魅力的な女性だけど毛穴の開きが気になって交際に踏み込めなかった話

62

 

グループディスカッションで意気投合、話の相性が合う女性

 

これは私が大学時代に出会った方で、女性の肌トラブルがどうしても気になってしまい、
肉体関係はあったものの、交際には上手く至ることができなかった体験談です。

まず、この女性に私が好意を抱いていた理由や、魅力を感じたところは、その女性と話の相性が合うところでした。
その女性とは大学のゼミが同じで知り合い、最初はまったく面識はありませんでしたが、
グループディスカッションなどを通しだんだんと意気投合し、
気が付いた時には、ゼミの授業の話だけではなく、プライベートの話もするようになり、
ゼミの中でもかなり仲の良い部類の友人となりました。

そこから、ゼミの授業以外などでも一緒に遊びに行ったり、
飲みに行ったりもするようになりました。

 

魅力的な女性だけど、毛穴の目立ちがどうしても気になる

 

その女性の肌の状態ですが、特に顔の肌のトラブルを起しており、
ニキビなどはなく、白い透明度の高い肌をしていたものの、頬や、鼻周りの毛穴の目立ちがひどかったです。
私はどうしても、その毛穴の目立ちに目がいってしまい、
なるべく気にはしないように、心に言い聞かせたり、会話に集中するようにしていましたが、
肌がきれいな女性が好きな私にとっては、気にならないようにするには難しかったです。

 

肉体関係はあったけど、毛穴の目立ちが気になって交際までは踏み込めなかった

 

私はその女性の肌が気になっていたものの、
それ以外の性格や、スタイル、雰囲気、会話の相性などにおいて好意を抱いていたため、
かなりの年月をかけ、遊びに行ったり、飲みに行ったりを繰り返し、
最終的には肉体関係をもつような間柄にもなっていました。

その時は、週に2~3日会ったり、家に来たりしている状態だったため、
付き合ってはいませんでしたが、ほぼ交際していると言っても良かったのかもしれません。

しかしながら、公式的に告白した、交際に発展することはありませんでした。
その理由としては、やはり肌のトラブルが最大の原因であると言えることができます。
自分の彼女として、やはりどうしても、その肌トラブルをどうしても認めることができず、
交際という決断を下すことはできませんでした。

 

肌トラブルにはどうしても目がいってしまうもの

 

肌トラブルがひどい女性に対しては、
やはり好印象を抱くというのは、難しいことなのかもしれません。
それは第一印象であればなおのことだと思います。

人間はただでさえ第一印象が大事と言われているため、
特に顔の肌のトラブルは致命的とも言って差し支えないかもしれません。

肌のトラブルの種類にもよりますが、特にニキビがひどかったり、
毛穴の開きが目立ってしまっているのは、
ほかに良いところがたくさんあっても、どうしてもそこに目がいってしまうものだと思います。

また、スタイルや、顔のパーツ、いわゆる目鼻立ちがはっきりしていて美人な女性が、
肌トラブルを起こしていると、何てもったいない宝の持ち腐れなのだ、と感じる男性も多いと思います。

 

男性は見栄を張りたい生き物、一緒にいるならキレイな女性の方がいい

 

肌が汚い女性と町を歩いているより、肌がキレイな女性と町を歩いている方が、
周りにも自慢気になることができ恥ずかしくないということが言えます。

男性は見栄を張りたい生き物ですから、肌がキレイな女性と町を歩き、
見せびらかしたいという気持ちは誰しも心の中に存在していると思います。
また、肉体関係を持ちたいと思った時、肌がキレイな女性のほうが、
見えない部分もキレイなのではと想像を働かせられますし、性的に魅力を感じるところがあると思います。

 

肌トラブルを治そうとする女性は美しい

 

肌トラブルを治そうと努力している女性は素晴らしいと感じます。
自分の短所を自覚し、そこを改善しようとする人間はだれしも美しいと思います。
また、治そうと努力しているにも関わらず、なかなか治すことのできない女性を見るのは悲しくせつない気持ちになります。

肌トラブルの治そうとする女性に対してのアドバイスは、
まずは美容外科で診察をして頂いてはどうかということです。

治そうと努力している女性は、過去から現在までに、
数多くの洗顔クリームや、美容化粧水をお試しになっていることだと思います。
それでも治らないのであれば、一人で頑張らず、専門家を頼りにするのも一つの手だと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です