遠距離恋愛で別れた彼氏、別れてもったなかったと思わせる女に!

83

「遠距離恋愛は疲れた」と彼の言葉、彼には既に相手がいた

 

高校2年生だった頃、社会人の男性と遠距離恋愛をしていました。
私は九州で彼は関西に住んでいました。
お小遣いを貯めて彼に会いに行くのが学生生活の楽しみだったな。

でもある夏の暑い日。夏休み目前にして彼から突然連絡が来なくなりました。
忙しい人だからと思っていたけど1週間経っても連絡が来なくて、
何かあったのかと思って何度も電話やメールするけど返事がない。
とても心配で毎日泣いていました。

そこで、友人のケータイから彼のアドレスへ電話してみることに。
彼は普通に電話でました。だれですか?って。
私は怒り狂って何故電話に出てくれないのか、心配したんだと泣きながら訴えました。

彼の答えはただ一つ。
「遠距離恋愛は疲れた。近場で彼女を見つけたから別れてほしい。」

とてもショックでしたね。
それを言われてから夏休みまで毎日どんやりしながら学校行っていました。

 

別れて勿体ないと思わせるため、スキンケアに取り組むことに

 

その彼と付き合っている頃、
まだ高校生だった事もあってなのかニキビが凄かったんです。
私は中学校に上がってからニキビが毎日できる子でした。

なので顔中ブツブツだらけ。痒くて掻いてたら血が出て固まってることもありましたね。
別れてから1週間は泣いてましたが、これじゃせっかくの夏休みが!と思い失恋を克服することに。

彼が別れてしまって勿体ないと思える女になるためにはどうすればいいのか考えました。
それで出た答えが、スキンケアをして肌を綺麗にする事だったんです。

 

きれいな友達に片っ端からスキンケアを聞きまくる

 

大好きだった彼と別れて、
せっかくの夏休みを満喫しないと勿体無いという気持ちはありました。
なので、顔の綺麗な友達に片っ端からスキンケアの方法を聞きまくりましたね。

そしたらみんな大したケアはしてないと言うんです。
絶対嘘だと思い、友人のお家に何度かお泊まりしました。
そこでやっとわかったんです。

化粧はできる限りしない事。洗顔は泡で優しく洗う事。
お風呂からあがったら、たっぷりの化粧水で顔をマッサージする事。
どれも知ってるようでやってないことばかりでしたね。

それからは毎日欠かさず泡で洗顔をしました。パックやマッサージもしました。
学校に行くの時は軽く化粧をするだけ。
家に帰ったらすぐに化粧を落とし、早めに就寝するよう心がけて生活しました。

 

1ヶ月もせずに変化が!こまめなケアでニキビが減った!

 

そんな生活を毎日続けていると、
一ヶ月も経たないうちに顔に変化が現れたんです。
夏真っ盛りの暑い日が続く年だったかな。

毎日のスキンケアでニキビが少しずつ減っていきました。
おでこや顎にいつも出来ていたニキビが出来なくなった時もありました。

夏で外出する機会も増えていましたが、
日焼け止めクリームだけ塗ってお出かけする日もありました。
化粧もせずお出かけすることは今まで無かった。小学生以来かな。

今までにみたいに赤みがかったニキビや、
潰れたニキビ跡を隠さなくてよくなったからです。
嬉しすぎてほぼ毎日外出してたんじゃないかな。

日焼けをしてもニキビに繋がらないようにと、ケアをこまめにするようになりました。
今までは洗顔も億劫でしたが、
効果が目に見えると欠かさず行うようになりました。

 

泡の洗顔で顔の赤みも改善、「もっともっと可愛くなった」と大絶賛

 

顔の赤みも若干ですが治まり始めていました。

家族や友人からは、
「ニキビ消えたんじゃない?」「顔綺麗になったね!」
と言われるようになってきました。

そう言ってもらえるのが本当に嬉しかったんです。
それからも毎日欠かさず泡で洗顔をするようになりました。
週末にはパックをして肌のキメを整えようと努力しました。

夏休みが終わる頃、友人と出かける事に。
久しぶりに会う友人は私の顔を見るなり、
「綺麗になったね!今までよりもっともっと可愛くなったよ。」と大絶賛してくれました。

毎日欠かさず洗顔をする事で、
その頃には化粧ノリも良くなっていました。

友人の反応はとても良くて、
頑張った甲斐があったなと嬉しく思うと同時に、
この状態を維持しようと思うようになりましたね。

 

元カレから連絡が、私はもう振り向かない!

 

スッピンで外出する日が増えてきた頃、
母から可愛くなったねと言われました。
母としては、化粧をして顔を隠す娘の事を毎日見ていて、とても辛かったようです。

どうにかしようと高い洗顔料を買ってくれたり、
皮膚科へ行ったりもしましたが一時しかニキビが消えず、
母も悩んでくれていた様でした。

それを聞いた時、嬉しさとともに申し訳なさでいっぱいでした。
母が悩んでくれていたなんて、ちっとも思っていなかった。
こんな娘でごめんなさい。もっと早くから努力しておけばよかったと反省しました。
でも母は、毎日嬉しそうに喜んでくれました。

その頃、元彼から連絡が来ました。
最近どうしてるか気になったと。ブログに写真を上げていた私を見ていた様子。
あなたと別れてからも、毎日楽しく充実した生活を送っていますよと笑顔で伝えました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です