しかし入学前に振られました

 

彼とは高校2年の秋から付き合いました。
彼とのお付き合いは、だんだん大人へと成長する年頃だったこともあり、
今までとは違い好きだけの関係ではなく、愛を感じた関係でした。

そんな彼とは大学受験に向けてお互い励ましたあいながら頑張りました。

偶然にも同じ大学を志望しており、
そして彼は前期試験で合格しましたが、私は不合格となりました。

私は後期試験に向けて猛勉強していた頃、彼は大学生活に向けてバイトをしたり、
髪の毛を染めたりと少しずつ存在が遠くに感じるようになりました。

後期試験が終わり私も無事に合格し、
大学の入学式の2日前の入学前準備で大学を訪れたとき、
彼に呼び出されました。

大学の近くの公園で彼と会い、
大学生活を自由に送りたいからと私は振られることになりました。

悲しさで溢れましたが強がりな私は了承し、友達として楽しい大学生活を送ろうと、
その日一緒に食事をしてサヨナラを告げました。

 

受験のプレッシャーやストレスからニキビのひどい肌に

 

元々中学生になった頃からニキビが出始め、治ってはできての繰り返しの体質でしたが、
顔全体がブツブツ、とまでではなかったです。

ですが大学受験に向けて毎日猛勉強をしていた私は、
プレッシャーやストレスから顔にニキビが一つ二つとできたりと
肌荒れがひどくなっていました。

彼に振られたときも、おでこや口の周りにニキビができていたりと
面と向かって顔を見られたくないほどの肌荒れでした。

大好きだった彼に振られた悲しみから抜けたかったのと、新しい大学生活での出会いのために、
まずは人と自信を持って顔を合わせれるように肌トラブルの改善に向けて取り組もうと思いました。

 

大学の先輩に教えられ、ニキビ再発防止の為にアクネケアを使用!

 

私は元々、専用の洗顔液を使ったり、化粧水を使ったりしない生活を送っていました。

なので、大学で知り合ったキレイな先輩に教わりながら、洗顔料を購入し、
泡だててしっかり顔を洗うという習慣を身につけ、
化粧水を取り入れたり、ニキビなど肌荒れしている部分には刺激を与えず
自然に治るのを待ち、ニキビの再発を防ぐように努力しました。

また化粧も大学生になってから始めましたが、
最初はドラッグストアで適当にファンデーションを選び買っていました。

でも肌に悪いと先輩に指摘され、DHCというブランドのアクネケアの商品の口コミを見ると、
ニキビが出来にくくなったとあったので、すぐにこの商品を買おうと決めました。

アクネケアの化粧下地を使用し、お肌の保護をしてから化粧をしました。

 

日に日に肌荒れが落ち着いてきた

 

自分に自信をつけるため、肌のケアに努めることはとても楽しい気持ちになれました。

ニキビがなかなか治らないときは外に出るのが嫌な時もありましたが、
潰さないように、自然に治るようにと心がけました。

日に日に肌荒れも落ち着き、化粧のノリもよくなったことで、
人と会うこと、人と話すこと、人の目を見ることに苦痛を感じることがなくなり、
人との関わりが楽しく思えるようになりました。

今までになかった、洗顔、化粧水などのお肌のケア、アクネケアを意識した化粧品の選択など
新しい習慣が身につき、大人の女性になりつつあるのだという感覚も得られました。

人との交流が楽しくなったことで出会いも増え、好意を寄せてくれる男の子もできていました。

 

別れた彼が会うたびに「綺麗になったね」と言ってくれる

 

なりふり構わず、肌荒れも仕方ないと思いながら高校時代部活に明け暮れていました。

大学生となり、お肌のケアに力を入れ、段々と効果が出始めた頃に、
高校に顔を出し、久しぶりに後輩たちと会いました。

そのとき後輩から、「先輩一気に大人っぽくなった」「キレイになった」と、
そう言われてとても嬉しい気持ちになりました。

親からは思春期ニキビも落ち着いたねと言われ、
やはり女の子の私の肌荒れをとても気にしてくれていたようで、
母が嬉しそうにニキビが落ち着いてきたことを喜んでくれたことに嬉しく思いました。

大学では別れた彼とも顔を合わしますが、
会うたびに声をかけてくれキレイになったねと言ってくれたことや、
別れているのに彼は彼の友人が私に手を出さないようにと
バリアを張っている様子がどこか嬉しかったです。

 

肌のケアでニキビが増えたりカサカサすることがなくなった

 

肌が荒れていると自信が持てず、外出していても下を向きがちでした。
人と目が合わないようにと、他人からの視線が苦痛に感じていました。

スキンケアの効果が出てきたことで、外を出歩くこと、オシャレしたいと思えること、
人と積極的に関わりたいと思えて出会いがたくさん増えたことがとても嬉しかったです。

ニキビは勝手に治るだろうと思っていましたが、治ってもまたできての繰り返しだったので、
肌のケアをしっかり向き合ってしたことで、新しくニキビが増えたり、肌がカサカサであることがなくなり、
鏡で自分の顔を見ても笑顔である自分に幸せを感じることができました。

大学生活も進み、新しく好きな人もでき、片想いから両思いへと発展でき、
彼氏ができことも大きな出来事でした。

 

肌がキレイになることで自分の笑顔を取り戻せる!

 

失恋という経験は深い悲しみで、中には殻に閉じこもったままなかなか立ち直れない人もいると思います。

けれど次の出会いに向けて、自分に自信を持つことはとても素敵なことです。

そのために自分の肌に合った洗顔料や化粧水、化粧品などを知ること、
その商品を信じて、自分の肌がキレイになるんだって思って取り組むこと、

すぐに効果はなくてもだんだん効果を感じることで、楽しい気分、人と関わりたい気持ちになれること、

そしてイキイキとした自分を認めてくれる人がいることに気づけると思います。

自分の笑顔を取り戻すために、前向きに、お肌に魔法をかけてあげてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です