冬は乾燥、春は花粉症で湿疹がでる肌!肌トラブルは放置すると後悔する!

冬は乾燥で皮が剥け、春は花粉症のせいで頬全体に湿疹が

 

私は乾燥が気になる冬とスギ花粉がひどくなる春の季節にかけて
肌のコンディションが悪くなります。

冬は乾燥のため、顔から保湿力がなくなりパリパリになって
ひどくなるとヒビが割れてしまうみたいに皮が剥けてしまうこともありました。

また、春には花粉症がひどいため、
鼻の下が鼻のかみすぎで皮が剥けてしまうほか、
湿疹が頬全体に出てしまうこともあります。

いずれの状態も、カバーをしようと化粧をしても、
肌の状態が悪いとファンデーションのノリが悪く余計に目立ってしまうので、
あまり化粧が上手くいかずに朝からイライラしたり、落ち込んだりしました。

仕事の合間にトイレに立ったときに鏡を見るのも
肌の状態が悪いとそれだけで滅入ってしまいます。

 

花粉症の時期には肌を見てかわいそう、と言われる

 

花粉症の時期にはよく、かわいそうと言われます。
周りからも大変そうに見えるのと肌のコンディションも悪く思われてると思います。

悪気もなくただ心配で言ってくれてると思うので
私も悪い気は特にはしませんし、落ち込みません。

しかし、思春期や結婚してなかったら、もう少し気になってたかなとも思います。
主人にも、痛痒そうでかわいそうと春の時期は言われることもありますが、
心配してのことなので嫌な気持ちにはなりません。

ただ、早く治りたいという気持ちと
春の時期にも花粉症の肌によく効く薬が出てくれたらいいのになと思います。

矛盾してるかもしれませんが、
女性は何歳になってもいつでもきれいな肌には憧れていますので私もそれは一緒です。

 

乾燥の時期には保湿クリームと美顔器を、花粉症の肌荒れには皮膚科の薬

 

冬の乾燥の時期には保湿力の高いクリームを使います。
いつもは、洗顔後は化粧水のみで終わっていますが、
この時期には保湿クリームも化粧水の後にケアします。

また、美顔器で潤いコースを選び、洗顔後に週に2回程やるようにしています。
これだけでも、肌にはだいぶ効いているようで、
皮が剥けたりすることもなくなります。

仕事場の事務所も暖房などで乾燥するので、
化粧の上からでもかけられるミスト型の保湿化粧品を携帯しています。

春の花粉症の時期には皮膚科に行って湿疹の薬をもらうと少し改善するので通院します。
気にしている症状が少しでも改善してくれると嬉しいですし、ほっとします。
面倒くさがり屋なので、若干めんどくさいと思いますがお肌には変えられません。

 

基礎化粧品に手間とお金をかける人はやっぱりキレイ

 

やはり、自分の肌のケアに時間をかけ、
基礎化粧品にもお金をかけて努力している人の肌はとても綺麗だと思います。

見習わなくてはと思いつつ、30代に入ってから、35歳になってからと、
どんどん先延ばしになってしまってますが、そろそろ本腰を入れたいと思います。

また、肌には遺伝も関係あるのではないかと思います。
生まれつき綺麗な肌を持っている人はスキンケアに対して力を入れてなくて、
お金をかけてなくてもとても綺麗なモチ肌を保っています。

あとは、紫外線などのUVカットなどのケアもしっかりやることが
綺麗な肌を保つために必要なことだ思います。

 

肌トラブルは放置すると後悔する!自分に合ったスキンケアを見つけよう!

 

肌トラブルが起こる季節が近づくにつれて憂鬱な気分になりますし、
トラブルになってる間は鏡で自分の肌を見るだけで
落ち込んでしまうこともあると思います。

自分にあったスキンケアを見つければ必ずその症状は改善されると思うので
諦めず、放っておかずに肌を大切にしてあげてほしいと思います。
肌トラブルを放っておくと、後悔すると思います。

私も現在、花粉症の時の肌荒れに悩んでいていろいろと試していますが、
いつか自分に合った肌荒れ改善方法を見つけて
春の花粉の時期にも笑顔で出掛けられるように引き続き頑張りたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です