思春期ニキビに大人ニキビ、ボツボツがネガティブな気持ちに

59

 

中学生では思春期ニキビに悩まされ、大学では大人ニキビに悩まされ

 

中学生になった頃からニキビに悩まされていました。
中学生時代は、主に思春期ニキビと呼ばれる、Tゾーンを中心にニキビができ、いつも前髪で隠していました。
赤みがある大きいニキビが2、3個常に出来ている状態でした。

高校生になっても、おでこのニキビだけは常に出来ていました。
私の場合大量におでこにできるわけではなかったのですが、常におでこにニキビがある状態でした。

大学生になると、おでこニキビは良くなったのですが、大人ニキビと呼ばれるニキビが出来始めました。
できる場所が変わり、頬や顎など、今まで出来た事がない所に出来始めました。
治りが悪く、生活習慣の悪さもあり、ひどい時は赤みが目立ち、外に出たくないくらいでした。

そして大学4年間の肌の状態はそのような状態で過ごしました。
最近は妊娠したため、より肌荒れがひどく、人生で1番今肌が荒れています。

 

ニキビのボツボツだけでネガティブな気持ちに

 

今は妊娠してあまり外に出ることがないので、人の目は気になりませんが、
以前は人前に出るとやはり汚い肌だと、自信もなくうつむき加減でした。
化粧をしていても赤みは隠せますが、凹凸を隠すことはできず、それにずっと悩まされていました。

やはり、汚い肌だと化粧ノリも悪い、自信もなくなる、などボツボツがあるだけでネガティブになります。
そして何より人に「肌荒れてるねー」などと言われる事が1番嫌でした。
「肌が汚い」と言われているみたいで、とても憂鬱になります。
ニキビはすぐ治る訳ではないので、それもプラスで負の連鎖に陥っていました。

また大切な行事や、イベント、旅行の際の肌荒れもすごく嫌でした。
特別な日の肌荒れは女性の敵です。

 

ニキビの治療の副作用、皮が剥けてカサカサで隠すのが大変!

 

一番辛かったことは、ニキビ治療の最初の期間です。
ニキビの治療薬は大体どこでも同じような薬を処方されます。

それを塗っていくと副作用でだんだん皮が剥けてきます。そしてヒリヒリし、肌が赤くなります。
その状態は約2、3週間続きます。その期間を忍耐強く耐えなければなりません。
その期間は、化粧をするのも嫌です。

皮が剥けているのでファンデーションのノリは最悪、
カサカサして赤みがあるので、隠すのも大変という状態です。

初めてその薬をつけた時は、副作用で皮は剥けるのでつけるのをやめようと思うぐらいでした。
そのくらい耐えられなくはないのですが、耐え難いものでした。
これで治るならと、つけ続けました。この2、3週間が辛い期間でした。

 

市販の薬では治らなかった、でも皮膚科に通院して肌がきれいになった!

 

肌がきれいな子がうらやましくて、自分の肌が嫌いでした。

様々な市販の薬を試しましたが治る気配はなく、常にニキビの事を考え、ネガティブになっていました。
そして、この頑固なニキビを治そうと思い、皮膚科にかかり始めました。

経験上ですが、やはり1番皮膚科での治療が効果的で、金銭的にも続ける事ができます。
皮膚科に通っていくうちに、治るまで4ヶ月かかりましたが、肌がきれいになりました。
しかし、ここで治療をやめてしまうと、私の場合またニキビができ始めます。
私の肌はニキビが出来やすいので、病院を通うなどの継続的な事が必要なんだと学びました。
今でも肌がきれいな人がうらやましいです。私も肌がきれいな時も、もっときれいになりたいと追求してしまいます。

 

一人暮らしの不摂生な生活は肌トラブルの敵、食事・睡眠・運動に気を付けて

 

肌のトラブルは、生活習慣、食べ物など毎日の積み重ねだと思っています。
私が気をつけているのは、できる範囲での食べるものに気をつける事、睡眠、運動です。
大体この3つに気をつけて入れば大抵の肌荒れば治ります。

私は一人暮らしをしているのですが、やはり一人暮らしをしていると不摂生が続き、
肌荒れが酷いですが、実家に帰るとこの3つが整い、肌もきれいになります。
やはり食事、睡眠、運動が大切だと思いました。
なかなか実践することは難しいですが、少しずつできる事をできる範囲で行動するように心がけています。

また、妊娠中の肌荒れは、ホルモンバランスが関係しているので例外だと思います。
しかし、保湿をする事で少し肌の調子が良くなった気がします。

 

肌がきれいになることで更なる美容のモチベーションに

 

ニキビが改善された時、鏡を見るのが楽しくなりました。
化粧ノリもバッチリで、友人に「みて!!肌きれいじゃない?」と自分から言うくらいです。
肌がきれいと言うだけで自信がつき、化粧をしたくなったり、
写真を撮りたくなったり、出かけたくなります。そのくらい気分も良くなります。

また、肌がきれいになると、その状態をキープしようと努力します。
間食を我慢できますし、早く寝ようと心がけます。

単純ですが、肌がきれいになるだけで、モチベーションがあがります。
そして、もっときれいになろうと努力もします。
もっと褒められるようにきれいになろう、色んな人に肌がきれいだね、と言われるように努力しようと、より思うようになります。

 

ニキビができたら皮膚科に行こう、専門医に行くことが何よりの策

 

肌トラブルは、自分にあった治療方法で治していく事が1番です。
私の場合は皮膚科に通うことで肌がきれいになりましたが、人それぞれだと思います。
市販の薬で治る方や、皮膚科に行っても治らない方などあると思います。

しかし、私の1番のオススメは、
ニキビにできたら皮膚科に行こうと言うCMもありましたが、皮膚科に行くことが1番だと思います。
そこで自分にあった病院があれば、そこに通うなどしていくことで、ニキビも良くなると思います。
やはり、専門医にいく事が何よりの策だと思います。

また、治療には保険もきくのでさほど大金がいるわけでもないので、オススメです。
通院が面倒という方も大勢いますが、そんな事を言っていたら治るものも治らないと思うので、
まずは皮膚科に行ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です